トップページ > 講座のご紹介
イベントカレンダー
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

お問い合わせ・連絡先

東邦大学大学院
臨床腫瘍学講座

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03-3762-4151

講座のご紹介

 
本講座は文部科学省の「がんプロフェッショナル養成基盤推進事業」の一環として腫瘍専門医の育成とがんの臨床研究を目的として、平成24年8月に新設された講座です。臨床腫瘍学とは、がん患者の診療にあたって全身的治療を専門とする学問領域であり、腫瘍外科学、腫瘍内科学(薬物療法)、放射線治療学、緩和医療学の4つの領域を臓器横断的に学ぶ学問です。
本講座では、がん治療における高い臨床能力と研究能力を併せ持った医師を養成するために、大学院博士課程4年間に臨床と研究の教育指導をバランスよく行うことを目的としています。従来の臓器別診療科の枠にとらわれずに、最善の教育環境を提供して、学位の取得とともに、放射線療法、化学療法、緩和ケアなどに精通した腫瘍専門医師の養成を目指しています。また、医療の質や安全性の向上及び高度化・複雑化に伴う業務の増大に対応するため、多種多様なスタッフが各々の高い専門性を前提とし、がん治療の最適化という目的のためにあらゆる医療情報を共有して、効率的に連携・補完しあえる環境を構築することを目標としています。患者の状況に的確に対応した医療を提供するチーム医療が様々な医療現場で実践されよう教育・指導するための組織です。
本学は医学研究科、看護学研究科、薬学研究科、理学研究科の4医療系研究科を有する自然科学系総合大学です。医療系の4研究科を中心に、より良いチーム医療・多職種連携が実践できる医療従事者を育成するために、がん看護専門看護師、がん関連認定看護師、がん専門薬剤師を兼担講師として任用し、看護学および薬学の立場からもがん治療へのアプローチ方法も講義に取り入れて学ぶことを目的としています。