「こころ」をみつめ からだを”診る” という医療。
東邦大学医療センター大森病院心療内科 関連リンク
アクセスマップ
SRQ-DII

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 心療内科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)
E-mail:psm2toho@med.toho-u.ac.jp

対象疾患

心身症

心療内科では、一般に「心身症」といわれる病状がある患者さんに対して、心身両面からのアプローチを行なっています。

「心身症」について詳しくはこちらをご参照ください。

過敏性腸症候群

腹部膨満感、慢性の腹痛あるいは腹部不快感、便通異常(便秘、下痢、硬い便、軟便)を主体とする症候群のことで、ストレスと関連して発症することが多いものです。

「過敏性腸症候群」について詳しくはこちらをご参照ください。

頭痛

頭痛もちで悩まれている方は、たくさんいらっしゃると思います。
身近な症状ですが、中には、吐き気、肩こり、不安感やイライラ感等を伴い、日常生活が制限されたり、仕事の能率が下がったりする方も多々認められます。

「頭痛」について詳しくはこちらをご参照ください。

摂食障害

読んで字のごとく「たべること」にまつわる困難を主とする病気といえます。 いわゆる拒食症(神経性食思不振症)と、いわゆる過食症(神経性大食症)に大きく分けることができます。

「摂食障害」について詳しくはこちらをご参照ください。

パニック障害

パニック障害は、大きく「不安の病気である」と括ることができます。
ある日突然、息苦しさ、動悸、めまい、手足のしびれ、冷や汗などが起こり、同時に「このまま死んでしまうのではないか」という強烈な不安感に襲われることから始まります。

「パニック障害」について詳しくはこちらをご参照ください。

社会不安障害

いわゆる「あがり性」の極端なかたち、といえるかもしれません。
大勢の人の前で話をしたり、人から注目されるような場面で強い苦痛を感じ、場合によっては動悸や息苦しさ、冷や汗、ふるえなどのパニック発作様の症状を伴います。

「社会不安障害」について詳しくはこちらをご参照ください。

うつ状態

仕事や学業への集中力が落ちてしまった、何でも自分が悪いように感じてしまう、などの気持に関する症状もありますが、食欲がなくなってしまった、よく眠れない、だるい、などの身体の症状をともなうこともあります。

「うつ状態」について詳しくはこちらをご参照ください。

身体化障害・心気症

身体の痛み、異常感覚、ふらつき、だるさなどがあるにもかかわらず内科や他の身体科で調べても、大きな病気が見つからない方がいます。
考えられる身体疾患がすべて除外された上で、身体化障害と呼ばれます。

「身体化障害・心気症」について詳しくはこちらをご参照ください。