あらゆる女性の主治医たれ

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 婦人科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-17-6
電話:03-3468-1251(代表)

診療科のご案内

 

ご挨拶

久布白 兼行

 婦人科は思春期、性成熟期、更年期に至るまで、女性のすべてのライフステージについて診療にあたります。具体的には生殖・不妊症・内分泌疾患、婦人科の腫瘍、更年期の診療等多岐にわたっており、“女性の健康を保持するライフパートナー”として、診療・研究に携わっています。

 平成26年4月1日より、東邦大学医療センター大橋病院「産科・婦人科」は、産科診療を廃止し、「婦人科」診療のみを行っています。地域の医療機関から患者さんをご紹介頂いていますが、入院・治療後はご紹介元の先生に診て頂くようにしています。病院と診療所の連携を強化し、患者さんのケアを病院と診療所が一体となってさせて頂いております。
 さて、東邦大学医療センター大橋病院の婦人科では、過多月経、月経困難症、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、良性卵巣腫瘍、子宮内膜ポリープなどの良性疾患、そして子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌などの悪性腫瘍を含めて多くの婦人科疾患の診断・治療を行っています。とくに私どもの婦人科スタッフには、各種学会の専門医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、がん治療認定医機構認定医、臨床細胞学会細胞診専門医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医など各種専門医が揃っております。こういった専門性を合わせ備えた医師が、「患者さんにとって質の高い、安全でやさしい医療」をさせていただくように努めています。
とくに婦人科がんの治療では、手術、抗がん剤治療、放射線等の集学的治療、加えて緩和ケアチームによる診療、手術後のリンパ浮腫等の合併症についても専門看護師が中心となって対応しております。
また国際的、国内的なレベルの臨床試験に参加し、多くの患者さんにご協力をいただいています。こういった臨床試験を通して、子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌などを対象として将来を見据えた新しい抗がん剤や分子標的治療法、さらには新しい手術法の確立を目指しています。
 以上の診療において、外来・入院・病棟・手術等において懇切丁寧に説明させていただくことを心がけております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成29年1月4日
東邦大学医療センター大橋病院婦人科
教授・診療部長
久布白 兼行