あしたの笑顔をつくる診療
東邦大学医療センター大橋病院 膠原病リウマチ科 関連リンク
関節超音波
生物学的製剤
全身性エリテマトーデス

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 膠原病リウマチ科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-17-6
TEL:03-3468-1251(代表)

診療科のご案内

 
患者さんとの対話を大切にした医療を心がけております。

ご挨拶

当科は平成15年6月に旧第四内科の斉藤栄造教授(当時)により独立した診療科として開設されました。斉藤教授の退職後も、その薫陶を受けた教室員を中心として、患者さんのことを全人的に理解し、特に生活の質(QOL)を重視した診療が受け継がれていました。このたび第二代教授として当科を運営するにあたっても、こうした伝統を引き継いでいきます。

私は慶應義塾大学と埼玉医科大学で臨床、研究、教育を行う中で、やはり患者さんの長期的なQOLを最善にすることを常に目指してきました。そのことが、副腎皮質ステロイドの最小限の使用、免疫抑制薬と生物学的製剤の早期からの積極的使用に反映されました。しかし、膠原病・リウマチ性疾患の診療向上のためには、まだまだ課題が山積しています。実際に、多くの優れた仲間達と診療にあたっても、命あるいは大切な臓器の機能を救うことの出来なかった少なからぬ患者さん達が、胸に刻まれています。

当科では一丸となって、患者さんの長期的なQOLを最善にすると同時に、いつも最大限の安心感を与えられることを心がけます。そのために、必要な臨床的・基礎的な研究にも是非ご協力いただきながら、患者さんとともに世界最高水準の診療を推進し、全ての教室員が当科を離れてもその実践が可能なようにしていきたいと考えています。どうぞよろしくお願い致します。
教授 亀田秀人
教授 亀田秀人