あなたの担当医として、パートナーとしてできること。
東邦大学医療センター大橋病院糖尿病・代謝内科 関連リンク
糖尿病・代謝内科 友の会 「清風会」
ペン型インスリン注入器 ノボペン4の使い方動画

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 糖尿病・代謝内科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-17-6
TEL:03-3468-1251(代表)

診療科のご案内

 

ご挨拶

糖尿病は年齢を重ねるにつれその頻度が増し、最近では国民病とも言えるほど多くの方々を悩ましています。一方、糖尿病と診断されても、生活習慣を見直し努力すると一見治癒したかのように、健常者に近い生活を楽しめる方も多数いらっしゃいます。糖尿病は病状や重症度など病態が多岐にわたり、治療の目標も各々の患者さまで異なり、専門的な観点からの治療を要する疾患です。糖尿病治療の最終到達点は健常な方と同等に楽しい生活を満喫し寿命をまっとうすることと言えるでしょう。そのためには、慢性合併症の発症予防とその進展抑制も重要です。これらの目標を達成するため包括的なチーム医療が有効です。当院では糖尿病のことをよく知る心温かい看護師、管理栄養士、薬剤師、検査技師、理学療法士などの医療スタッフがチームを組んで入院中の糖尿病教室や外来での患者会(“清風会”)などを開催して、糖尿病の治療に積極的に参加しています。勿論、他診療科の専門医の手厚い支援もあります。
私ども糖尿病内科は、これまで研鑽を積んできた東京大学第三内科・糖尿病代謝内科の伝統を踏まえ、生活習慣の改善を第一とする方針に則り、院内の医療スタッフの協力を仰ぎつつ、糖尿病専門医が糖尿病の進行阻止とその治癒の実現に向けて日夜努力しております。合併症が認められた際には関連する各専門科と密接な連携をとり診断と治療を実施して参ります。

東邦大学 教育・研究業績データベース【内科学/糖尿病・代謝・内分泌学】