適切な診断への不可欠な存在
東邦大学医療センター大橋病院病理診断科/病院病理部 関連リンク
病理診断科 公式ブログ
第37回日本川崎病学会・学術集会

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 病理診断科/病院病理部

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-17-6
TEL:03-3468-1251(代表)

学術活動

 

現在行っている研究

医局員各々テーマを持って研究を進めています。なかでも川崎病をはじめとする原因不明の難治性血管炎に対する病理組織学的研究が行われています。一方、私たちはカンジダというカビから抽出した成分をマウスに接種すると川崎病に類似した血管炎が引き起こされることを見出しました。現在、ヒト血管炎疾患の発症機序,病態、治療などにフィードバックすべく、他研究機関との共同研究をはじめ幅広い解析が進められています。
この他、深在性真菌症や肺がんの病理組織学的研究、泌尿器、乳腺、婦人科領域における細胞診の研究などが行われ、成果は各種学会・研究会で報告されています。胸膜癒着機序を解明するための電子顕微鏡的観察も現在注目されている研究です。
さらに、臨床各科の学会発表、論文作成における研究支援も数多く行っています。
病理検体を用いた研究、教育は、患者さまの尊厳、プライバシーが十分に遵守された上で遂行されるよう細心の注意を払っています。

最近の学会・研究会活動はこちら

今までの学会・研究会活動はこちら

倫理委員会の承認を得て現在行われている研究

“川崎病の疾患名称変更に反対する”署名について

研究業績