トップページ > 化学療法部門

化学療法部門

 

ご挨拶

部長 名取一彦

近年のがん治療は外科的治療、放射線療法、化学療法、緩和ケアの4本柱により構成され、がんを局所の病気から全身病という意識の変化に伴い化学療法の担う役割は重要となってきました。

21世紀に入り細胞傷害性抗がん剤に加え、分子標的治療薬が登場し化学療法の成績も飛躍的に改善されてきています。

東邦大学医療センター大森病院にはがんセンターが創設され、化学療法室が一つの柱としてがん治療を担っています。

化学療法室の概要

がん化学療法室
化学療法室は2010年4月より1号館3階病棟を改装し、以前より2号館1階の消化器センター内の化学療法室と1号館2階の中央点滴室を統合されました。

現在皮下注射専用室(リクライニングシート5台、ストレッチャー2台)、点滴用ベッドとリクライニングシート2台の40床です。

入院ベッドを使用していますので、テレビ(有料)、個人用冷蔵庫(有料)、金庫が装備され、安心・安全・快適な外来化学療法を提供しています。当日の予約人数により、輸血、化学療法以外の点滴を受ける患者さんも化学療法室で施行しています。

スタッフ構成

がん化学療法看護認定看護師を含む専任看護師9名で構成され、各診療科より交代制で化学療法に精通した医師が有害事象に即対応できるように常駐しています。

診療の特色

当院のがんセンターの特色として、化学療法室と緩和ケアセンターが並列して設置されており、がんの痛みや、心の悩みについて相談できます。

化学療法室の受付で声をかけていただければ受診できます。

外来化学療法件数の推移

2010年4月開設から2015年4月30日までの利用者総数48092件、1か月平均約788件で、件数は増加しています。
外来化学療法件数の推移

関連リンク