トップページ > 情報管理部門

情報管理部門

 

院内がん登録

院内がん登録とは、外来入院問わず、当院にて診療を受けたすべてのがん患者様の診療・治療予後の情報を「整理・保管」「集計・分析」「報告・公表」する仕組みのことです。

院内がん登録は、当院におけるがん診療の向上及び、がん患者様への支援、患者・家族・一般の方々への情報提供、並びに国及び地域におけるがん対策立案や評価のための基礎資料として活用されます。

当院は厚生労働省から地域がん診療連携拠点病院に指定されておりますので、毎年、登録した症例情報を国立がん研究センターに報告(指定条件)しています。
同時に東京都地域がん登録室へも報告しております。

登録内容

下記内容を、性別・年齢別など細かく集計し登録いたします。
 
  • がんと診断されるまでの経緯(紹介・健診・直接受診)
  • がんと診断された際の状態(がんの部位、がん細胞の形態、進行度)
  • 検査内容(CT・内視鏡・超音波)
  • 治療内容(手術・放射線療法・化学療法・緩和療法)
  • 予後(治療後の経緯)
※登録対象単位は「1腫瘍1登録」と、腫瘍ごとに登録します。

院内がん登録数の年次推移

院内がん登録