患者さんの”いのち”を守るこころづよい相談相手として

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 循環器内科

〒143-8541
東京都大田区
大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

地域連携への取り組み・姿勢

 

地域の医療関係の皆様へ

循環器センターでは内科、外科、小児科が一体となって診療にあたっており、地域の先生方のお力添えをいただきながら地域の循環器疾患の診療に全力を傾注して行きたく考えております。循環器センター内科では月曜日午前から土曜日午前までの午前・午後に、2号館2階の循環器センターで多数の循環器内科医が外来診療にあたっております。

救急疾患(急性心筋梗塞、急性大動脈解離、肺血栓塞栓症など)

夜間・休日受付け
外来担当医の他にいずれの時間帯にも救急番が待機しており、重症な循環器疾患患者にもすぐに対応できるシステムとしております。
さらに夜間・休日においては、通常の大森病院内科当直医とは別に循環器内科として少なくとも2名が当直する体制をとっております。

24時間、365日、いつでも緊急冠動脈造影検査および冠動脈インターベンションが施行できる体制となっており、循環器センター外科と連携して必要な場合には手術が行えるようになっております。

虚血性心疾患

心臓核医学検査や心臓CTなどの画像診断は近年著しく進歩しており、非観血的検査にて心筋虚血や冠動脈の情報がかなり詳細に分かるようになってきております。

狭心症の可能性が否定できない患者に対して外来でかなりの程度まで虚血性心疾患の評価を行うことができます。冠動脈造影検査に関しても基本的には患者の負担の少ない橈骨動脈からのアプローチで施行しております。

各種ステントをはじめとしてアテレクトミー(内膜切除術)、ロータブレーター、血栓吸引療法など数多くの冠動脈インターベンションの選択肢を有しており、常に外科治療も含めて患者にとってベストな治療法を選択するように努めております。

また冠動脈硬化と密接な関係を有する頚動脈硬化に関して、数多くの頚動脈エコー検査症例を経験しています。

不整脈

発作性上室性頻拍および心室性不整脈の症例にはカテーテルアブレーションを施行して高い成功率を認めています。発作性心房細動に対しても、アブレーションを施行する症例が増えています。
また突然死予防のための植込み型除細動器(ICD)植込みの認定施設であり、適応評価と植込み、外来フォローを行っています。

心不全

各種画像診断で病因の鑑別を行いながら、薬物による内科的治療を基本として対処しています。慢性心不全に対しては、β遮断薬を積極的に導入しております。

経食道心エコー検査で心弁膜症や左房内血栓を評価して外科的適応があるもの、また左室拡大の著しい症例などにおいて、循環器センター外科と連携して手術の適応を検討しています。
またペーシングによる心不全治療(CRT)の認定施設であり、適応評価と植込み、外来フォローを行っています。

高血圧

治療抵抗性の高血圧などに対して、各種検査にて対応しております。内分泌性高血圧に対しても当院内分泌専門医と連携して精査、加療を行います。24時間血圧計にて詳細な血圧の評価を行うことができます。

下肢動静脈疾患

閉塞性動脈硬化症、下肢静脈血栓症などに対しても、循環器センター外科と連携して診療しております。三次元CTなどによる画像診断はもちろんですが、当院では下肢血管エコー検査に関して数多くの症例を経験しております。