患者さんの"いのち"を守るこころづよい相談相手として
東邦大学医療センター大森病院循環器内科 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 循環器内科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

診療実績

検査・治療件数 【2016年】

2016年1月1日~2016年12月31日

心エコー 15,943
経食道心エコー 403
四肢血管エコー 2,536
ABI・CAVI 2,858
ホルター心電図 2,846
レイトポテンシャル 156
T波オルタナンス 0
心臓RI 903
心臓CT 359
心臓MRI 105
心血管インターベンションと不整脈の診断と治療については、中央診療部門を参照。

心エコー

心エコーは超音波検査の一つで、心臓の動きや形態を観察することによって心臓の機能を評価する検査です。この検査により心筋梗塞、心臓弁膜症、心筋症、心内膜炎、先天性心疾患およびその他心疾患の診断をすることができます。レントゲンやCT、SPECT検査と違い放射線被曝の影響がありません。循環器内科領域では心電図検査に次いで頻度の多い非侵襲的な検査です。循環器内科領域にとどまらず、各診療科の治療(手術)前の心機能評価にも用いられています。

経食道心エコー

経食道心エコーは超音波の機械を食道に留置し観察する検査です。体表面から超音波をあてる心エコーと違い、心臓は食道と隣り合わせであるため、心腔内の詳細な評価をすることができます。心腔内の血栓や異常構造物の有無の確認、心臓弁膜症の詳細な評価などを行っています。

四肢血管エコー

四肢血管エコーは超音波を用いて動脈および静脈の評価を行います。前者では血流を評価することで、動脈の狭窄部位と程度を判別し、また血管壁の評価をすることで末梢動脈疾患の診断をすることができます。後者では血栓の存在、大きさおよび性状をみることで、静脈血栓症の診断を行っています。

ホルター心電図

ホルター心電図は24時間心電図のことで、自由行動下に長時間心電図を記録し解析する検査です。症状出現と時間を合わせてることで不整脈を捕捉することに有用です。

ABI・CAVI

ABI・CAVIは四肢血管の脈波の検査で動脈硬化の指標として有用です。
レイトポテンシャルとTWAは不整脈リスクを調べるための特殊検査です。

心臓RI

心臓RIは放射線同位体を使用し特殊な機械で心臓を撮影することで心機能を評価する検査です。心筋梗塞や心筋症の診断に有用です。心臓CTは主に冠動脈の評価を行います。放射線被曝と造影剤を使用することに変わりはないですが、心臓カテーテル検査と違って非侵襲的に冠動脈の評価が可能です。心臓MRIは心筋梗塞、心筋症など様々な心筋の評価に有用です。これらの検査は組み合わせることでより多くの情報を得ることができ、診断と心機能の評価に有用です。
検査・治療件数 2015 年度
心臓カテーテル検査(通常)
心臓カテーテル検査(緊急)
764 件
77 件
血管内超音波検査 389 件
冠動脈インターベンション(通常)
冠動脈インターベンション(緊急)
278 件
106 件
下肢動脈形成術 97 件

心臓カテーテル検査は、体表面で脈拍を触れることができる手首(橈骨動脈)、肘関節(肘動脈)および足の付根(大腿動脈)より心臓までカテーテルという管を通すことで、冠動脈および左心室の機能を評価します。カテーテル越しに造影剤を注入することで冠動脈および左室を選択的に造影し、冠動脈の狭窄部位や左室の壁運動を評価します。血管内超音波検査は冠動脈の狭窄部位の性状を判別し、治療適応の有無やその範囲を同定することに役立ちます。

冠動脈インターベンションは、冠動脈の狭窄部位をバルーンで拡張し、筒状の金属であるステントを留置して血流を改善させる治療です。各種検査で冠動脈を評価し待機的に行います(通常)。一方で、急性心筋梗塞や不安定狭心症など緊急性を有する場合は診断したのちすぐに治療(インターベンション)を行います(緊急)。

主な治療法/診断法 2015 年度
心臓電気生理学的検査239件
カテーテルアブレーション236件
人工ペースメーカ手術62件
植込み型除細動器(ICD)手術8件
心臓再同期療法
(CRT・CRT-D)手術
11件
ホルター心電図3,054件
加算平均心電図194件
T 波オルタナンス検査36件
ティルト検査7件

電気生理学的検査は心腔内に電極の付いたカテーテルを留置することで様々な位置からダイレクトに電位をとり、不整脈の発生箇所や電気が回旋する回路を同定するために行う検査です。カテーテルアブレーションは特殊な電極の付いたカテーテルで不整脈の発生箇所や電気回路を焼灼することで不整脈を発生させなくするような治療です。心房細動を始め、さまざまな頻脈性不整脈に対してカテーテルアブレーションを行っています。

人工ペースメーカ手術は、徐脈性不整脈の治療のためにペースメーカを植え込むことです。致死性不整脈の感知と治療(除細動)を目的とした植込み型除細動器手術や、心臓再同期療法のための特殊なペースメーカの植え込みも行っています。