患者さんの"いのち"を守るこころづよい相談相手として
東邦大学医療センター大森病院循環器内科 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 循環器内科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

入局希望の方へ

 

当科のご紹介

後期臨床プログラムについて

前期臨床研修を修了され、循環器内科の専攻を検討されている研修医の先生方に対し、当医局は後期臨床研修プログラムを用意しています。
まず内科医としての一般内科研修を大森病院内科後期研修プログラムに従って行い、引き続き循環器内科医として専門的な知識と技術の修得ならびに臨床医として優れた人格が形成できるようカリキュラムを作成しています。
後期研修の早い時期において
  1. 心臓カテーテル
  2. 不整脈
  3. 臨床生理機能検査
  4. 画像診断
上記各領域をスーパーローテートすることにより、循環器内科としての研修が行なえるようになっています。
また後期研修期間を通じて、日本内科学会認定医および日本循環器専門医の取得を目標に、十分な症例数を経験できるよう配慮します。

当科診療内容ならびに医局スケジュール

診療内容;
外来は月曜から土曜まで毎日初診、再診患者の診療を行い、幅広く専門的な循環器疾患に対応しています。病棟では、レジテント医師を中心にグループで診療にあたり専門的知識、手技の確実な取得を目指します。また原則として、救命救急センター、心血管インターベンション室をローテートし、虚血性心疾患、心不全、不整脈、救急医療などを一通り研修します。検査は循環器内科領域の全ての臨床内容をカバーしており、心臓カテーテル検査および心血管インターベンション、心エコー図検査、心臓核医学検査、トレッドミル運動負荷検査、心臓電気生理学的検査およびカテーテルアブレーション、心臓CTおよびMRI検査等、各専門のスタッフを中心に施行しています。
医局カンファレンスの予定;
医局勉強会(心臓カテーテル症例検討会、問題症例検討会、抄読会、研究発表等)
毎週木曜 18:30から
病棟新患紹介ならびに教授回診;
毎週水曜 14:00から
循環器内科・外科合同症例検討会;
毎週月曜 18:30から

研究について

まずは上級医師の指導のもと症例報告を各学会、研究会で発表します。入局後2年をめどに5つのサブ研究グループ「不整脈班、心カテ班、心不全班、画像班、エコー班」のいずれかの属することになります。その後、各自臨床研究テーマに沿って欧米あるいは日本の循環器系の学会で発表し、同時に英文での学術雑誌への投稿を目指して研究内容を論文化し、研究成果を国内外に公表するようにしています。医局員一同、権威ある雑誌での採択を目指して日々研究を行っています。

大学院について

当科では、大学院に進学することを推奨しています。基礎医学で学位を取得したい方には基礎系の大学院に一時的に在籍することが可能です。臨床で学位を取得したい方には社会人大学院への進学を勧めています。社会人大学院へ進学した方は、早期に規定単位を終了すれば4年間のうち2年間は他施設で働くことも可能です。4年間のうち2年間を海外留学にあてることも可能なプログラムを用意しています。

お問い合わせ先

東邦大学医療センター 大森病院 循環器内科 医局内
TEL:03-5763-6626
医局長 小林 建三郎