口腔疾患の専門的治療
東邦大学医療センター大森病院 口腔外科 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 口腔外科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

診療の特色

院内外でのチームワークを重視した専門性の高い口腔外科医療の提供

東邦大学医療センター大森病院 口腔外科では、口腔がん、顎変形症、顎関節症などの口腔外科疾患を始め、人工歯根(インプラント)治療、摂食・嚥下障害のサポート、他科疾患治療中の患者さんの口腔外科処置、他科で手術・化学療法を受ける患者さんの口腔状態チェックや衛生管理など、「口の中」や「あご」に関する病気の診療を幅広く手がけています(歯科治療は除きます)。
主な対象疾患および治療については下記ページをご覧ください。

対象疾患

とくに当科が積極的に関わっている院内のチーム医療として、下記の6つがあげられます。

1.摂食・嚥下障害治療中の患者さんを総合的にサポートする「嚥下障害対策チーム」

2.当院で手術を受けるすべての患者さんの口腔状態のチェック「口腔トリアージ」

3.人工呼吸器管理中の口腔ケア支援を行う「呼吸ケアチーム」

4.がん化学放射線療法中の口腔内照射についての対策を行う「がんセンター がん口腔機能管理部門」

5.呼吸器内科との連携による、睡眠時無呼吸症候群のための口腔内装置治療

6.リウマチ膠原病センター(膠原病科)との連携による、ドライマウス(口腔乾燥症)管理

なお当科では外来での歯科治療は行っていませんが、他科に入院中の患者さんの歯科治療の支援や、退院後に歯科での診断や治療が必要な患者さんへの歯科診療所のご紹介なども、地域の歯科医師会や院内の地域医療支援センターとの連携のもとに行っています。

患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を重視した診療を実践

口腔機能は、「食べる」「話す」といった、栄養の摂取や人とのコミュニケーションなどにおいて非常に重要な役割を果たしています。
当科では最初にご説明した各チーム医療に力を入れているほか、下記のような「患者さんの苦痛をできる取り除く」診療にも取り組んでいます。
  • 顎変形症や骨折などの外科手術後に行う「顎間固定」の期間の短縮
  • 他科で治療中の患者さんに対する、感染予防を目的とした予防的抜歯処置
  • 日帰り手術などにおける、患者さんの恐怖感の軽減を目的とした静脈内鎮静法
  • 術後合併症の予防を目的とした術後早期離床(入院期間の短縮)
手術後、ベッド上で安静にしたまま四肢を動かさない期間が長くなれば長くなるほど、術後の肺炎や血栓などの合併症が起こりやすくなります。口腔の病気で手術をされた患者さんに対しては、術後早期離床を推進しています。

院内の感染予防対策を徹底

当科では、歯科用タービンから歯科用マイクロモーター(歯科ドリル)まで、すべての機器を個別に完全滅菌しています。標準予防策(スタンダードプレコーション)を徹底し、院内の医療環境を安全に保つため、常に厳格に管理しています。