口腔疾患の専門的治療
東邦大学医療センター大森病院 口腔外科 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 口腔外科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

学術活動

 

1.口腔癌に対する臨床研究

  1. 術後機能を重視した再建法の検討:口腔癌切除再検症例について、口腔機能(咀嚼・嚥下・発音)の評価を行い、切除後の欠損部位によって分類を行い、選択した再建法の妥当性についてレトロスペクティブに検討を行う。
  2. 術後のリハビリテーション法に関する研究:切除後の機能ごとに、回復期間やリハビリテーション前後の機能を調査することで、リハビリテーションの効果について検討する。
  3. 術後軟口蓋欠損患者に対する顎補綴を用いた回復法の検討:発音・嚥下機能の回復を効果的に行うために、鼻咽腔補綴をどのように調整するか、VF(嚥下造影)を用いて検討する。
  4. 舌・口底欠損患者の嚥下障害に対する舌接触補助床の効果に関する検討:舌接触補助床の嚥下障害に対する効果を、障害分類(テストフード法、VF)ごとに検討し、治療効果のメカニズムを解明する。
  5. 舌・口底欠損患者の発音・嚥下機能の関係とその同時回復に関する検討:われわれの今までの調査で、発音と嚥下機能の両立は難しいことが判明しつつあるが、双方を同時にあるレベルまで回復させる機能再建法を工夫、検討している。

2.睡眠時無呼吸症候群の補綴的治療

 可撤式補綴装置により下顎位を誘導して閉塞型睡眠時無呼吸症候群の上気道拡大をはかる手段、およびその評価方法を検討している。当科で開発した調節型prosthetic mandibular advancement(OA)の治療効果を簡易型PSG、セファロメトリ、咽頭軟組織X線規格撮影法などにより解析し、よりよい治療成績を得るための工夫を検討している。

3.顎変形症手術の改良

 顎位を変更する手術においてしばしば問題となる、顎関節への負担を軽減する方法を検討している。既に当科で開発したpositioning法を実施し、悪影響のないことを確認しているが、そのための手術時間の延長が問題で、短縮するために専用機械の改良と術式の工夫を臨床的に検討している。また、上顎狭窄歯列弓の側方拡大において、急速拡大装置の無効例に対する新しい低侵襲の外科的補助法を検討している。側方拡大量と後戻りについて臨床統計的に考察し、従来法と比較してその有効性を検討中である。

4.顎関節鏡視下洗浄療法の有効症例と効果のメカニズムに関する検討

 顎関節内症において顎関節洗浄療法が用いられているが、適応症例に施設による差がある。病態の進行ステージを的確に診断することが重要であるが、具体的な方法が示されていない。そこで開口障害を有する、顎関節内症症例(MPS症例は省く)に対し、細径硬性鏡を使った有視下洗浄療法を行い、関節内部の病態を観察、洗浄時関節腔内の滑液から、炎症性サイトカイン、ヒアルロン酸分子量、細胞成分を抽出し、洗浄前と後との比較を行い、顎関節内症のステージ分類を化学的に行い、各ステージごとの洗浄療法に対する効果を判定する。これにより洗浄療法の適応症例が明確になると同時に、そのメカニズムも解明される。

5.顎骨再生療法・人工歯根植立におけるメカニカルストレス負荷の有効性ならびに、骨形成遺伝子導入法による再生効率の増加に関する基礎的研究

 当科では歯槽骨の欠損に対する補填法として臨床的に、整形外科領域で行われている仮骨延長法を口腔に応用している。その際仮骨に対して延長を行う=伸展メカニカルストレスを加えることに注目し、細胞のメカニカルストレスに対する骨形成効果を細胞分子生物学的に検討している。COX2が大きな役割を担っていることが判明しつつある。さらに、低出力超音波(LIPUS)の骨形成促進効果についても多くの報告をしており、これを人工歯根に照射することで、早期の固定を得られるか否かを動物実験にて検討中である。 並行して、これらより得られた骨形成のメカニズムを薬理的に増強するべく、仮骨形成部位に骨形成遺伝子を電気的・物理的に遺伝子導入し、その効果を観察している。Wntシグナリング、FGF2に着目している。

6.口腔期障害に起因する嚥下障害とその治療法に関する臨床的検討

 当科は大森病院嚥下障害対策チームにおいて、口腔期起因嚥下障害の評価と治療を担っている。脳血管障害や膠原病、精神疾患など多彩な原因を有する嚥下障害に対し、綿密に評価し、口腔期障害の全体に対する比率やその回復期間・治療法を、臨床統計学的手法を用いて解析し、さらに有効で効率のよい治療法を見いだすことを目標としている。

7.全身麻酔症例に対する口腔機能管理による周術期合併症の予防効果

 当科は大森病院中央手術部付属周術期センターにおいて、周術期口腔衛生・機能管理を行っている。術前口腔感染源除去による術後合併症予防ならびに歯牙保護装置(トゥースガード)による挿管時歯牙脱落・破折予防の臨床的成果について分析、検討を行っている。