トップページ > 嚥下障害対策チーム
NST専門療法士実地修練について
東邦大学医療センター大森病院栄養治療センター 関連リンク
東邦大学医療センター大森病院栄養治療センター メディア掲載情報

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 栄養治療センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

嚥下障害対策チーム

 

活動内容

当院の嚥下障害対策チームは、ご入院中の患者様の『誤嚥・窒息事故を防止し、不必要な食止めを回避する』ことをスローガンに、2005年より活動を開始しています。近年の高齢化に伴い、嚥下障害を有する患者様は年々増えています。さらに急性期病院である当院では、高齢患者様の手術症例は年々増加しており、周術期嚥下障害における誤嚥性肺炎予防の管理も求められるようになってきています。
チームメンバーは医師、歯科医師、摂食嚥下障害看護認定看護師、管理栄養士、言語聴覚士、歯科衛生士、医事課事務員と多職種で構成され、各職種の専門性を生かし、嚥下障害の疑いのある患者様への正確な嚥下評価、および専門的な嚥下リハビリテーション、適切な食事形態での経口摂取のサポート、さらに在宅に退院される患者様・ご家族には、嚥下食の調理指導を行い、入院から退院までの食ベることに対する総合的なサポートを行っています。また転院時には食形態に関するサマリーを作成し、繰り返す誤嚥防止を念頭に、地域連携にも力を注いでいます。

主な回診メンバー

チーム長(兼任)関谷秀樹(栄養治療センター副部長)
看護師(専任)山崎香代(摂食嚥下看護認定看護師)
看護師(専任)山田奈美
看護師(研修中)畠山愛
医師(兼任)海老原覚(リハビリテーション科教授)
歯科医師(兼任)川島麻美(口腔外科)
歯科医師(兼任)藤本慶子
管理栄養士(兼任)中村芽以子
言語聴覚士(兼任)岩波よう子(旧姓飯塚)

実績

入院患者様を対象とした、火・木曜日の『嚥下外来口腔外科』を受診窓口とし、午前は初診患者様、午後は再診患者様に対し、病棟回診を行っています。
2012年 2013年
初診数 159 156
摂食機能療法算定数 4,711 6,002

その他

年に1回、摂食嚥下障害看護認定看護師による各病棟の嚥下係り看護師を対象とした勉強会を開催しています。さらに勉強会の一環として、嚥下回診にも同行して頂き、知識だけでなく実技を通して、嚥下評価のスキルアップの向上にも努めています。
また栄養治療センター地域連携学術集会「目からウロコが落ちる勉強会シリーズ」においては、3回に1回嚥下障害をテーマとした講演を行い、近隣の医療機関に連携を呼びかけています。市民公開講座では一般の患者様に向け、嚥下障害に対する知識の啓発に努めています。
勉強会