命を救うという医療の原点~その熱き想い~
東邦大学医療センター大森病院救急救命センター 関連リンク
第31回日本神経救急学会学術集会

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 救命救急センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

東日本大震災レポート

はじめに

平成23年3月11日 午後2時46分 東日本大震災 発災。震度9.0の巨大地震は、地震そのものの破壊力に加え、2次災害となる津波、原子力発電所爆発など多くの副災害を起こし、複雑災害として成長している。東邦大学医療センター大森病院は、災害拠点中核病院として平常時から多くの災害対策を地道に準備してきていた。防災マニュアルの策定、防災訓練の施行など、院内地域向けの活動と医療派遣を中心とする活動準備である。
東京都の災害宣言に基づき、未曾有の大震災に対して、大森病院では、いち早く災害対策本部を設置し、院内外の対応に努めた。幸い入院患者や地域住民の被害は軽微でまた大森病院自身の被害も僅かであったため、早期の派遣医療を検討実施している。災害現場に超早期医療派遣としてDMAT、引き続き東邦大学医療派遣チーム、そして現在、東京都医師会医療救護班を派遣している。
今回の報告書では、現時点までの医療派遣出動についてその概要とそれぞれのチームの活動報告を纏めた。