大腸・肛門外科

手術実績

大腸・肛門疾患 年間総手術件数

専門施設とし大腸・肛門における良性から悪性までの幅広い領域にわたって治療を行っています。
■取扱っている主な疾患
直腸がん 肛門がん
結腸がん 悪性黒色腫
痔ろうがん GIST
大腸腺腫症 大腸憩室症
大腸・肛門ポリープ 痔核・痔ろう
直腸脱 直腸瘤
便失禁 排便障害

新規大腸・肛門疾患 年間手術件数

新規大腸・肛門疾患 年間手術件数

大腸がん手術件数

近年の大腸がんの罹患患者の増加に伴って、当センターでは大腸がんで年間約200件を超える手術を行っております。特に大腸がんのなかでも上部および下部直腸のがんの占める割合が多いのが特徴でもあります。
この他、人工肛門(ストーマ)造設・閉鎖、良性の大腸疾患(大腸穿孔、炎症性腸疾患など)を含めると大腸疾患全体で年間約300件の手術を行っております。

新規大腸がん年間手術件数

新規大腸がん年間手術件数