最新の技術をより安全に
東邦大学医療センター大森病院 消化器内科 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 消化器センター内科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

入局希望の方へ

 
当科は、消化器疾患(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆道、膵臓)全般の診断および治療を行っています。また、研究も臨床に関連したことを中心に行っています。
当科の後期臨床プログラムでは、まず内科医としての一般内科研修を大森病院内科後期研修プログラムに従って行い、臨床医としての優れた人格の形成を図りつつ、同時に消化器内科医としての専門的な知識と技術の修得が出来るようなカリキュラムを作成しています。
後期研修の早い時期において
①胃内視鏡検査
②大腸内視鏡検査
③腹部エコー検査
④腹部CT・MRI読影などの画像診断
など、消化器内科臨床医としての基本的な知識・技術を修得し、
上級医の指導のもと、
⑤出血性胃潰瘍に対するclipping、HSEや焼灼鉗子を使用した止血術
⑥食道静脈瘤に対する結紮術(EVL)
⑦大腸ポリペクトミー
などの基本的な治療手技を修得すると同時に、
⑧ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査)
⑨内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)
⑩超音波内視鏡検査
⑪拡大内視鏡検査
⑫内視鏡的粘膜剥離術(ESD)
⑬腹部造影エコー検査
⑭ラジオ波焼灼術(RFA)
⑮腹部血管撮影検査および肝動脈塞栓術(TAE)
などの専門性の高い検査や治療を行う各領域をローテートとし、最終的に何を専門として選択するか決めてもらうシステムを取っています。
消化器領域の幅広い知識・技術を修得するとともに、専門性を持った消化器内科医を目指した研修が行えます。
後期研修期間を通じて、日本内科学会認定および日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医の取得を目標に、十分な症例数を経験できます。
また、博士号取得のための大学院入学および学内・学外への留学システムを取り入れています。