患者、家族、仲間、すべての人たちを感染から守る、それが私たちの使命です。
研修会案内
東邦大学医療センター大森病院 感染管理部 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 感染管理部

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)
内線:3575

主な活動

 

活動内容

各種院内感染対策、感染症全般の診療コンサルテーション、HIV 診療を主な業務としています。これまで大田区入院医療協議会の院内感染対策専門部会幹事病院として活動を行ってきましたが、平成24・26 年度の診療報酬改定を受けて感染対策加算1・2 施設および周辺医療機関との連携・協力をさらに強化していきたいと考えています。また、分離菌・耐性菌に関する疫学情報の集積・解析、診断確定のための特殊検査、難治症例に対する治療法に関するコンサルテーションなどを通して拠点医療機関・大学として地域への貢献を果たしていきたいと考えています。
下記に、具体的な活動内容について示します。

院内感染対策

各種耐性菌サーベイランスや院内ラウンドを行い、院内伝播、感染の発症を常時監視しています。臨床検査部微生物検査室と連携し、院内感染アウトブレークの早期察知を行っています。アウトブレークに対する迅速な原因究明、対策を行う危機管理体制を整えています。同定が困難な病原体や各種耐性菌・耐性遺伝子の検出に関しては、東邦大学医学部微生物・感染症学講座と連携し遺伝子学的手法を用いた解析を行っています。抗菌薬適正使用に関して、抗菌薬届け出制の導入、長期使用患者の特定・介入、抗菌薬使用量の把握などの活動を行っています。
毎週火曜日午前は院内各病棟を対象としてICT ラウンドを行っています。ICT ラウンドの見学は随時受け付けます。ご希望の方は感染管理部までご連絡ください。

感染症診療コンサルテーション

各種耐性菌治療、一般病棟における難治感染症、救命センターにおける感染症など、幅広い分野における感染症診療のコンサルテーションを行っています。他院からのご相談に関しては、基本的には外来受診で対応いたします。週1 回水曜午後が診療日となっています。

下記のような患者診療で苦慮している場合にはご相談ください。
  • 一般感染症
  • 耐性菌感染症
  • 難治性感染症
  • 渡航歴を有する発熱患者など、輸入感染症
  • HIV を含めた性感染症(当院はエイズ診療拠点病院です)
また、毎週月曜午後2 時から感染症カンファレンスを行っており、外部からの症例提示・相談も受け付けています。詳細は感染管理部までご連絡下さい。

研究活動

東邦大学医学部微生物・感染症学講座と連携し、多剤耐性緑膿菌、ESBL 産生菌など各種薬剤耐性菌の耐性機序・治療・感染対策について共同研究を実施しています。
また、クロストリジウム・ディフィシル感染症に関して疫学的・臨床的・基礎的研究を行っています。さらに、国立感染症研究所とともに劇症型レンサ球菌感染症について研究しています。その他に、難治性感染症患者に対する遺伝子診断、抗菌薬併用療法、新しい抗菌薬療法などに関して、症例を対象とする臨床研究を実施しています。

地域の先生方へ

「インフェクションコントロールセミナー」など、多数の勉強会、公開シンポジウムを開催していますのでぜひご参加ください。また、毎月第2 月曜日に「微生物感染症地域連携カンファレンス」を開催しております。地域医療機関の方々と現時点で困っている感染症診療・感染対策のカンファレンスを行っています。興味のある方は遠慮なくご参加下さい。
他、各種症例のコンサルテーションを随時受け付けております。感染管理部までお気軽にご連絡下さい。