スタッフ日記【過去分】

スタッフ日記【過去分】


イルボスコの毎日の様子を、スタッフが日記でご紹介します

2013/2/10

イルボスコでは週1日「認知機能ゲーム」の時間を設けています。この時間には、認知機能トレーニングのゲームだけでなく、生活の中でどの様に認知機能が影響しているのかを話し合う事もしています。そうする事で、普段の生活の中でも意識して使い易くなっていきます

2013/1/9

イルボスコを利用する方の多くは就労か就学を希望しています。少しでもその希望に早く近付くように、プログラムや個人個人での取り組みをしています。プログラムで行う際も、ハローワーク見学に行く人、履歴書を書く人、学校案内を取りに実際に学校に行く人、など、個々の希望によって色々選択出来るような設定をしています。

2013/1/8

今日は新年初の認知機能ゲームでした。会の始めに「認知機能の目標」を話し合いました。バイトの為に集中力をつけたい、学校で役立つ記憶力を鍛えたい、などに加えて生活の中でどのように認知機能が関わっているかも皆で考えました。

2013/1/4

今日からイルボスコの新年が始まります。午後は皆で初詣に行きました。それぞれの希望に向けて、気持ちも新たに目標を心に決めた一日でした。

2012/12/20

ボスコを利用される方々は、終了後学校や仕事などそれぞれの希望を持っています。希望が叶い易いようにスタッフがお手伝いしています。例えば専門学校を希望される方は、スタッフと体験入学に行ってみる場合もあります。就職を希望される方は、一緒にハローワークに行ったり、面接に行ったりもします。一歩踏み出すのはとても勇気のいる事ですが、その部分のサポートがあれば、先に進み易くなる方も多くいらっしゃいます。ボスコでは必要な時に、必要な分だけお手伝い出来ると良いと考えています。

2012/12/8

イルボスコでは、それぞれの目標に向けての個別の支援を重視しています。例えば復職を目前に控えている方は、プログラムに出ずに会社での仕事につながる個別の課題を行えるようになっています。それぞれの目標に向けての最短のルートを話し合って実現していけるように支援を行っています。

2012/12/2

フットサル大会の続報です。開会式の選手宣誓でボスコチームのキャプテンは「最高の仲間と戦える喜びを胸に、精一杯頑張りたいと思います」と話しました。病気の辛さを分かり合いながら、共に前に進んで行こうとする仲間が持てる事は、ボスコのような場所に通う大きな意味かも知れません。チームワークには大きな自信を持つボスコチームは、必死の守りを見せ、大会ではみごと準優勝をする事ができました。

2012/12/1

今日はフットサルチームの大会です。この日に向けて、沢山の練習を積んできました。技術も勿論ですが、活動の中でお互いに声を掛け合ったり、問題が起こった際に解決方法を考えたり、体調を管理したり、と技術以外の沢山の変化がありました。フットサルだけでなく、「やりたい」と思う活動を通してその方の自己実現を後押し出来れば良い、と思っています。

2012/11/25

イルボスコのプログラムには多くの講師の先生方が携わって下さっています。例えば英会話では、英語を使いながら認知機能を鍛えるゲームや、コミュニケーションに役立つゲームを考えてくれています。料理では、決めてあるメニューだけでなく、余ったものを使ってもう一品作る工夫を教えて貰っています。英語や料理の技術に加えて、認知機能も使う事が出来るようになっています。

2012/10/1

生活リズムを整える、というのは時に難しいものがあります。しかし、生活リズムが整う事で体調が安定したり、学校や仕事に近づいたりする事もあります。イルボスコでは、生活リズムを整えるために、シートや個別の相談を使ってそのお手伝いをしています。人それぞれ目標ややり易い方法は違いますので、その方に合った方法が見つかるようにお手伝いしています。

2012/9/15

イルボスコでは心理教育の時間があります。病気や薬、ストレスについて勉強するシリーズと、仕事や恋愛、悩みなどについて勉強するシリーズがあり、今クールは「恋愛」「仕事」「目標」「一人の時間の過ごし方」「希望や目標」「家族」等がテーマになっています。普段少し気になるけれどなかなか聞けない話を聞く事が出来る時間になっています。

2012/9/3

セルフケアと言う言葉をご存知でしょうか?多様な意味合いがありますが、セルフケアとは自分自身がストレスの存在に気づき、それに対処するための知識と方法を身につけて、それを実施していくことと言えます。調子を崩したり、症状が出ている時は、セルフケアが低下する事もあります。 本日は、おしゃれをテーマにしたプログラムで、ハンドマッサージやネイルケア、身体の鍛え方の紹介などを扱い、予防的に使えるセルフケアの方法を学びました。

2012/8/15

イルボスコお盆ウィークの今日のイベントはスポーツ大会でした。チーム対抗でフットサルやバスケ、大縄跳びなど沢山の協議をしました。また、身体だけでなく、頭のゲームも行いました。皆、自分の得意な種目に参加することが出来ます。勿論応援や見学での参加でも大丈夫です。このように、それぞれご自分にあった参加の仕方を選べるようになっているのはイルボスコの活動の特徴です。

2012/8/14

今週のイルボスコは、お盆期間の特別週間となっており、毎日様々なイベントが開催されます。本日は夏らしく、流しそうめんを実施しました。流し台や竹の設置、食材の準備から協力して行います。初めての経験!というメンバーさんも多く、楽しみながら皆で季節感を味わいました。

2012/8/12

6月にイルボスコで参加した品川のフリーマーケットへ、再び参加しました。大勢のお客さんが訪れましたが、より効率良くお店を運営するには?どのようにシフトを組むか?接客方法は?等、前回の経験を踏まえて更に検討した結果、スムーズにお客さんとやりとりが出来ました。このように楽しみながら問題解決の力や、コミュニケーションの方法などを鍛えていく事もできます。

2012/8/5

ポーズや呼吸法から自分の身体と心をケア出来る時間になっている本格YOGA。本日は東洋医学を取り入れたポージングを習いました。日常生活の中で簡単に取り入れられる内容であり、ちょっとした空き時間に実践出来ます。夏バテしやすいこの季節にぴったりの内容でした。

2012/7/23

イルボスコでは利用日は必ずプログラムに参加しなければいけない訳ではありません。その日の体調に合わせて休養を選択できる事、自分の目標に向けての勉強を出来る事、仕事の準備を出来る事、それぞれが大切だと考えています。ですから、プログラム中の時間に、パソコンを使って求人情報をチェックしている方や、離れて受験勉強をしている方もいます。このように個人個人で必要な活動を行える事を、周囲も尊重出来る空間になっています。

2012/7/19

「感覚」をテーマにした五感体験ツアー。今回は味覚をテーマにカップヌードルミュージアムに行きました。オリジナルのカップヌードルを作成し、世界のヌードルを味わいました。数々の展示を通して食文化を学び、創造力や探究心を豊かにする事をテーマにしたミュージアムであり、1日を通して食の大切さや、考える楽しさ、あきらめずに何かに取り組むことの大切さを感じることが出来ました。

2012/7/17

イルボスコでの料理が日に日にレベルが上がってきています。通常は2品作るのですが、今回は3品に加え余り物でのもう1品が加わりました。限られた予算と時間の中で、どうすればそれらを作り終える事が出来るのか、検討し工夫点を考えました。結果、時間、予算とも計画内で納める事が出来ました。この様にプログラムでは、生活に直結する形で認知機能、問題解決の力を付ける事が出来るようになっています。

2012/7/13

イルボスコでの就労支援は、個別のニーズに合わせた形で行います。病気を伝えるか伝えないか、アルバイトか就職か、力を発揮できる仕事はどのようなものか等々、それぞれの方の希望を基に相談していきます。始めて仕事をする方達も多いので、不安に感じる部分も話し合いながら進めています。必要であれば、ハローワークや面接に一緒に出掛けても行きます。

2012/7/10

創作プログラムは、楽しみながら集中力や持続力が身に付きます。本日はTシャツのデザインやキャンディボックス作りを実施しました。出来上がると達成感が得られ、お互いのアイディアや作品を褒め合う事で気持ちも温かくなりますね。

2012/7/4

頭の中で考えた事を、絵で表現して伝える。今日の蒲田アニメーション学院はそこをテーマとして、パラパラマンガを作成しました。どのように描き進めると動いているように見えるか?見ている人にストーリーが伝わるか?を考えながら集中して取り組みます。伝えることを訓練することは、考えることを訓練することに繋がります。完成した作品は、どの作品もあっと驚くストーリーになっており、休憩時間もお互いに見せ合いながら会話に花が咲きました。

2012/6/28

イルボスコのプログラムの中には「みんなの時間」という時間があります。利用者の方が講師となって、自分の得意な事を皆に講義する時間です。限られた時間の中で、聞く人が興味を持てるよう、また分かりやすいように工夫して内容を組み立て、プレゼンテーションします。「歴史について」「植物クイズ」「上手な泳ぎ方」「好きなアニメについて」など内容が多岐に渡っておりとても楽しみな時間です。

2012/6/27

イルボスコでは希望者の方は「部活」に参加できますが、最近は特に活動が活発になっています。 新しい部が発足したり、活動の場を広げようと他チームと練習試合をしたりもしています。 どの部も、メンバーさん同士で活動内容や方針を決め、協力しながら運営しています。 文芸部・音楽部・フットサル部・バドミントン部・ダイエット部など、それぞれ今後の活動が楽しみです。

2012/6/24

今日は近くの大学の学生さんと、ゲームや料理などと共に行う交流会がありました。皆が笑顔であっという間に時間が過ぎて行きました。
イルボスコの利用者の方にとっては、同世代の方と交流を持つ事はとても貴重な体験になります。また、同時に大学生の方に施設を知って利用者の方と交流を持ってもらう事は、メンタルヘルスへの理解や関心を深めてもらう機会になると考えています。
イルボスコでは今後このような機会を出来るだけ多く作っていきたいと思っています。

2012/6/20

イルボスコの菜園では夏野菜が次々に採れてきています。料理の時間には採れた野菜で、即興で一品を考えて作っています。日常生活の中ではこのように「あるもので臨機応変に料理を考える」場面が多くありますので、プログラムの中でもその体験が出来ます。今回は野菜スープになりました。これからどんどん収穫が出来るので、今後の料理が楽しみです。

2012/6/15

心理教育ではストレスについての講義がありました。 ストレスがかかると、心や身体、行動に変化があらわれることや、 我慢しすぎず早めに対処することで 症状が悪化するのを避けられることなどを学びました

2012/6/11

先日講演会を開催しました。アルバイトを始め殆どフルタイムで働いている方と、今年受験に合格して4月から大学生活を始めている方、それを支えるご家族が、成功の秘訣を話してくれました。会場から沢山の質問が出て、非常に活気のある会となりました。目標を達成した方の話を直接聞く事で多くの参考になる事がありますし、希望を持つ事が出来ました。

2012/6/10

フットサル大会を終えたイルボスコではスポーツプログラムの人気が高く、毎週体育館で運動してストレスを発散させています。 「あんまり運動は得意じゃない…」という方も参加しやすいよう、レベル別にグループを分けています。 また、室内で卓球にも取り組め、自分の希望に合わせて参加が出来ます。 スポーツに参加して身体を動かす事はストレスを発散させるだけではなく、開放性を高め、自発性や意欲の向上といった効果をもたらします。 ルールに基づいて行動したり、チームの中での自分の役割を見通す事によって社会性が得られ、やり遂げる力も向上します。 楽しみながら自然とリハビリが出来るプログラムとなっています

2012/6/3

品川で開催されたフリーマーケットにイルボスコで参加しました。商品の管理や配列、接客などの役割を分担し、各係で連携をとりながら当日を迎えました。お客さんとの掛け合いは、最初は緊張しましたが、徐々にコツを掴み楽しむ事が出来ました。イルボスコにはこれからアルバイトや仕事を始めたいメンバーも多く、練習の機会にもなりました。

2012/5/30

大学生とのフットサル交流試合が行われました。この日に向けて、練習内容を考えたり作戦を練ったりとメンバー一丸となって準備を進めてきました。互いに声を掛け合い、パスやゴールが決まると応援席からは大きな歓声が上がります。天候にも恵まれ、練習の成果を見事に発揮したイルボスコチームが勝利を収め、大学生との交流も深める事が出来る良い機会となりました。

2012/5/20

イルボスコでは、目標を達成して卒業していくメンバーが毎月います。次のステップで頑張り始めている方はとても頼もしく感じます。先日卒業した方は「ボスコに来て、認知機能の中で自分の得意なものが分かった。それを生かしたい」と話していました。イルボスコでは、認知機能に限らず、苦手なものについては練習したり工夫したりを考えますが、それだけでなく得意な部分をより活かしていく方法も考えます。

2012/5/17

5月を迎え、ガーデニングプログラムにてイルボスコ菜園が新しく生まれ変わりました。冬野菜の収穫を終え、きゅうりやトマトといった夏野菜、観賞用の花を新たに植えました。 ガーデニングには実は様々な効果があります。植物によって心が安らぐヒーリング効果やリラクゼーション効果があり、ストレスホルモンの減少と植物の匂いの関係についての研究もされています。 毎日メンバー間で分担しながら水やりを行い、成長を楽しみにしながら見守っています。

2012/5/14

イルボスコでは利用期間を設けています。これは、短期間で集中し積極的なリハビリテーションを行うためと、イルボスコはあくまで通過点でありその先の就労や就学などの目標に出来るだけ早く移行する事を目指しているため、という意味があります。
最近イルボスコを卒業した方は、プログラムを通して自分の得意な事を見つけ、認知機能でも自信を持てる部分見つかった、と話してくれました。
それぞれの目標に向けて、自信を持って第一歩を踏み出す事ができるようにこれからもお手伝いをしていきたいと思っています。

2012/5/10

もうすぐフットサルの対外試合があり、その日に向けて練習を重ねています。ゲームの流れを読む、自分の取るべき動きを把握する、など体力の向上だけでなく集中力や遂行機能への働きかけになります。また、チームでの連携や相手の大学生とのやり取りを通して、対人交流の機会にもなります。 当日、練習の成果が発揮できるように頑張っています。

2012/5/2

現在蒲田アニメーション学院プログラムでは、ストーリー作りや作画を実際に漫画が作られるのと同じ工程で実施しています。 このような体験は生活の中でなかなか出来ない体験かと思います。 イルボスコは、プログラムを通して色々な体験が出来るという特徴を持っています。 様々な事を体験したり挑戦したりする事は、これまでと違った物に興味を持ったり、困難な出来事に対処する力や方法を学ぶヒントを増やす事に繋がります。 即ち、ストレスへの対処方法を増やし、自己コントロールにも繋がると言えます。 作品が完成した際には、満足感も得られるのではないかと、皆楽しみながら製作に取り組んでいます。

2012/4/26

イルボスコには様々な職種のスタッフが関わっています。医師や、看護師、作業療法士、臨床心理士、薬剤師、精神保健福祉士に加え、料理やヨガ等のプログラムの講師もいます。 社会復帰を目指すにあたり、これらの他職種のチームが専門性を発揮しながらプログラムが実施されており、症状や生活管理、修学・就労準備、服薬管理、コミュニケーション能力の向上といった効果に繋がっています。 リハビリテーションの目標達成に向けて、今後も全スタッフで協力しながらお手伝いをしていく事で、イルボスコメンバーさんのQuality of Life(生活・人生の質)をできる限り高めることが出来たらと考えています。

2012/3/14

各所で卒業式が行われる季節となりました。イル・ボスコでも、本日社会復帰を果たし卒業を迎えたメンバーさんがいます。 あなたの目標は何ですか?なりたい自分像はどんなものですか?目標に向かって何をすべきか、何が出来るのか…。イル・ボスコではそれを一緒に探し、実践していくお手伝いをしています。 本日卒業されたメンバーさんは、イルボスコに通いながら資格を取得するための勉強を続け、就職したのち、今日という日を迎えました。「イルボスコで色んな経験をしてください。きっと役に立ちます!」と晴れ晴れとした表情で語られたメンバーさん。季節はまだ寒いですが、イルボスコ内はとても暖かな空間となりました。

2012/3/7

今日は研究発表会でした。2ヵ月余りかけて準備してきた研究の成果を発表しあいました。計画の立案、実施、起って来る問題点の解決、プレゼンテーションの工夫、チームでの話し合いと協力、など多くの事が求められるプログラムではありましたが、それぞれ工夫して、大きな成果が得られました。皆の前で堂々と発表する様子は本当に頼もしく、これから学校や職場での様子が目に浮かぶ様でした。

2012/2/29

研究プログラムが着々と進行しています。テーマをより深く調べるために、外へ調査に行くグループも出始めました。発表に向けて、発表方法を工夫するグループも多く見られます。バンド活動を発表するグループもあり、練習に力が入ります。発表当日は、存分に成果が発揮される事でしょう。

2012/2/20

イルボスコには、「イルボスコ会議」という時間があります。イルボスコをもっと快適に、使いやすくするための方法を、皆で話し合い、決めていく場です。そこで決まった内容を、実際の活動に反映していきます。今日も会議で決まった内容を皆で試し、試した結果がどうだったか評価も実施しました。自分の考えを述べたり、他者の意見を聞く。そこからどのような形で結論を出していくか…検討していく過程はコミュニケーションや計画実行力のトレーニングにもなります。 今後もイルボスコは、皆が利用しやすい場へと少しずつ変化を遂げていきます。

2012/2/8

蒲田アニメーション学院でセル画講座を実施しました。セル画とは、セルアニメ製作に用いられる画材「セル」とよばれる透明シートに描かれる絵の事です。 専用のシートやインクを使い、段階を踏んで仕上げていきます。描き心地を確かめながら、どうしたらムラ無く色が塗れるか、どう配色したら影が表現出来るか等を工夫しました。初めての作業に戸惑いながらも、完成時は達成感を得ることが出来る時間となりました

2012/2/7

今日はおしゃれがテーマのプログラムを行いました。今回は「結婚式のマナーとおしゃれ」について5回シリーズで進めています。クイズや実技を交えながら、これから結婚式に出席する際に役立つ内容となっています。シリーズの最終回には実際におしゃれをして、披露宴のシュミレーションを行う予定です。その時にはまた様子をご紹介させて頂きたいと思っています。

2012/1/30

2月を目前に、新しい企画がスタートしました。テーマを決めて、じっくりと研究を進めていくプログラムです。3月に予定している研究発表会に向けて、今日はテーマ決めを行いました。研究方法や発表方法は自由です。一つの事に継続して取り組んでいく力や、研究過程を検討する力、研究チームメンバーとコミュニケーションをとる力、発表する力がつく企画となっています。興味深いテーマがいくつもあがり、どのような発表が見れるのか、今から楽しみです。

2012/1/28

今日は家族会を行いました。2グループで、それぞれ「サイコーシス・薬について」「ご本人の持つ強みを生かすコミュニケーション」のテーマを行いました。時間を目一杯使って、活発な意見交換の時間となりました。イルボスコでは月1回の家族会の他に、必要に応じてご家族との個別面談も行い、協力体制を築いています。

2012/1/11

本日のスポーツプログラムでは、久々に体育館でおもいっきり身体を動かす事が出来ました。バスケットボールを実施しましたが、メンバー同士が声を掛け合い素早くパスを回す事で、高得点を得るという素晴らしいチームワークが見れました。 スポーツでストレスを発散させながら、コミュニケーションの練習も出来る時間となりました。

2012/1/6

午前のレクリエーションでは、七草粥にちなみ「チーム対抗“七品粥"選手権」を行いました。ルールは、予算500円以内で7つの具材を使うこと、そして、「おいしさ、見た目、栄養素」が審査のポイントです。どのチームも工夫がみられ、みんなで美味しくいただきました。また、見事優勝したチームの作品は「ボスコ認定フード」に選ばれました

2011/12/19

今日はクリスマス会を行いました。当日までの間に、お金の管理や食事作り、スケジュールなど係に分かれて様々な問題を解決してきましたので、終わった時の達成感はとても大きかったです。一方で、当日だけ参加する人や係にはつかない人もいます。このようにイルボスコでは、グループでプログラムに参加する事だけでなく、個人個人に合った参加の仕方を重視しています。

2011/12/16

今日は心理教育シリーズの最終回でした。今回は皆からテーマを募集し、最終的に決まったのが「どうしても忘れられないつらい思い出との付き合い方」でした。色々な場合を想定して、チャートを作りました。これまでの経験や知識をもとに深い話し合いが出来、時間が足りなくなるほど白熱した時間でした。

2011/12/15

本日の本格YOGAプログラムでは、ブリッジなどの身体を反る運動を中心に行いました。 背中のストレッチは、感情に左右されない強い心を作る効果があると言われています。 ゆっくりと深呼吸をしながら取り組み、効果が得られるよう集中しました。

2011/12/12

月曜日は認知機能ゲームの日です。本日は変則じゃんけんを実施しました。普段使うグーチョキパーの手の形を、全く違った形に変えてじゃんけんをします。形を記憶して、結果の勝敗を瞬時に判断するのは大変でしたが、ゲームにする事で楽しみながら取り組めました

2011/12/9

今日の心理教育のテーマは「おひとりさまの過ごし方」でした。一人で居る時間をどのように過ごすかについて考えました。一日の中で一人で過ごす時間はとても長いので、その使い方を工夫する事でより充実した生活が出来る事を確認しました。

2011/12/8

木曜日はバスケットボール部の活動日です。大学の体育館を使って毎週汗を流しています。思い切り体を使う事はストレスの発散にもなりますし、ゲームを行いながら広い範囲に注意を払ったり、すばやく反応したり、と頭も体も使う充実した時間になっています。

2011/12/5

本日の認知機能ゲームは、クリスマス要素を取り入れてハンドベルを用いたゲームを行いました。映像を併用し、スクリーンに映し出された音階に合わせてベルを鳴らします。メトロノームでテンポを決め、合わせてベルを鳴らすと…クリスマスソングに。 楽しみながら感覚と集中力をフルに使う時間となりました。12月を目前に、イルボスコも徐々にクリスマスに向けて楽しい雰囲気になってきました

2011/11/25

今日の心理教育は「恋愛について」でした。このように、イルボスコの心理教育では病気についてだけではなく、思春期・青年期の特性も考慮した内容になっています。恋愛に関する悩みやアドバイスを話し合い、ストレス対処や問題解決の力を広げることのできる時間になりました。

2011/11/22

今日は野外活動で八景島シーパラダイスに行きました。様々なアトラクションやイルカのショーなど存分に楽しんだ一日でした。受験の息抜きに参加した方や、ジェットコースターに初挑戦した方など、一人では出来ない経験になりました。

2011/11/18

今日の心理教育は「仕事の選び方」についてですが。薬剤師さんが、自分の経験をもとに仕事選びの悩み、選び方について話してくれました。終了後、個別での質問タイムもあり、仕事への悩みが少し解決できた人も多かった時間でした。

2011/11/16

蒲田アニメーション学院では、イラスト以外にもプラモデル作成を実施しています。説明書を読解し、空間認知をした上で順序立てながら作成していくため、計画実行力を駆使します。手先も使い、細かい作業も行うため集中力も要します。複雑な作業を終え、出来上がった時の達成感はかなりのものです。認知機能を使いながらも楽しめるプログラムになっています。

2011/11/11

今日の心理教育のテーマは「仕事について」でした。なぜ仕事をするのかということも含めて、就労について深めた時間でした。イルボスコでは、個々の目標に合わせて就労支援をおこなっており、一緒にハローワークに行ったり、イルボスコ内で仕事を始めた時を見立てたタイムカードを作ったり、その内容は様々です。

2011/11/10

午前中は書道プログラムでした。今回はかな文字の練習として「いろは歌」を書きました。漢字のようにトメやハネをしっかり行うのではなく、緩急をつけて滑らかに筆を滑らせるのが、かな文字の特徴ということでした。どのメンバーさんも真剣に取り組んでおり、枚数を重ねるごとに筆使いが上達していました。

2011/11/7

講師の先生と共に本格YOGAプログラムを実施しました。 弓のポーズを始めとした、背筋や腰に焦点を当てた動きを行いました。背筋や背中を鍛える事は、集中力アップに繋がります。 また、YOGAプログラムではマッサージ法を教わる事が多いですが、本日は人間関係のストレスに効くと言われる興味深いマッサージを教わり、プログラム終了時には体が軽くなるのが感じられました。

2011/11/4

本日の認知機能ゲームでは、感覚の中の「味覚」に焦点を当てたゲームを実施しました。 数種類の食べ物を食べ比べ、視覚や嗅覚も使いながらまずは特徴を掴みます。特徴を他者へプレゼンし、クイズに出された一種類の食べ物を他者が当てていくゲームです。 表現力も問われるゲームでしたが、楽しみながら取り組めるプログラムとなりました。

2011/11/2

今日から秋の心理教育シリーズが始まりました。今回は、サイコーシスとストレスの関係がテーマでした。今後「仕事について」「恋愛について」「余暇の過ごし方」「家族について」など様々なテーマで行っていく予定です。また、その内容をこの日記の中でご紹介していきたいと思っています。

2011/11/1

本日はスポーツプログラムにて、大森海岸へのウォーキングを実施しました。 秋晴れの爽やかな気候の中、かつての大森海岸を再現した浜辺を持つ「大森ふるさとの浜辺公園」へと歩きました。 ウォーキングは、肉体的な効果だけでなく、脳にも影響を与えています。 歩くことで血流をスムーズにし、脳を刺激して自律神経に働きかけることから自律神経のバランスを良くする作用があります。自律神経のバランスがよくなると、ストレスもたまりにくくなります。 浜辺の開放的な雰囲気を味わい、景色を楽しみながら気分良く歩くことで、程よい疲労感を感じられました。

2011/10/31

10月29、30日に東邦大学の学園祭への出店を行いました。今回はスープ屋さんを出店したのですが、仕入、調理、接客など全て皆力で行いました。その結果、見事全てのスープを完売する事が出来、大きな達成感を得る事が出来ました。就労の体験や対人交流の機会、学校生活の練習等、各々の今後の目標に向けて役立つ時間となりました。

2011/10/24

イルボスコでは、プログラムもありますが、個別支援を重視しています。スタッフとの面談を通し、それぞれの目標達成を目指します。その際、シートやノートなどのツールを使ってより分かり易く、取り組みやすくなるように、日々工夫を重ねています。いずれ、このサイトでもシートのご紹介をしたいと思っています。

2011/10/20

夏場に多くの実りを得たイルボスコ菜園が、冬に向けて新しく生まれ変わりました。ガーデニングプログラムにて、秋まきの植物を土作りから種・苗を植えるまで手掛けました。小松菜や白菜、にんにく、大根を植え、今後は毎日メンバーさんが心をこめて水やりをします。金魚草、ビオラ等のお花も菜園に彩りを与えてくれました。 これからどのように成長していくのか。その過程が楽しみです。

2011/10/12

本日の蒲田アニメーション学院では、本格的な漫画用のペンを用いて描き比べを実施しました。均一で繊細な線が引ける丸ペン、強弱がつけやすく、迫力のある線が引けるGペンなどを使い、イラストを描きます。それぞれのペンがどのようなイラストに適しているかを考え、描き込んだ作品をプレゼンテーションしました。視覚や触覚を活かして描き込んだ作品に、今後は色を着けていく予定です。皆完成を楽しみにしながら取り組んでいます。

2011/9/22

今月から新しい就学準備プログラムを行っています。今回は、学校で授業を聞く時に必要になる、ノートの取り方や講義の聴き方がテーマです。このプログラムの内容をヒントに、それぞれの目標に向けて個別で取り組みを進めていきます。イルボスコではこのようにプログラムをきっかけに、個別での支援に力を入れています。

2011/9/21

本日の蒲田アニメーション学院では、アニメーション作成を実施しました。円形の紙に、少しずつ変化する12種類のイラストを描き、紙を回転させるとイラストが動いて見えるという仕組みの物です。「驚き盤」とも言います。どのような動きをつけると滑らかに絵が動くか?計画し、予測しながら描き進め、動きの連続性や線の太さ、配色を検討しながら個性豊かな作品が出来上がりました。完成した驚き盤を実際に動かす瞬間は思わず歓声が上がりました。

2011/9/17

今日は家族会でした。家族会では講義のほかに、家族同士での情報交換や問題解決に向けた検討会を行っています。日頃、相談する機会が少ない方にとって、相談ができたりアドバイスを聞けたりする貴重な機会になっています。家族会にはお母様だけでなく、お父様も多く参加しています。

2011/9/12

まだまだ暑い日が続きますが、9月も半ばに。少しずつ秋らしさも感じられる気候になってきました。秋になると毎年東邦大学では学園祭が行われます。イルボスコでの話し合いの結果、今年もお店を出す形での学園祭参加が決定しました。企画・運営も含め、メンバーで検討していきます。10月29・30日の学園祭、どんなお店が出店出来るか、スタッフ一同も楽しみにしています。

2011/9/9

午前中はEnglishの時間でした。相手のほめ方、ほめられた時の反応など日本語にも応用できる内容でした。しかし、皆、何となく英語の方が照れが少なくてやり易い様子です。講師の先生は個別の質問にも丁寧に答えてくれ、英語を勉強したい方にも貴重な時間になっています。

2011/9/8

今日はメイク講座がありました。プロのメイクアップアーティストの方が、女性にはアイメイク、男性には眉の整え方を教えてくれました。メイクを少し変える事で表情がぐっと明るくなり、気持ちも明るくなったようでした。その後、髪型や服装についても話す機会があり、自分の表情やファッションに興味を持つ事が出来た時間でした。

2011/9/5

今日は講師の先生を招き、本格ヨガプログラムを実施しました。ヨガには様々な効果があり、メンタル面では自律神経に効果的で、リラックス効果や集中力のアップ、不眠症の改善が期待できます。身体面では、腰痛予防・内臓の活性化・インナーマッスルの強化・デトックスしながらのダイエット効果が期待できます。今日は内臓機能に作用する内容が中心で、終了後は多くの方から「気持ち良かった」との感想を聞く事が出来ました。

2011/8/28

今日は家族会を行いました。講義では「サイコーシスについて」「思春期・青年期について」のテーマで行い、その後は日々思っている事についての話し合いを行いました。同じ気持ちを持つご家族が顔を合わせる事が出来る場としても家族会はとても意味のある場だと感じる事が出来ました。

2011/8/27

イルボスコを利用される方の目的はそれぞれです。復学、受験、アルバイト、就職など個々の目標に向けて、何が出来るかをスタッフと相談しながら取り組んでいます。また、今は目標が見つかっていない方でも、目標を見つけるお手伝いをしています。

2011/8/22

お盆特別プログラムを終え、今日は気持ちも新たに認知機能ゲームを実施しました。中身の見えない箱の中に何が入っているかを当てるゲームを実施しました。「視覚」を使用せず「触覚」を頼りに集中して考え、中身を予測する事で、楽しみながら認知機能トレーニングが行える有意義な時間となりました。

2011/8/19

今日はお盆特別プログラムの最終日として、イルボスコ内で夏祭りを開催しました。メンバーの方は鈴カステラとチョコバナナ2店舗を、スタッフも射的や団子屋などを出しました。当日は午前中に買い出しや看板作りなど準備を整え、午後は皆で出店を回ります。料金設定や商品の並べ方など、より多く売るために各店舗が様々な工夫をこらしていました。

2011/8/16

お盆の特別プログラムとしてイルボスコ学会を行いました。時間内にどのように発表するかを検討し得意なことや好きなことをまとめて発表を行います。大変興味深い内容の発表が聞くことができました。終了時には各自賞を考えてお互いを表彰し合います。発表した達成感にも繋がり、自分の好きなことを知って貰ったり相手が好きなことを知りあう機会にもなりました

2011/8/13

イルボスコでこの夏作った「グリーンカーテン」のゴーヤが次々と実ってきています。即席でスープやゴーヤチップスを作りましたが、食べるのが追いつかない程の収穫量なので、方法を調べて保存もしています。まだまだ収穫出来そうなので、次は何を作ろうかとたのしみにしています。

2011/8/12

今日の心理教育は「薬について」でした。薬を飲みたくない時にどうしたら良いか、それについての担当医への相談の仕方、薬についての疑問、等について薬剤師からの講義でした。プログラムの終了後は個別での質問時間もあり、薬についてより理解を深める事の出来た時間でした。

2010/8/11

午前中のレクリエーションでは、ゲーム機を使って野球ゲームを楽しみました。画面を見ながら丁度いいタイミングでボールを打つには、かなりの集中力が必要です。また、実際に動く場面もあるので、身体の使い方も学ぶ事ができます。

2011/8/10

本日の蒲田アニメーション学院では表情の描き分け方を行いました。表情認知は他者の気持ちや意図をくみ取り円滑なコミュニケーションを築く上で大切な基盤となります。非言語的コミュニケーションとしても用いられる表情の変化を顔の筋肉や表現の仕方のポイントを踏まえて鏡を見ながらイラストを描きました。

2011/8/5

これまで多くの方がイルボスコを卒業していきましたが、時折顔を出してくれます。大学生活の様子や、仕事の様子を聞く事は、今いる利用者の方に希望をもたらしてくれます。また、仕事や学校で上手くいかない事や悩み事がある時は、少し羽を休めて行く事もあります。少し休んで、また学校や職場に戻っていく姿を、頼もしく見送っています。

2011/8/4

週2日「from9」というプログラムを行っています。朝30分の時間を、集中して何かを取り組む事にしています。学校のレポートや、資格の勉強、趣味、新聞を読む、など各自で時間を過ごします。決して長い時間ではありませんが、集中力の向上や目標に向けた取り組みの実践に役に立っています。

2011/8/1

本日のカフェボスコでは値段内で何を作るのかを検討しました。色々なアイデアが出ましたが今回はクレープとバナナシェイクとなりました。作成にあたっての認知機能の活用やメンバー同士で交流を持ちコミュニケーションを図ることなどお菓子作りの中で各自の目的にあわせて取り組む時間となっています。自分が担当したい部分を行い買い出しや生地作りやシェイク作りなど役割を持って行いました。

2011/7/29

今日の心理教育のテーマは「サイコーシスについて」でした。講義の後、聞いた内容をまとめたり話し合ったりして、より理解を深めました。今回の心理教育は8回シリーズになっています。次回とその次は薬剤師による「薬について」です。

2011/7/28

本日は外出のプログラムとして、さいたま市にある鉄道博物館に行ってきました。蒲田から行くのは少し遠かったのですが、どこで待ち合わせるのが最適か、どの路線を使うと早く行けるか、などの検討が認知機能も使いながらの外出でした。

2011/7/27

蒲田アニメーション学院では本日背景の描き方を実施しました。遠近感や高さを表現する方法の一点透視図法から三点透視図法を取り入れ室内やビルの外観などをみんなで描きました。室内の内装など各自の記憶や計画実行力を使いどのような装飾にするかを考えたり線がずれないように集中しながら実施しました。

2011/7/25

月曜日の午前は認知機能ゲームの時間です。認知機能が生活や仕事のどのような部分で活かされているか、苦手な部分はどうしたら良いか、等を話し合った後グループでのゲームを行います。認知機能についてはプログラムだけでなく、個別で行うワークシートや、パソコンで行うゲームなど、イルボスコでは色々な形でトレーニング出来るようになっています。

2011/7/23

今日は家族会を行いました。テーマは「認知機能について」と「就労・就学を継続するために」についてでした。講義とディスカッションを行いましたが、活発な意見が飛び交い、有意義な時間となりました。

2011/7/22

今週から、新たに心理教育のシリーズが始まりました。第1回目は「イルボスコとは」として、イルボスコを利用する意義や、利用の仕方は個人によって様々であることを学びました。プログラムへの参加の他に、個別での相談や活動を通して、学校や仕事などそれぞれの目標に向けて利用していく場所である事を皆で確認しました。

2011/7/21

午前中の合唱プログラムでは、ソプラノとアルトの二声に分かれて歌います。互いの音程を聴きながら歌うのは難しいのですが、うまくハ-モニーが出来ると、自然と拍手が起こったりします。

2011/7/20

田アニメーション学院では体の描き方について練習をしました。骨の形や筋肉のつき方など絵を描くにあたってバランスよく描けるように身体の仕組みを知ることも大切なことです。描き方など家に帰っても練習もでき趣味の広がりに繋がります。感覚力と集中力を使いながら描きあげました。

2011/7/15

午前中のコミュニケーショングループでは、ロールプレイを使ってコミュニケーションの練習を行いますが、ロールプレイが苦手な場合は、自分のテーマや悩みについて、みんなからアドバイスをもらうという方法もあります。どちらの場合でも、今すでに自分が出来ている部分や、自分では考えつかなかった方法が見つかるという利点があります。

2011/7/14

ボスコ畑で今度はインゲンが収穫出来ました。何にして食べるか検討した結果、サラダに混ぜて食べる事になりました。毎日朝夕、交代で水をあげた成果が出て、喜びが感じられた瞬間でした。また、緑のカーテンも順調に育ち、「他の場所にも作ってほしい」との要望が出るほどです。

2011/7/13

スポーツプログラムではどのようなスポーツが行いたいかなど検討をし実施内容を決めています。練習を中心に行ったり試合を中心に行ったり、またスポーツの苦手な方にも室内で過ごせるようになっており個人の状態に応じて選択ができるようになっています。スポーツは体育館で行いますが、参加しない方は部屋に残って休憩や勉強をして時間を過ごします。

2011/7/8

リラクゼーションでは、自分で出来るリラックス法を毎回紹介しています。今日は漸進的筋弛緩法を行いました。椅子に座りながらも出来る方法なので、手軽に取り入れる事が出来るリラックス法です。

2011/7/5

今日の創作では風鈴を作りをしました。音色やデザインはオリジナルで作るので、自分だけの風鈴を作る事が出来ます。また、自分の勉強や読書を行って過ごしていた方たちも、音色で少し涼しい気持ちになれた時間でした。

2011/7/4

今日のプログラムでは季節に合わせたスウィーツを作りました。今は湿度も高く暑い時期なのでアジアンスウィーツのココナッツ白玉とタピオカミルクティーを作りました。どのようなフルーツが合うかや盛り付け方など彩りなど計画実行力や感覚が活用されています。ボスコ菜園で採れたパイナップルミントものせて爽やかな香りのスウィーツを味わいました。

2011/7/1

今日は、生活リズムを整えるためにワークブックを用いて、ここ1週間の生活を振り返る作業をしました。1日の流れを紙に書き出してみると、現在出来ていることと改善点の両方が見えてきます。イルボスコではこのようにシートを使って、生活や症状をより良くする取り組みをしています。このシートは、個人でも必要な時に自由に使えるようになっています。

2011/7/1

午前中は、食中毒についての知識や、正しい手洗い方法についてのレクチャーでした。この季節は特に、食べ物の管理や衛生面に気をつける必要があることを学び、普段の生活に関心を向ける機会になりました。

2011/6/27

今日の本格YOGAは講師の先生教えてくれます。腰のストレッチを中心に行い腹式呼吸を取り入れ行います。ストレスコーピング法の一つとしても取り入れられ終わった後にはとてもリラックスしていてYOGAの効果を感じます。
また、YOGAに参加しないで、学校の勉強や読書をしている方たちもいます。どちらも静かで落ち着いた時間になっていました。

2011/6/25

今日は月1回の家族会の日でした。病気に関する正確な知識の提供と、家族同士の情報交換が出来る時間を作っています。今日のテーマは「ストレス」「認知機能障害を踏まえた対応について」でした。土曜日ではありますが、多くのご家族が参加されました。

2011/6/22

イルボスコではプログラムに参加するか、自分の勉強や取り組み、休憩をするかを自由に選ぶ事が出来ます。例えば今日は体育館でスポーツを行いましたが、行かずに部屋で勉強や休憩をしている方々もいました。自分の状態に合わせて何をして過ごすかが選択できる事が大切だと考えています。

2011/6/20

今日は誕生日会を開きました。祝うことや祝われる体験を通して関係性の構築にも繋がり、皆各自の役割を持ち今まで準備を重ねてきてとても素敵な誕生日会になりました。

2011/6/18

昨日は英会話のプログラムがありました。短い会話を使って物語を作ったり、他の人を英語で紹介したり、視線を合わせたりするゲームを行いました。英語でのやり取りする中で、他者とのコミュニケーションの練習を行う事が出来るように工夫されています。

2011/6/16

午後のリラクゼーションでは、良い眠りと目覚めのためのストレッチを行いました。気持ちがいいと感じる程度に身体をゆっくり伸ばしていると、身体がほぐれて、気分もリラックスしてきます。

2011/6/17

今日からリハビリテーションワークブックを用いた心理教育の一環のプログラムが始まりました。今日の内容は幻聴や強迫観念など不快な体験についての理解と対処がテーマでした。皆で話し合う部分と、個別で考える部分があり、個々に合わせて考える事が出来るようになっています。
誕生会の準備二回目です。各自の実施したいことに応じて準備がちゃくちゃくと進んでします。誕生日カードを工夫し手の込んだものを作り、当日のための挨拶や流れの検討、皆が楽しめるようなゲームを時間内に行うための方法や説明の検討、など担当に分かれて進めています。当日は限られた値段の中でケーキも工夫して作ります。問題解決に向けて計画し、実行可能なように検討しています。楽しい気持ちで当日への意欲も高まってきます。

2011/6/9

先日のガーデニングで植えた植物の成長が順調です。畑にまいた大根は早くも沢山の芽を出しました。間引いた芽は料理の付け合わせとして美味しく頂きました。植物を育てる体験を通して、達成感や自己効力感を感じる事が出来ます。

2011/6/8

イルボスコでは、個人個人の目標に向けてスタッフと定期的に面接を行います。目標シートを作り、長期目標、短期目標、その達成に向けて今取り組む事、を整理します。出来るだけ早くに目標達成出来るように、スタッフも全力でお手伝いします。

2011/6/6

今日は誕生日会を開催するにあたって行うことを決め始めました。限られた予算ではありますがその中でお祝いをする方法を検討し、起って来る問題について解決方法を考えます。司会やケーキ作り、バースデーカード、ゲームや音楽など個々のやりたい内容に合わせて準備を行っています。祝い祝われる体験を通して交流を持ち有意義な誕生日会になったらと今から楽しみです。

2011/6/3

コミュニケーショングループでは、毎回様々なテーマが上がります。コミュニケーションが苦手だと感じる方もいらっしゃいますが、お互いの工夫や情報を共有してより良い方法について考えます。また、個別に面接の中で、コミュニケーションのポイントや技術を具体的に取り組んでもいます。

2011/6/2

今日はオリジナルカップラーメン作りをしました。限られた予算の中で、より美味しく、栄養バランスがよく、見た目もよく、新しい発想で、インスタントラーメンを調理しました。実際の生活でもラーメンを食べる事はありますが、その際少しの工夫でとてもバランス良く出来る事を体験しました。

2011/6/1

心理教育では「自分について」がテーマでした。思春期・青年期の特性の説明や、病気についての知識を得る事がなぜ自分にとって大切なのかを考えます。

2011/5/30

ガーデニングにてゴーヤで緑のカーテンを作りました。網の張り方や、育て方の工夫など、遂行機能や感覚を活用しました。ずれたりしないようになど集中力も必要になります。畑も作り皆で耕し、日々水やりをして育てています。植えた植物の育っていく姿に喜びを感じます。

011/5/28

本日は家族会で、病気や薬についての講義や、対応についての問題解決など、2グループに分かれて情報交換を行いました。正確な情報の共有と同時に、ご家族のエンパワメントになるように心がけています。

2011/5/27

今日の心理教育では「自分らしさ」について考えました。同じ状況におかれても、捉え方や感じ方は人それぞれです。今回は、スライドを使ったレクチャーや、ワークを通して、自分の特徴をつかむ手がかりを探しました。

2011/5/26

平和島公園でバーベキューをしてきました。炭で火をおこすこと自体、普段の調理プログラムにはないプロセスで時間や労力もかかりましたが、試行錯誤する楽しさや達成感もあいまって、いつもより美味しく感じられました。

2011/5/24

菜や花の苗を買いに行きガーデニングを実施しました。野菜や花のそれぞれの育て方を調べる等、どのように管理するか検討し、計画実行力を活用しながら行いました。

2011/5/20

今日は心理教育を行いました。ストレスの対処について当院の精神科医が説明をしました。心理教育の時間は、普段イルボスコにいるスタッフの他に、薬剤師や、精神科医などがお話しするので、専門的な内容を聞く事が出来ます。

2011/5/19

イルボスコではプログラムの中でも各自で活動出来る時間を作っています。例えば今日の午後は、リラクゼーションに参加するか、各自の勉強をするかを選べるようになっています。約30分の間、各自の勉強に集中して取り組む事が出来るようになっています。

2011/5/18

蒲田アニメーション学院では漫画の効果線について行いました。どの効果線にどのペンを使うといいかなども選択します。また、どんなイラストにどの様な効果線を入れたらいいか等を感覚を使って描きます。効果線一つで絵の印象も変わり線がずれないようにと集中して描きました。

2011/5/13

午前中はEnglishのプログラムでした。簡単な英語を使ったコミュニケーションだけでなく、認知機能を使うようなゲームを英語で行います。会話とゲームとを両方行えて、とても面白い時間です。

2011/5/12

今日から認知行動療法のプログラムが始まりました。個人でやっている認知行動療法と合わせて行うとより効果的になります。

2011/5/10

本格ヨガでは講師の先生に来ていただいています。無理な体勢をするのではなく、腹式呼吸を意識して実施しています。とてもリラックスした時間になっています。

2011/5/9

ゴールデンウィークが終わりました。長い休みの後は、誰でもつい生活リズムが乱れてしまうものですが、イルボスコでは、スタッフと個別で生活リズムの整え方等についても相談します。そのためのシートも用意されています。

2011/5/2

今日は薬についての心理教育がありました。薬は、人間の身体がもともと持っている「治ろうとする力」を助けてくれる働きがある、ということでした。薬剤師さんが、薬を飲むメリットや副作用への対応などについても丁寧にお話ししてくれました。

2011/5/2

フリーマーケットの準備では、各係で様々なアイデアを出し商品管理や接客や販売戦略や金銭管理についての方法も具体的にまとまってきました。当日に向けて気持ちが高まります。

2011/4/30

掃除についてのクリーンアッププログラムを実施しました。整理整頓の方法や新しい掃除グッズの説明がありました。掃除を実施する中にも認知機能を使っています。また部屋を綺麗にすることでの爽快感はストレス対処にもなりますよ。

2011/4/29

今日は次の調理で作るメニューを決めました。季節感、彩り、調理工程を検討して「これだ」と思うメニューを提案します。皆に選んでもらうためのプレゼンテーション力を問われます。ちなみに次回は、フレッシュトマトのスパゲティとストロベリーチーズボールです。

2011/4/23

今日は卒業生講演会を行いました。仕事や学校に行っている卒業生の方が、成功の秘訣や、アドバイスを講演して下さいました。皆の前に立って堂々とお話されている様子は、本当に立派なで頼もしかったです。ご家族や利用者の方も、土曜日にも関わらず大勢ご参加頂きました。また、壇上に飾った花は、フラワーアレンジメントが得意な方が作ってくれたものです。

2011/4/15

今日は心理教育のプログラムがあります。病気や薬の説明に加えて、思春期・青年期前期という時期の特徴や恋愛についてのテーマもあります。薬剤師さんにも協力してもらい、毎クール新しくなっています。

2011/4/13

久しぶりにスポーツで体育館がとれてバドミントンとドッジボールをやりました。白熱した試合になりまして応援する声にも力が入りました

2011/4/12

今日は次回の調理で作る料理を決めました。沢山のレシピの中から条件にあった料理を探し、工程を分かりやすくまとめて皆に説明し、採用されるように魅力的にプレゼンテーションします。頭は使いますが、採用された時はとても嬉しいです。ちなみに次回は牛肉とクレソンのちらし寿司とチーズ入りミートソース春巻きになりました。

2011/4/11

今日は防災訓練をしました。今一度みんなで地震の時に注意することやどんなことが危険か予防出来ることは何かを調べて話し合いをしました。余震も続いているので改めて注意したい所ですね。非常食の味見もしてみました。あべかわ餅が美味しかったです。

2011/4/7

今日はお花見がありました。午前中にお弁当を作り、それを持って公園に行きました。ボスコでは月1のペースで外出があり、社会体験をする機会になっています。

2011/4/5

来月イルボスコではフリーマーケットに出店する事になっています。接客や事務などそれぞれ今後つきたい職業にむけた就労準備プログラムです。皆の目標に向けて一歩近づく機会となるといいです。

2011/4/4

この頃新しい利用者の方が増えています。イルボスコでは就労や就学などそれぞれの方の目標に向けての近道を一緒に考えています。プログラムだけでなく個別での支援に重点を置いています。

2011/4/1

今日から新年度です。イルボスコには学校に通っている方もおおくいらっしゃいます。プログラムと個別の取り組みを通して、より良い状態を目指して日々活動を行っています。

2011/3/30

今日からホームページが新しくなりました。イルボスコの毎日の様子を、ご紹介していきます。活動や取り組みなど写真を含めて皆様にお伝えしたいと思います。
東邦大学医学部精神神経医学講座
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1 TEL:03-3762-4151
COPYRIGHT 2008 IL BOSCO ALL RIGHTS RESERVED.
本サイトは、厚生労働省・平成19年度障害者保健福祉推進事業「精神障害者の早期発見、早期治療のための地域生活支援体制のあり方に関する調査及び機能分化したリハビリ施設の試行的事業」(東邦大学)の補助金により作製されました。