伝統的な実践理論に基づいた、世界水準の東洋医学を目指します

診療実績

2015年10月~2016年9月診療実績

紹介元科

直接の御来院135呼吸器内科4
総合内科51皮膚科3
消化器外科14整形外科3
産婦人科12血液腫瘍科3
乳内外科11膠原病科2
婦人科リプロ9糖代内2
循環器内科9脳神経外科1
心療内科7腎臓科1
耳鼻咽喉科6小児科1
神経内科5リハビリ科1
精神神経科4麻酔科1
消化器内科4
初診患者の主訴は以下のように多岐に及んでおります。主訴が複数に及ぶ場合は、それらも含めております。
現代医学での標準治療がある場合は、当該科との協力のもと、補助的にお力になれるように尽力しております。
また、現代医学の標準治療がない領域では、東洋医学が非常に助けになる場合がありますので、御相談頂ければ幸いです。

初診患者の主な主訴

不眠症70打撲傷5
神経症55多汗症5
倦怠感42筋痛5
冷え性37慢性下痢4
腰痛症22のどの詰まり感4
頚腕症候群22男性不妊4
陰部神経痛19慢性鼻炎 副鼻腔炎3
関節痛16熱中症3
めまい14脳梗塞後遺症2
浮腫14皮膚色素沈着2
湿疹・かゆみ16口渇2
慢性頭痛13網膜静脈分枝閉塞症1
月経不順13疣贅(イボ)1
慢性胃炎12扁桃腫脹1
神経痛(しびれ、疼痛)12不明熱1
月経困難11発達障害1
慢性胃炎9肺がん1
不妊症9尿路結石1
慢性咳嗽8乳がん1
浮腫8紫斑1
腹痛症8子宮筋腫1
便秘症7痔核1
頻尿・排尿障害7口内炎1
動悸6胸痛1
更年期症候群5感冒1
  • 【不眠】
    不眠に対しては、通常は睡眠薬が用いられます。しかし、不眠の原因は多岐に及んでいます。 東洋医学では、精神活動の過多、過労など“疲れすぎて眠れない”という病態や、冷え、暑がりといった体質要因、胃弱、消化不良という消化機能の不調もまた、睡眠障害になり得ると考えられてきました。眠れない状況に応じて、漢方薬を対応させていきます。
  • 【神経症】
    重度のものであれば、精神科、心療内科の外来受診が必要です。東洋医学には、緩徐な鎮静作用を有するものが多く、補助的にも使用が可能です。また、精神的な緊張状態を、身体的な筋緊張を緩めていくことで、解いていく手法があります。漢方・鍼灸がいずれもお役に立てる分野です。
  • 【倦怠感】
    倦怠感には、まず背景に内科的な病気がないか、精査する必要があります。また、更年期など精神、身体のバランスが崩れやすい時には、倦怠感もまた生じやすいのです。過労、心労に加えて、不眠も重なってきて悪循環の中で疲れが取れていないという場合もあります。当科では、精神的なこと、身体的なこと、いずれもご相談可能です。
  • 【冷え性】
    冷え性は、東洋医学が得意とする分野の一つと言えます。冷えといえども、倦怠感、風邪を引きやすい、月経痛など、他の症状を合わせもつことがままあります。東洋医学では、漢方薬を用いて、身体を温める力を強化したり、末梢循環を良好にして冷えの症状を緩和させたりする方法があります。また、鍼灸の“お灸”もよい適応です。自宅でセルフケアを行うには、匂いのしない、煙の出ない灸もあります。
  • 【腰痛症、頚腕症候群、関節痛】
    腰痛症、頚腕症候群、関節痛は、整形外科領域となりますが、検査上、手術の適応がない場合などにご相談いただけます。漢方薬にも疼痛緩和のお薬がありますが、鍼灸も痛みの軽減には非常にお役に立てると思います。
  • 【慢性頭痛】
    頭痛薬は現在多くの種類があります。東洋医学では、皆様のそれぞれの体質に合わして、漢方薬を合わせ、頭痛の起こりにくくすることを目標にしています。また、鍼灸は頭痛には非常によい適応です。
  • 【月経不順、更年期症候群】
    女性の月経、更年期の問題で、ホルモン剤を使用しない場合、漢方薬は非常によい選択肢です。漢方薬はホルモン剤ではありませんが、女性ホルモンの状態を調整する作用のものが多くあります。
  • 【のどの詰まり感】
    女性に多く、ストレスに関係があると東洋医学では考えられています。是非ご相談ください。内科的にも検査をして調べることが可能です。この分野には、幾つか特効薬にあたる漢方薬があります。
    漢方以外に、内科的な精査も可能です。ご相談頂ければ幸いです。