診療のご案内
大田区子ども夜間救急室
交通案内
関連リンク
医療関係の方へ

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 小児科学講座

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

診療実績

入院統計患者数 2015年度

入院統計患者数 2015年度
呼吸器(含喘息)
147
循環器
64
血液・腫瘍
45
アレルギー・免疫・膠原病
77
感染症
67
消化器・肝臓
46
内分泌・代謝
10
神経・筋・精神
57
腎臓
43
事故・中毒
17
遺伝性疾患
0
その他
25
川崎病
85
合 計
683

診療・検査・入院数(2015年度概算)

診療・検査・入院数(2015年度概算)
小児心エコー検査
約1,200例
胎児心超音波検査
約150例
心臓カテーテル検査
約80例
カテーテル治療
約10例
川崎病新患入院
約80例
肺高血圧入院
約30例

特別外来

特別外来
川崎病外来
肺高血圧外来
胎児心エコー(新生児科 与田教授)
当科の特徴として、一次救急から三次救急まで広く患者様の診察を行っております。小児科は、受診者100人に1人は重症患者が紛れていると言われ、私たちは日々の診療の中でこの点に注意を払い、重症度に応じた適切な治療をご提供するよう研鑽しております。また、入院患者様の疾患も幅広く、ポピュラーな呼吸器疾患から、血液・腫瘍、循環器などの専門性の高い疾患まで、そして事故などの社会病理にも向き合っております。
このように、様々な分野の様々な重症度のお子様のご病気に対応することが当科の目指す、こどものための「総合診療科」として医療と考えております。
小児循環器分野を例にとりますと、小児心エコー検査・心臓カテーテル検査を積極的に行うほか、川崎病では大田区を中心とした診療所・病院よりご紹介頂き、集約して治療を行っております。さらには、肺高血圧症に至っては、全国より当科をご紹介頂き、検査・治療を行い、ご紹介元の各地の先生方と連携させて頂いております。
昨今は希少疾患の専門施設への集約が進んできております。血液・腫瘍分野におきましても、血液疾患の専門施設として城南地区から川崎市にかかる範囲を中心として患者様をご紹介頂いております。そして、疾患によっては他の施設とも連携をとり、より患者様にとって良い医療をご提供できるよう心掛けております。