あなたと明日をつなげる医療
自費外来・自費料金表
自費外来(特診外来)
女性性機能障害(女性専用メール無料相談)
看護師による不妊相談外来
泌尿器科
リプロダクションセンター(婦人科)

【リプロダクションセンター電話予約受付時間】

月曜日から金曜日
14時~16時まで

【電話番号】

03-3762-4151(代表)
※リプロダクションセンター受付に転送
すべて予約制です。
予約時に症状や受診目的を伝えてください。

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 リプロダクションセンター(泌尿器科)

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

自費外来・自費料金表

自費診療(泌尿器リプロ 自費料金表)消費税込み

他の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちでない場合
初診料とは別に選定療養費 5,400円(税込)をご負担していただくことを了承の上、受診いただいております。

外来

プロスタグランジンによる陰茎海綿体自己注射 1本 約4,000円
リジスキャンによる薬剤誘発勃起硬度測定(労災認定必須項目) 3万2,400円
陰茎末梢神経知覚検査
(労災認定必須項目)
5,400円
陰茎海綿体内圧測定 5万4,000円
(消耗品自己負担、海綿体造影は含まない)
男性ホルモン外来
(初診・半年おき 必須検査)
約2万5,000円
男性ホルモン外来
(再診・3-4週おきホルモン注射)
約5,000円
男性ホルモン外来
(再診・テストジェル30日分)
金額未確定
(医師による海外からの個人輸入検討中)
男性ホルモン外来
(再診・ネビド3ヶ月おきホルモン注射)
約3万5,000円見込み
(医師による海外からの個人輸入検討中)

術前検査

局所麻酔用 約1万円(自費)
全身麻酔用 約4万円(自費)

精子凍結保存

精子凍結保存(1年間まで) 2万1,600円

日帰り

精巣内精子採取術
FNA(片側)(処方薬含む) 21万6,000円
TESE(片側)(処方薬含む) 21万6,000円
MESA(片側)(処方薬含む) 32万4,000円
Multiple FNA (片側)(処方薬含む) 32万4,000円
1回目 MDTESE(片側)(処方薬含む) 27万円
2回目 MDTESE(片側)(処方薬含む) 21万6,000円
MDTESE(両側)(処方薬含む) 43万2,000円

※ 緊急1泊入院した場合は、入院費 約4万円

顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術(片側・処方薬含む) 21万6,000円
包茎手術(処方薬含む) 21万6,000円
パイプカット(処方薬含む) 21万6,000円
人工精巣移植(片側)のみ
(処方薬含む)
21万6,000円
(材料費別・約2万円)
人工精巣移植(片側)
(萎縮精巣摘出・処方薬含む)
21万6,000円
(材料費別・約2万円)
人工精巣移植(両側)
(永続的前立腺がんホルモン療法・処方薬含む)
32万4,000円
(材料費別・約2万円)
※ホルモン注射自己負担額の約2年分の費用です。
陰嚢下垂矯正手術(処方薬含む) 21万6,000円
陰茎プロステーシス移植術(処方薬含む) 38万8,800円
(材料費別・25万円から)

入院

陰茎プロステーシス移植術
(入院手術)
約60万円
(材料費別)
顕微鏡下精管精管吻合術
(入院自費手術の場合)
約60万円
リジスキャンによるNPT測定
(労災認定必須項目)
1回3万2,400円
(3回必要+入院費3泊およそ10万円)
合計約20万円

診断書作成に必要な検査項目 pdf