あなたと明日をつなげる医療

精巣内精子採取術(TESE)

精巣内精子採取とはなんですか?

精液の中に精子が存在しない場合で精管再建の適応でない場合に顕微授精目的に精子を採取することです。

精巣内精子の採取方法にはどのようなものがありますか?

造精機能がある程度保たれている場合(FSHが正常、例外もある)は、針で精巣から精細管を吸引する方法(FNA)や精巣を少し切開する方法(TESE:精巣内精子採取術)で精子を採取できます。
造精機能が障害されている場合(FSHが高値、例外もある)は、精巣を半分に割って精巣内ほぼ全体を顕微鏡で観察して精子がありそうな場所を見つける方法(MDTESE;Micro-TESE:顕微鏡下精巣内精子採取術):顕微鏡下精巣内精子採取術)があります。

無精子症でFSHが低値の場合は?

低ゴナドトロピン性性腺発育不全の可能性がありますので、通常精巣内精子採取は行わず、ホルモン治療を3-6ヶ月行うと射精した精液から精子が得られます。
ホルモン治療は週3回の注射が必要ですが、自己注射が可能ですので通院は1ヶ月に1回程度です。

精子が採取できる可能性は?

造精機能がある程度保たれている場合は、100%採取できますが、造精機能が障害されている場合にはMDTESE(Micro-TESE)を行い顕微授精で使用する倒立顕微鏡で精子が確認でき凍結保存できる割合は約40%(cryptozospermia;1mlあたり100万未満を含む)です。

TESE手術前のY染色体微小欠失(AZF)検査の意義は?

検査は採血で行います。一部の無精子症の男性にはY染色体のAZFという領域が欠けていること(欠失)が報告されています。無精子症を対象としたAZF領域微小欠失結果とTESE(精巣内精子採取術)の精子回収率に一定の関係が存在します。AZF領域微小欠失結果でAZFa欠失、AZFb欠失、AZFb+c欠失、Y染色体長腕欠失などでは、TESEを行っても精子を回収できないことが分かっていますので、TESE前にこの検査を行えば無駄な手術を回避できますのでお勧めしています。一方、AZFc欠失では、精子を回収できる可能性があるのでTESEを行うこと多いです。しかし、男児が生まれるとAZFc欠失は遺伝しますがその男児が将来不妊症になるかは不明です。
費用は、保険適用されていませんので当院では自費35,000円かかります。

精子採取は入院が必要ですか?

TESEは以前から日帰りですが、MDTESE(Micro-TESE)は、以前は入院し全身麻酔で行なっていました。
2007年2月から当院ではMDTESE(Micro-TESE)も日帰りで行っています。

精子採取後に仕事に復帰できるのはいつからですか?

手術当日も歩いて帰れ、翌日から事務仕事程度なら可能です。
痛みについて、当センターでは特殊な局所麻酔を使用しているため、手術中の痛みはほとんどなく、手術後の痛みも、自宅で、痛み止めの内服1-2回、痛み止めの座薬1回使用が平均的です。

手術・特診外来 無料メール相談

手術・無料メール相談(手術を検討されている方はこちらから)