あなたと明日をつなげる医療

日帰り陰茎プロステーシス手術

日帰り陰茎プロステーシス手術はどんな人が受けますか?

陰茎プロステーシス手術は他ED治療が無効か適応外の場合に行います。陰茎プロステーシス手術に失敗したから、陰圧式勃起補助具や陰茎海綿体注射を試してみたいと言うのは順序が逆で、後戻りできない最後の治療法ですので、手術前に陰圧式勃起補助具や陰茎海綿体注射も十分検討する必要があります。手術は、勃起の時血液が充満する場所である陰茎海綿体内に通常移植されます。主に糖尿病、動脈硬化、前立腺がん手術後、直腸がん手術後、陰茎硬化症(ペロニー病)に伴うED、若年者では静脈性EDなどが対象となります。
日帰り手術で使用できる陰茎プロステーシスの種類は、シンプルな曲げ伸ばし式(ノンインフレータブルタイプ)で、海綿体の狭窄がない症例が対象です。持続勃起症後や他院での失敗例では、陰茎海綿体の狭窄を伴う場合が多く、全身麻酔が必要な場合があります。

日本で使用できる陰茎プロステーシスは?

日本で厚生労働省の承認を受けているものは3種類で、ノンインフレータブルタイプにはAMS DuraII™とAMS600™があり、インフレータブルタイプにはAMS700CXM™などがありいづれもAmerican Medical Systems社製(米国)である。これらは、製品の改善(感染予防のため器具の表面を抗菌コートされた)がなされ手術の合併症が低下したにも関わらず、厚生労働省は、製品の変更と判断し、新たな臨床試験を日本の医療器具業者に義務付けた。日本の医療器具業者は莫大な経費のかかる新たな臨床試験を行わず、2007年9月から正式な輸入が止められてしまった。
世界のED治療ガイドラインでは、ED治療薬や陰茎海綿体自己注射が無効の場合は、陰茎プロステーシス手術がゴールドスタンダードであるため、東邦大学では2007年10月から外国業者と11か月間の交渉の後2008年8月から医師による個人輸入が可能となった。現在、医師による個人輸入が可能な製品はノンフレータブルタイプのジェネシスのみである。
陰茎プロステーシス
ノンインフレータブルタイプ陰茎プロステーシス
ジェネシス(コロプラスト社製、アメリカFDA認可)

ノンインフレータブルタイプ陰茎プロステーシス手術成績(東邦大学)

single implant 19 例 1本を中央に固定
陰茎が細い・糖尿病・若い人が対象
dual-implants  45 例
左右に挿入(2本)
陰茎が太い人が対象
陰茎プロステーシスの種類 AMS600 4例
AMSDuraII 2例
ジェネシス13 例
AMS600 16例
AMSDuraⅡ 27例
ジェネシス2例
手術時平均年齢 62歳 59歳
経過観察期間 10か月~15年
平均2 年 8か月
1年~18年
平均10 年9か月
手術後ED治療薬使用 目的は、陰茎を太く、温かくする 89%(17 例 ) 11%(5 例)
陰茎を太くする追加手術(海綿体の外側にプロステーシスを追加) 11%(2 例) なし
合併症 0%
安全、普段の違和感が少ない
16%(7例)
脱出、感染、痛みの持続 4~30か月後、平均11.9か月後で発症(直後ではないので器具との相性の問題)
満足度 95%(18例) 78%(35例)

single implant手術とは?

使用する陰茎プロステーシスは、曲げ伸ばし式(ノンインフレータブルタイプ)です。 従来の手術(dual-implants 2本挿入 )では、45例中7例(16%)で合併症が発生し術後約1年後に片側脱出や摘出術を行っています。 single implant手術は、主にハイリスク患者を対象に行っているが平均3年の経過観察で合併症0%であります。 われわれのsingle implantの手術適応 は以下の5点です。
  1. 糖尿病コントロール不良例
  2. 再手術例で海綿体が狭窄している
  3. 海綿体の狭小、陰茎が欧米人ほど大きくない
  4. 比較的若い患者(長期使用者、ED治療薬で太くなる人)
  5. 温かく勃起した陰茎希望(ED治療薬使用で、自分の血液が入る)
長所は、安全であることと普段に陰茎の違和感がないことです。欠点としては陰茎が細い点がありますが、ED治療薬の使用や陰茎海綿体外側に陰茎増大用プロステーシス(1本21万円;材料含む)を追加移植し陰茎を太くすることで改善しています。
さらにジェクス社製リング(リングリング)を性交時に陰茎基部に装着すると陰茎基部の太さや強さを保つことができます。
製品情報は下記へ

ジェクス社製リング(リングリング)製品情報へ

日帰り陰茎プロステーシス手術の利点と欠点は何ですか?

使用する陰茎プロステーシスは、ノンインフレータブルタイプです。感染、脱出、持続する疼痛が無ければ90%以上が満足しています。
日帰り陰茎プロステーシス手術の利点として、①満足な性生活を取り戻すことができる、②EDを長期に解決できる、③望んだときいつでも勃起させることができる、④雰囲気を壊さず自然な性交が可能になる、⑤望むだけ勃起を持続できる、⑥射精やオーガズムの障害とならない、⑦日帰りなので費用と時間が節約できる。
などがあり陰圧式勃起補助具や陰茎海綿体注射より満足度が非常に高い。
日帰り陰茎プロステーシス手術の欠点としては、①手術とその治癒期間(約2か月性交できない)が必要、②自然な勃起の回復の可能性なくなる、③感染・びらん・器具の故障などで再手術が必要となる。特に、糖尿病コントロール不良例では感染リスクが高くなる。われわれは糖尿病コントロール不良例でも感染リスクを抑える手術法(single implant手術)を開発し良好な結果を得ています。④膀胱がんなどで膀胱鏡を繰り返す場合に検査の障害になる場合があります。障害があれば日帰りで摘出も可能です。MRI検査は問題なく受けることができます。

70歳代でも手術を受けられますか?

全く問題ありません。年齢で制限されません。80歳代後半でも手術を行い定期的に満足な性行為を行っています。

若い人でも手術を受けますか?

ED治療薬や陰茎海綿体自己注射が無効な場合は、血管系の検査を行います。動脈からの血流が不十分な場合は腹壁の動脈を陰茎にバイパスする手術がありますが、海綿体から血液が漏れてしまうEDに対して静脈手術が有効でないため日帰り陰茎プロステーシスのsingle implant手術を検討しています。この手術は海綿体血管を片側残しますので陰茎プロステーシス1本で支えて、残った海綿体血管に血液が流れ込みます。よって普段違和感が少なく、合併症もほとんどなく、自分の血液(ED治療薬を使えばより多く)が流入しますので温かく太さもある程度得られる勃起になると思われます。

手術による満足度とはどういうことですか?

手術により性行為が可能になるのは最低限の条件です。この手術をして良かったか?この手術を同様の状況の友人に薦めるか?などの質問にイエスと回答した人の割合です。

性交できれば満足ということですか?

おおむね合併症を起こさず性交ができることですが、満足な人でも若い時の自然な勃起と比べたら不満はあります。たとえば陰茎が細い、陰茎が温かくならないなどがあります。そういった場合は、ED治療薬や陰茎を太くする手術を提案しています。その他、がんの手術などで射精機能が消失してしまった場合には射精機能は戻りません。射精機能がもともとあって勃起が無いために射精ができなかった人はほとんど回復しています。その他、陰茎硬化症(ペロニー病)や前立腺がん術後などで陰茎が短くなってしまった人は、性交が可能になっても陰茎が短いために満足度はやや低下します。

血液の固まらなくなる薬を服用していますが手術を受けられますか?

脳梗塞、心筋梗塞、心房細動などがあり抗凝固薬を服用している場合は、約10日前から中止してもらっています。そちらの主治医と相談してください。

手術前の準備はありますか?

自宅で陰毛を電気シェーバーでできる限り短くしてください。食事は手術の6時間前まで良いですが、その後は水分のみにしてください。手術後はすぐに食事できます。また、膿尿があれば手術前から抗生剤を服用してもらいます。

手術後の注意点はありますか?

陰茎プロステーシスは、血流のない異物ですので、一度細菌がついてしまうと感染する恐れがあります。術後、傷口は10日間濡らさないでください。医療用テープが剥がれなければ消毒は不要ですが、剥がれてしまったら自分でマキロン消毒を傷がふさがるまで続けてください。傷を濡らしてよいのは傷が完全に閉鎖してからです。術後、抗生剤と痛み止めは処方されます。内服の痛み止めが不十分な場合は座薬を使用してもよいです。糸は溶ける糸なので抜糸はありません。包皮が腫れる場合は、術直後と同じ様に排尿以外は陰茎を上の方に挙げておくと腫れが早く引きます。傷の治りが悪い又は小さな傷ができてしまった場合は早めに受診して早期感染治療を行わなければなりません。また、陰茎に傷を作らないために、性交時には潤滑液を使用し、激しいピストン運動を控えてもらいます。性交は手術後2か月控えてください、傷が最も強くなるには2か月かかります。飲酒や自転車などは痛みがなくなるまで控えてください。

日帰り陰茎プロステーシス手術の費用は?

この手術は保険適用がありません。日帰り手術費用が38万8,800円(消費税込)、材料費が約20~30万円 です。手術前検査は手術を決めた日に行い自費で約1万円くらいです。(ちなみに入院手術費用は全身麻酔なので約60万円、材料費は同じ、術前検査は自費で 全身麻酔のための検査が必要となります。)

手術・特診外来 無料メール相談

手術・無料メール相談(手術を検討されている方はこちらから)