あなたと明日をつなげる医療
自費外来・自費料金表
自費外来(特診外来)
性嫌悪・性交痛(女性専用メール無料相談)
看護師による不妊相談外来
泌尿器科
リプロダクションセンター(婦人科)

【リプロダクションセンター電話予約受付時間】

月曜日から金曜日
14時~16時まで

【電話番号】

03-3762-4151(代表)
※リプロダクションセンター受付に転送
すべて予約制です。
予約時に症状や受診目的を伝えてください。

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 リプロダクションセンター(泌尿器科)

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

陰茎硬化症(ペロニー病)

ペロニー病ってなんですか?

フランスのFrancois Gigot la Peyronieが1743年に最初に報告した病気です。発音は、ペイロニー病やパイロニー病ではなくペロニー病が正しい。陰茎硬化症や形成性陰茎硬化症と呼ぶこともあります。
ペロニー病は、陰茎海綿体白膜にしこりができる良性の病気であり、勃起時の痛み、しこりの触知、陰茎弯曲、陰茎短縮、勃起障害などになり性交障害の原因となります。

ペロニー病の発生頻度は?

2000年ドイツ人男性(平均年齢57歳)8000人の一般人調査で、発生頻度(しこりの触知について)3.2%、年齢別では、30歳代1.5%、40歳代3.0%、50歳代3.0%、60歳代4.0%、70歳以上6.5%と中高年に多く、頻度の高い病気です。症状としては、陰茎弯曲84%、勃起時の痛み46%、勃起障害40.8%、その他1.03%である。
2001年イタリア男性647人の一般人調査では、7.1%の頻度、2001年ブラジル人の前立腺検診男性954人で3.7%の頻度、2004年アメリカ人の前立腺検診男性534人で8.9%、2006年インド人男性2130人の一般調査で2%の報告があり、2~8.9% の発生頻度となっている。

ペロニー病は癌になりますか?

ペロニー病が癌になることはありませんが、しこりや痛みが癌である場合も考えられます。区別が難しく、正確に診断するためにしこりの一部を切除して組織検査を行うこともあります。専門医の診察を受けることをお勧めします。

ペロニー病の合併症はありますか?

陰茎弯曲、勃起時の痛み、勃起障害などから性交障害の原因になります。また、手足の拘縮(Dupuytren’s contracture デュプイトラン拘縮:手のひらや足の裏の短縮・肥厚・線維症で指の屈曲変形を起こす)を伴うことがあります。

ペロニー病の診断方法は?

外傷の既往の有無、発症の時期、しこりや痛みの有無、陰茎知覚異常の有無、勃起硬度の程度などを聞きます。さらに、勃起時陰茎弯曲の方向・程度を絵や指で表現していただきます。自宅で勃起時のポラロイド写真や携帯電話やデジタルカメラの写真があればなおよいです。
診察は、しこり部位を確認し、しこりの大きさを計測します。超音波検査やMRIでしこりの厚さや大きさを観察でき、しばしば石灰化が確認できます。また、陰茎知覚異常がある場合には振動覚測定を行います。

ペロニー病の治療方法は?

はじめの治療は保存的治療(手術以外の方法)で、症状が安定するまでとさらに安定してから6ヶ月間は薬剤治療を行います。使用薬剤には、ビタミンE、経口PG E1製剤、トラニラスト(ケロイドや肥厚性瘢痕の治療薬)、コルヒチン、ペントキシフィリン(日本にはない)の内服、ステロイド・ベラパミルのしこり部への局所注射などがありますが、われわれはビタミンEとトラニラストの内服で経過観察し、痛みの強いときのみステロイドの局所注射をしています。
手術法には、縫縮法(プリケーション法)と移植法(真皮や静脈移植)があります。
縫縮法は、弯曲の改善のみを目的とした方法で、しこりのある側の反対側を縫い縮める方法で移植法に比べ簡単ですが、しこりや痛みの改善はできないことと陰茎短縮が問題となります。
移植法は、しこりを切除または切開して短くなった側の陰茎を延長する方法で、組織検査もしますので確定診断ができます。

  • 包皮環状切開で行う場合、希望があれば包茎手術を無料で行います。

  • 包茎手術後、性交は問題有りませんが、包皮の移動による自慰が出来なくなります(手を優しく上下する方法になります、潤滑ゼリーを使用すれば性交に近い感じになります)

ペロニー病の手術時期はいつですか?

はじめの保存的治療(手術以外の方法)が、症状が安定するまでとさらに安定してから6ヶ月間薬剤治療を行います。症状が安定するとは、しこりの大きさ、痛み、弯曲に変化がなくなった時期で、それから6ヶ月後に手術を検討します。
多くは、症状が安定するのに6ヶ月くらいかかりますので、症状が出現してから約1年後に手術しています。

ペロニー病の手術前の検査は?

一般的には、自宅での完全勃起した時のデジタル写真または携帯写真を2方向(上下・左右)から撮影したものを持参してもらい参考とし、正確には手術中に人工勃起させ測定している。
術前に正確に診断するには、プロスタグランジンE1の陰茎海綿体注射を行い、勃起硬度の測定と陰茎弯曲の角度や陰茎の長さを計測します。プロスタグランジンE1の陰茎海綿体注射は、ツベルクリン針ほどの細い針で注射しますのであまり痛くありません、注射後ストレスのかからないように性的刺激と自分の手による刺激を加えてもらい勃起が最大となったところで写真撮影や計測を行います。勃起硬度の測定も行いますが極度に低下している場合は、陰茎プロステーシス手術も検討する。

手術時間について教えてください?

縫縮法(プリケーション法)は、約1時間30分で、移植法(真皮や静脈移植)は、真皮または静脈の採取時間を含めて約2時間30分です。

入院期間はどれくらいですか?

入院期間は手術の状態によって変わりますが、縫縮法(プリケーション法)では、3泊4日くらい、移植法(真皮や静脈移植)も、3泊4日くらいです。また、縫縮法(プリケーション法)を局所麻酔で行う場合は、日帰り手術も可能です。
糖尿病のある方は血糖コントロールが必要のため入院期間が少し長くなります。

貴施設ではどのような手術方針ですか?

手術法には、移植法(静脈または真皮移植)と縫縮法(プリケーション法)があります。ペロニー病は、しこりができた側が短縮し陰茎が彎曲します。手術法の1つには、しこりがあり短縮したところを切開し真皮や静脈を移植する移植法があります。移植するので短縮部を延長できるのがメリットです。移植片は大腿内側の大伏在静脈が薄く縮まない組織で適していますが、組織量が不足する場合があり、不足する場合は脇腹から真皮(表皮をはがした皮膚)を大きめに採って移植します。デメリットは、手術が複雑で彎曲の軽度の残存や勃起力の低下が懸念されます。また、陰茎背側に移植する場合は勃起力が低下する傾向にあります。手術前から勃起力が弱い場合や糖尿病患者は移植法をお薦めしません。もう1つの手術法に、しこりが無い側の長い側を縫い縮める縫縮法(プリケーション法)があり、シンプルですが、再発と陰茎が短くなる可能性があります。再発対策として当科では白膜表面を削り癒着させる方法で対応しています。陰茎短縮は、手術前に陰茎をまっすぐ引っ張った状態で陰茎長を測定し、一般的に11cm以上あれば許容範囲として縫縮法を薦めています。

退院後の注意、通院は?

手術日から1週間は傷を濡らさないでください。
また、飲酒も避けてください。
1週後からシャワーで傷が濡れてもよいです。
2週後から飲酒や入浴も可能です。
濡れた後はマキロン消毒をしてください。
糸は溶ける糸ですので抜糸は必要ありません。
傷がふさがり糸がなくなったら消毒は必要ありません。
縫縮した部分や移植法した部分の安静のため特殊な包帯を入浴以外3週間、その後は2ヶ月目まで夜間のみ巻いてもらいます。
性交や自慰開始は2ヶ月後診察してからです。
通院は、退院後約1週間後、次は手術から2ヶ月目、4ヶ月目、6ヶ月目、1年目です。

ペロニー病手術の後遺症はありますか?

手術による勃起障害は、当施設ではありませんが、元々勃起力が低下気味の方や早期回復目的に勃起不全治療薬を2ヶ月目から開始する方はいます。
しこりが陰茎の知覚神経を巻き込んでいたり近くにある場合は神経を移動させますので一時的にシビレが残る場合がありますが、時間とともに改善します。手術はしこりが安定してから行いますが時に安定していなかった場合には、別のところにしこりができる場合があり、2回移植法を行った方もいます。軽度の弯曲が残った場合に局所麻酔で縫縮法(プリケーション法)を追加する場合もあります。

費用はどれくらいかかりますか?

保険診療です。3泊4日の場合、50万~60万円くらいかかりますが、健康保険の負担割合が3割負担の場合は、15万~18万円が自己負担となります。
※高額療養費制度で自己負担限度額を超えた分が戻る場合があります

手術・無料メール相談

手術・無料メール相談(手術を検討されている方はこちらから)