“悩みの共有”から始める医療を。
大森病院 産婦人科
リプロダクションセンター(泌尿器科)
性嫌悪・性交痛(女性専用メール無料相談)
看護師による不妊相談外来

東邦大学医療センター大森病院 リプロダクションセンター(婦人科) 関連リンク
メディア掲載情報

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 リプロダクションセンター(婦人科)

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

スタッフ紹介

診療責任者

氏名 片桐 由起子
職位 教授
専門領域 不妊症/生殖遺伝学/高年不妊/卵巣機能不全

かねてから数多くの医療機関より、患者さんのご紹介をいただいておりますことに厚く御礼申し上げます。また、妊娠に向けた検査を受けるために、初めて医療機関を受診する方や、画一的な治療プロトコールでは妊娠成立につながらないでいる多くの患者さんが、ホームページなどをみて当院を選んで受診してくださっていることに胸が熱くなる思いで、日々の診療を行っています。

当院では、まず、不妊原因をあきらかにして、それぞれの原因に相応しい方法で妊娠を目指すことをモットーにしています。ただちに体外受精等の高額な治療をお勧めすることはありません。また、妊娠成立に影響する複数の原因が存在する場合には、ご夫婦の年齢や奥様の卵巣機能、ご主人の精液所見等を総合的に評価して、治療の優先順位を明らかにし、最も妊娠に近づく可能性の高い方法で診療を進めていく方針で取り組んでいます。

女性のからだは、思春期・性成熟期・更年期・老年期と大きく変化しますので、例えば、卵巣嚢腫や子宮内膜症、子宮筋腫、月経不順など、同じ疾患であってもライフステージにより相応しい治療法が異なります。特に、「妊娠と出産」を考える上で、性成熟期の女性における治療法の選択は、とても重要です。ご本人の持っている「妊娠する力」を低下させることなく、不妊原因を取り除き、妊娠成立に向けた診療に取り組んでいます。

リプロダクションセンター外来のほかに、産婦人科外来初診も担当しています。 以前に診断されたことのある子宮筋腫や卵巣嚢腫や月経不順がご心配な方で、「不妊治療まではまだ考えていないけれど妊娠への影響が心配」という方は、是非そちらへの受診をご検討ください。早めに対応することで「妊娠する力」の低下を防ぐことができる場合があります。

お子さんを持ちたいと願うみなさんの思いがかなうよう、できる限りのお手伝いをするべく、スタッフ一同、日々診療に取り組んでいます。

認定資格

  • 日本産科婦人科学会認定専門医
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医(指導医)
  • 日本内分泌学会内分泌代謝専門医
  • 日本人類医学会日本遺伝カウンセリング学会臨床遺伝専門医・指導医
  • 生殖医療に関する遺伝カウンセリング受け入れ可能な臨床遺伝専門医
  • 日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医・指導医
  • 小児慢性特定疾病指導医
  • 難病指定医

スタッフ紹介

氏名 職位 専門領域 認定資格
渋井 幸裕 客員講師 不妊症/体外受精
顕微授精/生殖心理
  • 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医
北村 衛 助教 不妊症/体外受精
顕微授精/胚凍結
  • 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
福田 雄介 助教 不妊症/体外受精
顕微授精/胚培養
  • 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医
森山 梓 助教 不妊症/体外受精
顕微授精/周産期
  • 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
三枝 美智子 准修練医 不妊症/体外受精
顕微授精
  • 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
宗 晶子 非常勤医師 不妊症/体外受精
顕微授精/周産期
卵巣機能評価
  • 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
佐々木 由香 胚培養士 体外受精/顕微授精
胚培養/胚凍結
精子・卵子凍結
  • 生殖補助医療胚培養士
徳田 由紀子 胚培養士 体外受精/顕微授精 胚培養/胚凍結 精子・卵子凍結
  • 生殖補助医療胚培養士
海上 真美 胚培養士 体外受精/顕微授精
胚培養/胚凍結 
精子・卵子凍結
 
永野 妙子 看護師 体外受精/顕微授精
胚培養/胚凍結 
精子・卵子凍結
  • 不妊症看護認定看護師
  • 生殖医療コーディネーター