患者さんの前向きな気持と、それを支えるチーム医療
後期研修医募集
東邦大学医療センター大森病院 リハビリテーション科 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 リハビリテーション科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

言語聴覚療法 (Speech Therapy:ST)

 
言語聴覚療法とは、話すことや食べることの機能の障害に対して行う治療法です。
当院では、主として脳血管障害・頭部外傷・神経疾患などによって生じた「失語症」「構音障害」「嚥下障害」の患者さんに言語聴覚療法を行っています。

失語症

大脳にある言語中枢の損傷により、相手が言っていることや文字が理解できない、言葉が思い出せない、間違った言葉を言う、文字が書けないなどの症状が現れます。これらの状態を評価し「聴く」「話す」「読む」「書く」の側面から個々に合わせたアプローチを行います。

構音障害

発声・発音するのに必要な器官(顎・口唇・舌など)の形態やそれらを動かすための筋肉・神経の異常により、発音に誤りが生じ、言葉が相手に伝わりづらくなります。発声練習や口腔顔面の運動、誤った発音方法の修正などを行います。

嚥下障害

食べる動作は大脳や口、喉などの様々な神経や筋肉が複雑に働きあっています。これらのどこかに損傷が起きると、噛めない・口からこぼれる・口や喉に食物が残る・ムセるなどの症状が現れます。口のマッサージや運動、適切な食事方法(姿勢や食物形態)の指導を行います。

この他、脳損傷により、すぐに気が散る・1つのことに固執する・新しい出来事を覚えられない・品物の使用が難しくなるなど様々な症状により日常生活に支障をきたす「高次脳機能障害」に対しても評価・訓練を行っております。