チーム医療の一員として医療・教育・研究に取り組む
東邦大学医療センター大森病院 薬剤部 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 薬剤部

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

注射製剤室

製剤注射室では、院内製剤の調製・高カロリー輸液の調製・手術室にて術後鎮痛薬の調製・外来化学療法の薬剤調製・外来化学療法患者の服薬指導・入院患者の注射薬セットなどの業務を行っています。

1. 院内製剤業務

院内製剤業務
一般的に医薬品は製薬会社により供給されますが、需要が少ない等の理由から濃度、剤形または治療薬においても製薬会社で対応できない医薬品があります。院内製剤とは、このように市販の医薬品では対応できない製剤に対応するために、病院独自に調製している製剤をいい、製剤室で調製しています。

2. 高カロリー輸液混注業務

高カロリー輸液混注業務
食事のとれない入院患者さんの食事の代わりとなる高カロリー輸液(食事の代わりとなる栄養やビタミンを含んだ点滴)を、無菌製剤の技術や設備を用いて無菌的に調製しています。

3. 術後鎮痛薬調製業務

手術室に薬剤師専用のクリーンベンチを設置し術後鎮痛薬(硬膜外・静脈麻酔薬)の調製業務を行っています。

4. 外来・入院患者の抗がん剤注射薬の調製業務

調製業務
医師や看護師の安全性確保のため、あるいは細菌が混入しないよう、入院・外来患者さんのために抗がん剤の調製を安全キャビネットという特殊な装置内で行っています。

5. 外来化学療法患者の服薬指導の業務

外来化学療法を行われる患者に対して化学療法の薬の使われ方や副作用の防止やその対応について化学療法担当の薬剤師が服薬指導を実施しています。

6. 注射薬の調剤

調剤
個々の患者さんに使用される注射薬に関しても内服薬や外用薬と同様に注射処方せんが医師より発行されています。投与量・経路・速度・期間などのチェックを行い、注射薬の調剤を行います。
調剤は、注射せんに基づき行ないます。処方内容に問題がないか別の薬剤師により再度確認をしています。病棟での取り間違いを避けるため、輸液類やアンプル類は1回分ごとにまとめて患者ごとに引き出しにセットしています。