チーム医療の一員として医療・教育・研究に取り組む
東邦大学医療センター大森病院 薬剤部 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 薬剤部

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

薬剤管理指導室

当院では各病棟に担当薬剤師を配置し、臨床薬学的な観点から患者さんへの服薬指導及び薬物治療のバックアップを行っています。また単にクスリの説明を行うだけでなく、医師・看護師等と連携し、医療チームの一員として薬剤師の立場から安全な薬物治療が行えるよう情報提供など活動しています。

患者さんに関する情報収集

患者さんのこれまでの副作用歴、既往歴(今までにかかった病気、かかっている病気)、他院などで服用している薬、市販薬やサプリメント類の服用状況など、今の病状も含めて情報収集を行っております。今後の治療がより有効で安全に行われるために重要と考えています。

持参薬の管理

患者さんが入院の際に持参された薬剤の名称、含有規格、用法・用量、残数などを確認し、その情報を医師、看護師に提供しています。

治療薬についての検討

治療薬について、量や使い方は適切か、相互作用はないか、投与経路は適切か、合併症などに悪影響はないかなど、薬剤師の視点から検討します。何か問題点等が考えられれば医師と相談し、より良い治療法を目指しています。

薬剤に関する説明

患者さんあるいはそのご家族へ治療薬について効能効果、服用量や回数、使用法、服用法、副作用、注意事項などについて説明しています。

薬剤の効果、副作用の確認

患者さんと直接会い、薬の効果がきちんとでているか、副作用はでていないか確認しています。検査値などから確認できる効果や副作用もありますが、患者さんの症状の変化をみることが効果の確認、副作用の発見には重要と考えます。効果がなかったり、副作用が出ていたりすれば医師と相談し薬剤の中止や変更など適正な薬物療法を目指しています。

薬剤に関する問い合わせの対応

医師、看護師などからの薬剤に関する問い合わせに対応しています。また、医師、看護師などに対して、薬剤に関する情報を積極的に提供しています。