チーム医療の一員として医療・教育・研究に取り組む
東邦大学医療センター大森病院 薬剤部 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 薬剤部

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

業績

 

業務実績(H27.4~H28.4)

調剤業務

年度外来処方せん枚数入院処方せん枚数院外処方せん枚数院外処方せん
発行率
201523,740枚190,176枚318,563枚93.1%

注射補給業務

年度注射処方枚数無菌調製処方枚数
抗がん剤生物製剤
2015161,582枚 22,948枚3,007枚

薬剤管理指導業務

年度指導患者数指導件数退院指導件数プレアボイド報告件数
201525,770名38,454件5,319件220件

手術室・硬膜外麻酔薬,静脈麻酔薬、神経ブロック鎮痛薬調製枚数

年度硬膜外
鎮痛薬
静脈鎮痛薬末梢神経
ブロック
鎮痛薬
創部浸潤
麻酔用
鎮痛薬
20151,894枚1,213枚43枚4枚

外来化学療法室 

年度化学療法施行件数薬剤師面談実施件数
20156,221件5,080件(81.7%)

麻酔科術前外来

年度薬剤師面談実施数治療薬服用患者数術前休止薬の患者数
20154,604名3,257名 (70.7%)646名 (19.8%)

薬物血中濃度測定(Therapeutic Drug Monitoring:TDM)

年度入院外来薬物中毒分析
20155,623件7,783件66件

業績

 外来処方せんの約94%は院外処方であり、調剤は入院処方せんが中心です。院外処方せんに対する保険薬局からの疑義照会には夜間も対応している他に調剤時は電子カルテによる薬歴確認など細心の注意を払っています。また注射薬の無菌調製は抗がん剤については100%薬剤師が調製している他、高カロリー輸液などの調製を行っています。抗がん剤は、レジメンに基づいた処方内容・薬用量をチェックし、安全で効果的な薬剤の提供を行っています。  また全ての病棟(NICU・ICU 含む)に薬剤師を配置し、入院患者の服薬指導、持参薬の確認、副作用の把握および有効性等について確認するとともに、日頃から医薬品に関する情報の収集、評価を行い、最新の情報を医療スタッフに提供しています。必要性に応じてTDM(薬物血中濃度の測定・解析)を実施し、その情報を医療スタッフに還元することにより、より安全かつ最適な医薬品の適正使用に役立てています。  その他、医療安全対策、感染防止対策、緩和ケア、栄養サポート、外来化学療法、手術室、麻酔科周術期外来、入退院支援センター(MYステーション)にも薬剤師を配置することでチーム医療に積極的に取り組んでいます。手術室では術後鎮痛薬(硬膜外・経静脈)の調製を専任薬剤師が行い、外来化学療法ではレジメン管理、患者指導、副作用モニタリング等を行っています。  当院は学会等が認定する専門薬剤師育成の研修施設です。業務を通じて身につけたスキルを学会等で発表し、様々な分野の専門・認定薬剤師を取得し、活動しています。

論文・学会発表等

2015年度

原著1件
著書(分担)3件
総説4件
学会発表9件
シンポジウム2件

詳細はこちら