tree 下痢(げり)・嘔吐(おうと)があるときの食事のすすめかた★



急性の下痢では,いためられた腸の機能が完全に戻るまでに,5〜10日くらいかかります。
病気の重さや年齢にもよりますが,1週間くらいは食事の内容に気を配る必要があります。

乳児の下痢と嘔吐の食事療法

嘔吐がないか,あっても1〜3回くらいの時

1. いつもより,ミルクと離乳食の量を3分の2くらいに減らし,減った分は水分で補います。

例)ふだん1回に200mlミルクを飲んでいる場合は,140mlくらいにして,1〜2日間様子を見ます。その間,水分として,イオン飲料,湯冷まし,薄く入れた番茶,ソリタ顆粒水などを1回に50〜100ml,1時間くらい間をあけて与えます。果汁,とくにつぶつぶや搾りかすの入ったものは,やめましょう。

2. 下痢がよくなれば,2〜3日かけ徐々に増やし,元に戻します。

嘔吐が頻繁にある時

1. 6〜12時間は,水分(イオン飲料,湯冷まし,薄く入れた番茶,ソリタ顆粒水など)を1回に50〜100ml,1時間くらい間をあけて与えるだけで様子を見ます。

2. 吐くのが少しおさまってきたら,20%くらい薄めたミルクから始めます。

例)ふだん100mlに5杯の割合で粉ミルクを入れていた場合は,4杯で100mlとします。1回量は,体重1s当たり,8〜10mlくらいとし,2時間以上間をあけて与えます。足りない分は水分で補います。

3. 嘔吐が増えない場合,次の日からは,薄めたミルクを,1回量を体重1s当たり10〜12ml,翌日には12〜15ml くらいと,徐々に増やします。

4. 2〜3日たって,嘔吐がなくなっていたら,離乳食を開始します。初日は,いつもの半分の量,次の日は,3分の2量,その次の日は全量と徐々に増やします。

★水分だけにしても,頻繁な嘔吐が長びく場合には、点滴が必要になることがあります。尿の回数が減る,機嫌が悪い,唇が乾いて赤い,泣いても涙が出ないなどの症状がある時も,早めに受診しましょう。



幼児の下痢と嘔吐の食事療法

1. 水分(イオン飲料,湯冷まし,薄く入れた番茶,ソリタ顆粒水など)と,“非常に消化の良いもの”(表参照)とします。1回量はいつもの半分以下とし,間を2時間くらいあけます。足りない分は,水分と食事の回数を増やし,1日4〜5回食として補います。

2. 嘔吐がなくなったら,食事は“消化の良いもの”(表参照)も与え始めます。量もいつもの半分,3分の2と徐々に増やし,経過がよければ,2〜3日かけて元の食事内容に戻します。

★ 食事を非常に消化の良いものに変えても,嘔吐が良くならない時や,下痢が頻繁にある時は,脱水のため,点滴が必要なことがありますので,医師に診てもらいましょう。



学童の下痢と嘔吐の食事療法

消化の良いものを,1回量をいつもの半分前後にして,間を2時間以上あけて与えます。足りない分は,水分(イオン飲料,湯冷まし,薄く入れた番茶,ソリタ顆粒水など)と,食事の回数を1〜2回増やすことで補いましょう。

★ 数日以上続く場合や,血便がある場合は,医師に診てもらいましょう。


!!注意:下痢のなかには,便の中に病原のあるウィルスや細菌が出てきていることがあります。排便の後,食事の前には,手をよく洗いましょう。また,排泄物や吐物で汚れたものは,他のものと分けて洗濯し,日光に十分にさらすか,アイロンを長めにかけましょう。とくに,便に血液が混じり,発熱を伴う下痢では,細菌がたくさんいることが多いので,気をつけましょう。早めに医師に診てもらいましょう。


表 材料別の食品と消化の良さ

すすめ方

――――――――――――――――――――――――→

消化 もっとも良い 非常に良い 良い ふつう 悪い
適応 消化機能皆無: 絶食後の食事開始時,離乳準備 消化機能著明低下:絶食後,幼児のひどい下痢,離乳前期 消化機能低下:手術後,胃腸疾患,急性期の病人,離乳中期後期 消化機能不十分:
軽症患者,回復期患者,幼児
消化機能正常
おもゆ,くず湯,水あめ うらごしかゆ かゆ 米飯 赤飯,すし,玄米
パン 小麦粉を煮たもの パンがゆ オートミール,クラッカー トースト 菓子パン
    煮込みうどん うどん,マカロニ,スパゲティ そば,ラーメン
みそ汁のうわずみ クリームスープ、みそ汁(実無し) みそ汁    
とりスープ うらごし ひき肉 脂肪の少ない(ヒレ肉,鶏肉,仔牛肉) 脂肪の多い(豚肉,ベーコン,ソーセージ)
白身魚のスープ 白身魚すり流し 白身魚,はんぺん 脂肪の少ない(かれい,たい,あじ,ひらめ,とびうお,すずき) 脂肪の多い(さば,いわし,マグロ,さんま,うなぎ)
卵黄を牛乳で溶いたもの 半熟卵 固いゆで卵 生卵 すじこ,油で揚げた卵
油・乳製品   牛乳 クリーム チーズ ラード,牛脂
  豆乳 うらごし煮豆 納豆,豆腐,煮豆 あずき,大豆
野菜 野菜スープ うらごし野菜 軟らかく煮たかぶ,にんじん,大根,ほうれん草,カリフラワー,キャベツ 生野菜 繊維の多いもの(ふき,たけのこ,ごぼう,れんこん),香りの強いもの(うど,せり,セロリ,にら,みょうが)
果物 こした果汁 うらごし,果実瓶詰め 果汁,バナナ,かんづめ,おろしりんご みかん,りんご,トマト,煮た果実 梨,イチゴ,いちじく,レーズン,干し柿
おやつ アイスクリーム,ヨーグルト,カスタードクリーム プリン,ゼリー,ビスケット,カステラ パンケーキ ドーナツ,ケーキ,かりんとう,せんべい


―東邦大学医学部付属佐倉病院小児科―


home top小児科ホームページトップへ