カムバック・アゲイン!あなたのこころを支えます
東邦大学 教育・研究業績データベース【精神神経医学】

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 メンタルヘルスクリニック

※医局員、随時募集中※

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)

職場復帰支援プログラム(デイケア)のご案内

リワークとは?

リワークとは、「Return to Work」の略で「再び仕事に戻る」という意味であり、メンタル関連疾患等で休職中の方のための職場復帰を支援するプログラムのことです。

当院の「産業精神保健・職場復帰センター」(デイケア)では、メンタル関連疾患を抱えておられる休職者の方が自身を取り戻し、円滑な職場復帰、再発のリスクをできるかぎり抑えながら職業生活を送れるように、医師や事業場と連携し、様々なプログラムを通して支援を行っています。

リワーク利用のメリット

1.生活リズムが作りやすい

  • 通所を継続することで、職業生活に合わせた生活リズムに戻していける
  • 「家の中での休養」から、「外に出る」第一歩を踏み出せる

2.復帰のタイミングが見えやすい

  • スタッフによる客観的評価
  • 回復の度合いが、参加していく過程の中で見えてくる

3.復職後のセルフケアについて学べる

  • 「再発防止」が最終目的
  • メンバーとのディスカッションの中で、「うつ」との向き合い方、今後の働き方のビジョンがわかる

4.似たような経験を持つ人たちとの出会い

  • 気持ち、思いのわかちあい
  • メンバーと交流することで、「社会性の感覚」を取り戻していける

産業精神保健・職場復帰支援センター(デイケア)の特徴

多彩なプログラムで、段階に合わせた利用が可能

  • 再発防止を見据えたプログラム構成
  • フィジカル面、メンタル面、ソーシャル面からアプローチするプログラム

多職種によるスタッフの、多角的な支援

  • 様々な専門性を持つスタッフがご本人とかかわり、多角的・総合的な復職準備性の評価が可能

事業場と連携し、スムーズな職場復帰をサポート

  • ご本人を中心とした、事業場と医療のネットワーク作りをサポート
  • ご本人・事業場双方が納得した形での復職を目指す

目的

  1. 職場復帰のために、バランスのよい生活習慣を回復する
  2. 職業生活継続に向けて、再発防止のための支援を行う
  3. メンバー同士の交流を通して、互いに助け合う

デイケア利用開始までの流れ

デイケア利用開始までの流れ

産業精神保健・職場復帰支援センター 利用のスリーステップ

利用のスリーステップ

  • 休職し休養をメインとする生活と、再びストレスがかかる職場に戻る職業生活の間には、かなりのへだたりができている場合も少なくありません。
  • そこで、当院のデイケアでは、その大きなへだたりのある休養生活と職業生活の間に、ステップをいくつか設け、そこまでの間を登りやすくする工夫をしています。

リワークの入口付近 ~step1~

リワークの入口付近~step1~
リワークの「入口」付近では…
  • 週2~3日、AMのプログラム参加からはじめて、ご本人の状況や状態に合わせて徐々に増やしていきます
  • デイケアに「来て、活動する」ということで、生活リズム、集団での生活を取り戻す第一歩を踏み出します(生活リズムの再構築)
  • 「気分障害」についての知識を深め、自己理解につなげていきます(疾病理解)

どっぷりリワーク期 ~step2~

どっぷりリワーク期~step2~
どっぷりリワーク期では…
  • 安定してきたら、週5日プログラムに参加できることを目指し、少しずつ負荷をかけていきながら、復職に向けた準備を進めます
  • 休職に至った経緯を振り返り、何が不調につながっていたのかを見つけていきます(自己理解)
  • PMの集団で行うプログラムを導入しながら、メンバーと一緒に、ストレスへの対処法・今後の働き方について考えます(対処技能習得)

デイケアの出口付近 ~step3~

デイケアの出口付近~step3~
リワークの「出口」付近では…
  • 週5日プログラムに参加していただきながら、生活リズムや病状の安定、仕事をする際に必要な集中力や体力などの「復職準備性」を確認していきます
  • デイケアで気づいたこと、学んだことをもとに、実際の職場を想定したプログラムを導入しながら、対処法のトレーニングをしていきます(対処技能実践)
  • メンバーとのディスカッションを通して、実際の復職にあたっての課題に向き合っていくプログラムも用意されています(復職への具体的準備)
  • よりスムーズな復職、再発防止に向けて、職場との連携もフォローします

プログラム

各プログラム名をクリックしてください。
プログラム
生活習慣プログラム ボディワーク オフィスワーク セルフケアグループ グループミーティング 心理教育プログラム コミュニケーション スモール・グループ ストレスマネジメント

リワーク終了後

  • 利用期間:3ヵ月~6ヵ月程度
    *実際の利用期間は、その人の状況や状態により異なります
    *職場の制度やご本人の状態に合わせて、出来る限り速やかに復職できるように支援を行います
  • 卒業後も、復職を継続している方を対象に 隔月1回「フォローアップミーティング」を開催し、復職後のフォローを行います