腎臓と健康のために-Clinical Practice for Kidney and Wellness-
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 腎臓内科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)

診療科のご案内

 

ご挨拶

大橋靖 准教授

2016年5月に、東邦大学医療センター佐倉病院に腎臓内科が新設されました。

「腎臓」はからだに不用になった老廃物を排泄し、ミネラル・電解質を調節しています。腎臓の働きが失われると、体内の環境を健全に保持することが困難になり、あなたの健康が障害され、腎不全が進行するとその働きを代用するために透析療法や腎移植が必要になります。

東邦大学における腎臓学講座は1980年、東邦大学医療センター大森病院(旧東邦大学医学部付属大森病院)に当時としては珍しく「腎臓病の生涯医療」をテーマに、腎臓内科医、泌尿器外科医、腎臓小児科医によって構成された臓器別の診療科として腎臓学講座(大森)が設立されました。さらに2007年に東邦大学医療センター大橋病院に旧第三内科から派生・独立し、腎臓学講座(大橋)が設立され、「慢性腎臓病(CKD)と心血管疾患」に専心し、これら大森・大橋の2病院において慢性腎臓病(CKD)患者のトータルマネージメントが行われています。

腎臓病診療は「腎臓病の重症化を防ぐこと」「腎臓病からあなたの健康を守ること」を目標としています。腎臓学講座(佐倉)では「腎臓病と健康」をテーマに診療を提供して参ります。どうぞ皆様よろしくお願いいたします。