腎臓と健康のために-Clinical Practice for Kidney and Wellness-

成人の8人に1人が慢性腎臓病(CKD)

慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease; CKD)は3ヵ月以上持続するすべての腎臓病を指します。我が国に1,330万人の方がこれに当てはまると考えられ、20歳以上の8人に1人は腎臓病と考えられます。
腎臓に炎症が起きる「慢性腎炎・ネフローゼ症候群」だけではなく、生活習慣病(高血圧・糖尿病など)やメタボリックシンドロームに関連する腎臓病、加齢とともに徐々に腎機能が低下した場合も含まれ、この慢性腎臓病(CKD)は末期腎不全のリスクであり、心臓病や脳血管障害のリスクになります。
慢性腎臓病(CKD)の診療プランは腎臓病の原因と重症度によって異なります。