神経内科
第51回日本脊髄障害医学会
第51回脊髄障害医学会のご報告と御礼
佐倉病院神経内科10周年・教授就任の会のご報告2017
東邦大学医療センター佐倉病院 内科学講座
東邦大学医療センター佐倉病院
認知症疾患医療センター

公開講座案内
メディア・書籍案内
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 神経内科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
Tel:043-462-8811(代表)

神経内科医の1週間

外来: 2階新棟(東棟)

新患外来

曜日  
榊原
相羽 ※午前
榊原
大木剛(第2,4週) ※午前

露崎洋平 ※午前
榊原
舘野冬樹 ※午前
※一般外来は午前中のみ。
※「ものわすれ外来(榊原)」金曜午後13時~
※「ボツリヌス外来(舘野冬樹)」金曜午後13時~
 

再診外来

曜日  
榊原
相羽 ※午前
榊原
大木剛(第2,4週) ※午前

露崎洋平 ※午前
舘野昭彦 ※午後,小児神経他
榊原
舘野冬樹 ※午前
※一般外来は午前中のみ。
 

ものわすれ外来

曜日  
榊原 ※午後

ボツリヌス外来

曜日  
舘野冬樹 ※午後

病棟: 7階西棟

  • 神経内科回診(学生、研修医、神経内科): 症例提示と診察指導
  • 1.朝回診:
    火曜-金曜7:30-8:00(その後, 救急カンファレンスに合流) 4階内科医局集合;
    2.夕回診:
    火曜-金曜17:30頃-18:00  7階西病棟集合 (担当 榊原)
  • 外来病棟検査見学(学生)
  • 脳脊髄MRI:(随時、救急) on call (担当 榊原、岸)
  • ルンバール: (随時、救急) on call (担当 榊原、岸)
  • 神経学的診察法: (随時) on call (担当 岸、榊原)
  • 神経伝導検査・筋電図
    水曜・木曜(随時) 13:00- 3階生理検査部自律神経検査室集合(担当 岸)
  • 脳波・誘発電位
    水曜・木曜(随時) 13:00- 3階生理検査部脳波室集合 (担当 岸、榊原)
  • 膀胱自律神経機能検査(ウロラボ)
    月曜 9:00--13:00 3階生理検査部自律神経検査室集合 (担当 榊原)
  • 消化管自律神経機能検査(キューエルガット)
    木曜午前(随時) 8:30- 3階生理検査部自律神経検査室集合 (担当 榊原)
  • 神経内科カンファレンス(学生、研修医、神経内科、脳外科、小児神経、放射線、理学療法士、言語療法士、臨床検査技師、薬剤士、臨床心理士): 症例提示と検討
    月曜20:00頃(内科医局会終了後)-22:00頃  7階講堂3 (担当 榊原)
  • 病棟カンファレンス(看護師、医療ソーシャルワーカー、理学療法士、言語療法士、学生、研修医、神経内科): 症例検討/勉強会(1週おき内容交代)
    木曜13:30-14:00 7階西病棟カンファレンス室 (担当 榊原、岸)
  • 7階西病棟&外来ユニットカンファレンス(神経内科、脳外科、泌尿器科)カンファレンス(看護師、神経内科、脳外科、泌尿器科、研修医、学生): 問題点検討
    第3週火曜17:00-18:00 4階地域医師研修室 (担当 3科、看護師)
  • ニューロカンファレンス(学生、研修医、神経内科、脳外科、小児神経、放射線、理学療法士、言語療法士、臨床検査技師、薬剤士、臨床心理士): 学会予行、研究トークなど
    第3週火曜18:00-19:00 4階地域医師研修室 (担当 榊原)

初期研修のオーバービュー (初期研修医)

初期研修医は、指導医の下で患者さんの受け持ちとなり、神経学的病歴・所見を取り、検査を行い、治療方針を立てることを習得します。慢性疾患患者さんの治療とともに、神経学的救急の現場にたずさわり、MRIを撮像する前の5分間に、いかに部位診断・病理診断を推定するか、のポイントを体得します。神経内科は、意識障害・認知症・麻痺・しびれ・自律神経障害などを扱いながら、その病態として、遺伝子・分子・神経回路につねに思いを馳せます。わたしたちの脳神経は、140億個の神経細胞(ニューロン)から成り立っています。各ニューロンは、生化学的に類似していても、部位によって全く異なる働きをしております。患者さんの病気・症状を改善させるためには、その神経回路を解きほぐす必要があります。脳は、全身の司令塔であり、社会生活の源でもあることから、神経内科はリハビリテーション・社会復帰に直結する科といえます。神経内科を学ぶことは、患者さんを全人的にみることを学ぶことに他なりません。また、神経内科は、年配の患者さんに優しい科です。身近な歩行障害、認知の問題、トイレの問題などを、年齢のためとあきらめず、治療の相談に応じます。患者さんとともに歩むことができる医師を、目指して頂きたいと思います。
救急カンファレンスでの神経内科疾患のプレゼンテーション
救急カンファレンスでの神経内科疾患のプレゼンテーション