神経内科

後期研修および研究のオーバービュー (後期研修医および大学院生)

東邦大学医療センター佐倉病院神経内科での後期研修は、初期研修をさらに深める目的の他に、神経内科専門医を育成する目的があります。病棟研修の他に、外来初期研修として、初診患者さんの病歴・所見を取り、指導医の下で幅広い診断能力を身につけます。一方、神経学的救急、神経放射線、神経生理学、自律神経学、神経筋生検の各検査、神経リハビリテーションに習熟します。その過程で、意識障害・認知症・麻痺・しびれ・自律神経障害などをきたす、各疾患の病態と治療法を習熟します。研修の中で、各人により、特に興味のある病態・疾患が出てくるものです。これは、研究を始めるきっかけに他なりません。良き臨床医は研究マインドを持っているものです。すなわち、目の前の患者さんは、未解決の症状/問題を持っていることが少なくありません。臨床と研究は、大学病院では一対をなすものです。東邦佐倉神経内科では、後期研修の初期から、国内・国際学会での発表、論文作成を指導します。これらは、将来良き臨床医になるために、必ず役に立つものです。この時期に、専門医試験を目指した先生、大学院に入学した先生は、勉強と臨床の両立で大変だと思いますが、大いに頑張ってください。そして、将来必ず、目の前の患者さんに対してその知識と技能を返せるよう、医術に裏付けられた優しさのある、患者さんとともに歩む医者になるよう、指導医は、いつも君たちを応援しています。英国(クイーンスクエア、ロンドン)、米国(ペンシルバニア大学)を含めた海外留学も可能です。共に、地域に貢献し、広く発信してゆきましょう。