神経内科
第51回日本脊髄障害医学会
第51回脊髄障害医学会のご報告と御礼
佐倉病院神経内科10周年・教授就任の会のご報告2017
東邦大学医療センター佐倉病院 内科学講座
東邦大学医療センター佐倉病院
認知症疾患医療センター

公開講座案内
メディア・書籍案内
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 神経内科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
Tel:043-462-8811(代表)

よくあるご質問

受診に関するQ&A

他の病院で処方された薬を飲んでいます。診察時に持参したほうがいいですか?

現在服用中のお薬がある患者さんは、お薬手帳・薬剤情報提供書・服用中のお薬などをお持ちいただくと、治療指針をより細かく立てることができます。そのため、なるべくお持ち下さいませ。

他の病院で診療を受けているのですが、紹介状があった方がよいですか?

紹介状には、患者さんの病名、これまでの経過、現在の症状、処方中の薬などが書かれています。紹介状をお持ちいただくと、治療指針をより細かく立てることができます。そのため、かならずお持ち下さいませ。大学病院からお近くの先生にご紹介する場合も、かならず紹介状を用意致しますので、ご気軽にお申し付け下さいませ。

症状と治療に関するQ& A

他院に通院中ですが、症状が長引いているようです。どうしたらよいでしょうか?お薬をもらえますか?

病気は、その原因と程度により、直り方が決まることが多いものです。そのためにまず、病名を明らかにする必要があります。できれば紹介状をお持ちいただき、外来を受診いただければと存じます。
神経内科の外来ではまず、症状を詳しくお聞きします。とくに症状が一時的なもので来院時に改善されている場合、症状があった時の状況を、そばに居た方の観察を含めて、細かくお聞きします。
次に、神経学的な診察を致します(運動の症状の場合、歩いて戴いたり、手足の反射をみたり致します。感覚の症状の場合、安全ピン等で痛覚をみたり、指を上下に動かしたり、歩いて戴いたりします。自律神経の症状の場合、ベッドサイドの診察では十分に捉えられない場合がありますので、立ちくらみ・膀胱直腸・いびきなどを別の日に細かく拝見致します。(認知症の受診については、下記リンクからご覧ください。)言語、認知などの症状の場合、ベッドサイドの診察では十分に捉えられない場合がありますので、心理言語などを別の日に細かく拝見致します)。

認知症

それらの結果、病気の場所と性質を決めるのに必要な検査が決まりますので、各種検査を予定致します(検査の数が多い場合は、検査入院をお勧めすることがあります)。診察と検査とを総合した結果、病名が決まり、各種の治療が始まります。症状が目立つ場合、これらと平行して、先に治療を始める場合もございます。根本治療がむずかしい病気(年齢的なせきついの変化など)の場合も、昨今の治療薬の進歩に伴い、適切な症状の改善薬のご相談に応じます。

各種の病気に関するQ& A

脳卒中とはどのような病気ですか? その治療はどのようにするのでしょうか?

パーキンソン病とはどのような病気ですか? その治療はどのようにするのでしょうか?

脳卒中、パーキンソン病を含めて、当ホームページでは、病気とその治療について、わかりやすく説明いたします。それぞれの項目をご覧下さいませ。

脳卒中

パーキンソン病

神経内科の代表的に病気について、毎年ほぼ同じ時期に、市民公開講座(勉強会・質問会) (歩行障害/パーキンソン病、頭痛、認知症など)を行っておりますので、どうぞご参加下さいませ。また、当ホームページでは、市民公開講座で使用した最近のスライドを掲載しておりますので、どうぞご覧下さいませ。

神経内科市民公開講座