神経内科
第51回日本脊髄障害医学会
第51回脊髄障害医学会のご報告と御礼
佐倉病院神経内科10周年・教授就任の会のご報告2017
東邦大学医療センター佐倉病院 内科学講座
東邦大学医療センター佐倉病院
認知症疾患医療センター

公開講座案内
メディア・書籍案内
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 神経内科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
Tel:043-462-8811(代表)

患者さんへ

対象疾患について

神経疾患全般の診断・治療を行っています

東邦大学医療センター佐倉病院 神経内科では、脳血管障害、パーキンソン病、アルツハイマー病、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、筋萎縮側索硬化症、脳炎、髄膜炎、多発性硬化症、てんかん、頚椎症、末梢神経炎、重症筋無力症、多発性筋炎、筋ジストロフィーなど、神経系(脳、脊髄、末梢神経、神経筋接合部、筋肉)に生じる疾患全般の外来診療および入院治療を行っています。

主な対象疾患と診断・治療の方法については下記リンク先をご覧ください。

病気と治療

当科の特徴について

パーキンソン病・多系統萎縮症・認知症の早期診断と治療に力を入れています

当科がとくに力を入れているのが、「パーキンソン病」「多系統萎縮症(脊髄小脳変性の1型)」「認知症」の早期診断と治療です。いずれも初期の段階では自覚症状があまりなく、病気が進行してから気がつくことが多い傾向があります。

そこで以下のような検査を行い、早期発見に努めています。
疾患名 主な検査方法
パーキンソン病 ニューロメラニン脳MRIおよび、MBG心筋シンチグラフィーを用いた検査
多系統萎縮症
(脊髄小脳変性の1型)
  • 脳MRIおよび、自律神経の詳細な検査
  • 括約筋筋電図、髄液αサイニュクレイン測定
認知症
  • もの忘れが気になり始めた方などのご相談に応じる「もの忘れ外来」(毎週金曜日午後1時~※かかりつけ医から要予約)を開設
  • 認知症状の有無と程度の診断→ミニ・メンタルテスト/長谷川式簡易認知症スケール、ADAScog(エイダス)/WAIS3(ウェイス)等の認知症スケール(心理検査)
  • 認知症の原因→MRI、脳血流SPECT(スペクト)

地域における取り組みについて

「歩行障害/パーキンソン病」「認知症」「頭痛/しびれ/めまい」などに関する市民公開講座を年3回開催しています

「地域で考えるケアと治療」というシリーズで、「歩行障害/パーキンソン病」「認知症」「頭痛/しびれ/めまい」など身近な神経の病気に関する市民公開講座を年3回、定期的に開催しています。当科の榊原隆次准教授をはじめ、当院の関連各科の医師や薬剤部、リハビリテーション部、看護部などの専門スタッフが一堂に介し、地域の方々に向けてトータルのケアや治療についてわかりやすく解説しています。

これまでの市民公開講座の様子などは、下記リンク先をご参照ください。

神経内科市民公開講座

また、今後の市民公開講座のスケジュールについては、下記リンク先をご参照ください。

お知らせ一覧

または、下記リンク先の「公開講座一覧」ページなどでご確認のうえ、お気軽にご参加ください。

佐倉病院サイト 公開講座一覧