神経内科
第51回日本脊髄障害医学会
第51回脊髄障害医学会のご報告と御礼
佐倉病院神経内科10周年・教授就任の会のご報告2017
東邦大学医療センター佐倉病院 内科学講座
東邦大学医療センター佐倉病院
認知症疾患医療センター

公開講座案内
メディア・書籍案内
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 神経内科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
Tel:043-462-8811(代表)

スタッフ紹介

榊原 隆次 (さかきばらりゅうじ)

榊原隆次
内科学神経内科 教授
Ryuji Sakakibara, MD, PhD
1984年 旭川医科大学卒業
1984年 千葉大学医学部神経内科
1992年 千葉大学大学院 医学博士取得
1993年 鹿島労災病院 神経内科部長
1997年 ロンドン大学神経研究所 客員研究員
2003年 千葉大学大学院医学研究院神経内科 講師
2007年3月 東邦大学医療センター佐倉病院 内科学神経内科 准教授
2016年4月 東邦大学医療センター佐倉病院 内科学神経内科 教授(になりました)
日本脊髄障害医学会理事、日本排尿機能学会理事、日本自律神経学会評議員、日本神経治療学会評議員、日本神経学会専門医、日本内科学会認定内科医、Committee Member of International Continence Society (ICS), Committee Member of International Consultation of Incontinence (ICI), Member of American Academy of Neurology, Association of British Neurologists, Movement Disorder Society, International Medical Society of Paraplegia, International Society for Autonomic Neuroscience, American Autonomic Society,など

岸 雅彦 (きしまさひこ) 

岸 雅彦
講師 
Masahiko Kishi, MD,PhD
1987年 東邦大学大橋病院第4内科(神経内科)助手
1999年 ペンシルバニア大学 客員研究員
2006年 国立病院機構宮崎東病院神経内科部長
2008年1月 東邦大学医療センター佐倉病院 内科学神経内科 講師
日本神経学会専門医、日本内科学会認定内科医、日本臨床神経生理学会認定医など
専門は神経筋疾患で、病棟および新患外来を担当頂いております(月曜、木曜)。

露崎 洋平 (つゆざきようへい) 

露崎洋平
医師(助教)
Yohei Tsuyusaki, MD
日本神経学会専門医
2011年10月から神経内科に来られた、期待の星です。病棟および新患外来を担当頂いております(木曜午前)。
2012年10月から助教。

舘野 冬樹 (たてのふゆき)

舘野冬樹
医師(助教)
Fuyuki Tateno, MD, PhD
日本神経学会専門医
2010年4月から神経内科に来られた、期待の星です。病棟および新患外来を担当頂いております(金曜午前)。
2014年4月から助教。

相羽 陽介 (あいばようすけ)

相羽 陽介
医師(レジデント)
Yosuke Aiba, MD
2014年10月から神経内科に来られた、期待の星です。病棟および新患外来を担当頂いております(火曜午前)。

大木 剛 (おおきたけし)

大木 剛
Takeshi Ooki, MD, PhD
日本神経学会専門医
2012年12月から、第2,4週水曜日、新患外来を担当頂いております。
(非常勤、2012年12月に佐倉市内で「みつば脳神経クリニック」神経内科開業をされておられます。)

舘野 昭彦 (たてのあきひこ) 

舘野昭彦
小児科教授
Akihiko Tateno, MD, PhD
日本小児科学会専門医、日本小児神経学会認定医、日本てんかん学会専門医など佐倉病院小児科学講座のチーフであられます。ご専門は小児神経学で、お忙しい中、神経内科再診外来をご担当頂いております(成人期に移行した自閉症などの小児神経疾患を含めて)(木曜午後)。

尾形 剛 (おがたつよし) 

尾形剛
臨床心理士
Tsuyoshi Ogata, Clinical Psychologist
4月から神経内科の心理検査(認知機能)などを週5日担当頂いております(月・火・水・金・土, 午前)。

治田 寛之 (はるたひろゆき) 

治田寛之
言語療法士
Hiroyuki Haruta, Speech Therapist
神経内科の心理検査(認知機能)、失語症検査、ビデオ診察に伴う機能評価表などを担当頂いております(毎日午前)。

これまでの研究生・在籍者

角山 邦子 (つのやま くにこ)
角山 邦子 (つのやま くにこ)
医師・研究生
Tsunoyama Kuniko, MD, PhD

東京女子医科大学大学院泌尿器科(田邉一成教授)の院生の方です。専門領域: 腎移植・排尿自律神経検査
2008年4月~2011年3月 私共の排尿系自律神経検査の研究に来られました(月曜~木曜)。素晴らしい先生で、排尿障害の重要な業績を挙げられ、惜しまれつつ異動されました。

  • How the Bladder Senses? A Five-Grade Measure. Tsunoyama K, Sakakibara R, Takahashi O, Sugiyama M, Uchiyama T, Tateno F, Kishi M, Tsuyusaki Y, Yamamoto T, Tanabe K. Low Urin Tract Symptoms. 2013 Jan;5(1):17-22.
  • Pathogenesis of reduced or increased bladder sensation. Tsunoyama K, Sakakibara R, Yamaguchi C, Uchiyama T, Yamamoto T, Yamanishi T, Takahashi O, Sugiyama M, Kishi M, Ogawa E. Neurourol Urodyn. 2011 Mar;30(3):339-43.

小川 恵美奈 (おがわ えみな)
小川 恵美奈 (おがわ えみな)
医師(レジデント)
Emina Ogawa, MD

2008年4月~2011年9月 東邦大学佐倉病院初期研修を経て、私共の内科学神経内科に入局されました。患者さんに優しい先生で、研究も行い、惜しまれつつ異動されました。

  • Crohn's disease and stroke in a young adult. Ogawa E, Sakakibara R, Yoshimatsu Y, Suzuki Y, Mouri T, Tateno F, Kishi M, Oda S, Imamura H. Intern Med. 2011;50(20):2407-8.
  • Pure isolated internuclear ophthalmoplegia. Ogawa E, Sakakibara R, Kishi M, Tateno F. Intern Med. 2011;50(16):1785.
  • Constipation triggered the malignant syndrome in Parkinson's disease. Ogawa E, Sakakibara R, Kishi M, Tateno F. Neurol Sci. 2012 Apr;33(2):347-50.
  • VGCC antibody-positive paraneoplastic cerebellar degeneration presenting with positioning vertigo. Ogawa E, Sakakibara R, Kawashima K, Yoshida T, Kishi M, Tateno F, Kataoka M, Kawashima T, Yamamoto M. Neurol Sci. 2011 Dec;32(6):1209-12.
  • Incidence of dehydration encephalopathy among patients with disturbed consciousness at a hospital emergency unit. Ogawa E, Sakakibara R, Endo K, Tateno F, Matsuzawa Y, Hosoe N, Kishi M, Shirai K. Clin Pract. 2011 Mar 31;1(1):e9. doi: 10.4081/cp.2011.e9.

舘野 広美 (たてのひろみ)
医師(レジデント)
Hiromi Tateno, MD,PhD
2015年4月~2017年3月、獨協医科大学神経内科から異動されました。