神経内科
第51回日本脊髄障害医学会
第51回脊髄障害医学会のご報告と御礼
佐倉病院神経内科10周年・教授就任の会のご報告2017
東邦大学医療センター佐倉病院 内科学講座
東邦大学医療センター佐倉病院
認知症疾患医療センター

公開講座案内
メディア・書籍案内
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 神経内科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
Tel:043-462-8811(代表)

第51回 日本脊髄障害医学会開催(2016/11/10・11)

平成28年(2016年)11月10日(木)・11日(金)の2日間、千葉幕張メッセ国際会議場において、副大会長の整形外科中川先生、脳神経外科長尾院長先生と共に、大会長として第51回日本脊髄障害医学会を開催させていただきました、佐倉病院神経内科の榊原隆次でございます。本大会を開催するにあたり、炭山理事長先生をはじめ、以前からお世話になっております大森病院、大橋病院、佐倉病院の整形外科・脳神経外科・神経内科・放射線科・泌尿器科・理学療法科その他の諸先輩、諸先生方に多大なるご協力を頂きました。本学会は、下にお示し致しますごとく、患者さんのために、学際的な性格を持つ学会でございます。本大会は、東邦大学の団結力があってこそ開催できた大会であり、この場をお借りしまして、心より御礼申し上げます。

皆様ご存じのパラリンピックは、脊髄障害(対麻痺、パラプレジア)とオリンピックに由来する名称で、昭和39年(1964年)11月、東京パラリンピックとして初めて使用されました。まもなく、本学会の前身である日本パラプレジア医学会第1回が、1965年に開催され、2002年に、現在の名称である、日本脊髄障害医学会に改められました。これまで50回の本学会の中で、神経内科による開催が2回ございます。1回目は第31回を、北里東病院の古和教授により、2回目は第41回を、千葉大学の服部教授により開催されました。神経内科からみますと、今回第51回は、10年振りの節目の年になります。

本学会は、脊髄障害を集学的に扱う学会です。臨床に携わるのは、整形外科、脳神経外科はもとより、神経内科、泌尿器科、リハビリテーション科、小児科、小児外科、その他と広汎です。疾患は、脊髄損傷を中心に、多発性硬化症・視神経脊髄炎、痙性対麻痺、小児の二分脊椎、高齢者の頚椎症等に及びます。関連学問領域は、神経画像、神経生理、薬理・化学・病理、再生医療その他にまたがる、学際的な学会といえます。患者さんからみますと、麻痺・痙性による歩行障害に加えて、しびれ/痛み、排尿/排便障害、立ちくらみ/呼吸不全という、生活の質に直結する障害をきたします。近年の高齢化を受け、高齢患者さんに特有の問題点も知られるようになってきました。

本大会のテーマは、「患者さん中心の脊髄医療 – 目の前の症状の改善にむけて - 」とさせて頂きました。一般演題数219題、参加人数500名強を賜り、大変うれしく思っております。公募プログラムには、ユニークなアイデアを多数頂戴しまして、朝8時からのモーニングレクチャー5つ、リレーレクチャー11、教育講演1と、若手先生に「役に立つ」レクチャーおよび座長を、大変お忙しい中、第一線の先生方にお願いすることができました。特別講演は、日本せきずい基金理事長 大濱眞様、私の恩師であるロンドン大学Queen Square教授Clare Fowler先生、私の友人であるアントワープ大学教授/国際脊髄学会会長Jean Jacques Wyndaele先生の3名の先生方にお願い致しました。

さて千葉県は、漁獲量日本一を誇るイセエビ、かずさ黒毛和牛をはじめ、おいしいものが沢山ございます。学会を通じて、参加された他大学の先生方からは、(懇親会を含め)プログラムが大変ユニークで充実しているとの評判を多数いただき、東邦大学を大きく打ち出すことができたように存じます。特に、参加された若手先生には、多いに勉強・交流する場となったのではないでしょうか。最後に、私たちを支えて下さった、佐倉病院内科、生理検査部、理学療法部の皆様、本年結成10周年を迎えます神経内科スタッフ、車椅子他の協賛企業様に、心より御礼申し上げます。

(文責 榊原隆次)
千葉幕張メッセ国際会議場
千葉幕張メッセ国際会議場

Jean Jacque Wyndaele教授の講演 「脊髄障害と国際脊髄学会」
Jean Jacque Wyndaele教授の講演 「脊髄障害と国際脊髄学会」

全員懇親会 前列左端Clare Fowler教授、右端筆者、隣Jean Jacque Wyndaele教授
全員懇親会 前列左端Clare Fowler教授、右端筆者、隣Jean Jacque Wyndaele教授