伝統の技術と最先端の医療、明日に向かって、前へ。
東邦大学医療センター佐倉病院眼科 関連リンク
English
東邦大学 教育・研究業績データベース【眼科学】

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院眼科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)

診療科のご案内

 

当科からのご挨拶

前野貴俊 教授
前野貴俊 教授
平成3年に竹内忍先生が初代教授として開設され、山本修一教授、佐藤幸裕教授、そして平成21年4月から前野が主宰しております。眼科疾患全般に対して診療をおこなっていますが、開設以来特に難治性網膜硝子体疾患に対する治療に力を入れており、千葉県内のみならず全国より重症の患者様を多数紹介頂いております。

平成25年の総手術件数は2116件で、約600件は糖尿病網膜症や網膜剝離といった網膜硝子体手術、約1300件は白内障手術、約200件は緑内障や外眼部手術で、高度手術の割合が高いのが特長です。手術成績も良好で、多くの患者様に喜んで頂いております。
加齢性黄斑変性症に対しては、従来のPDT(光線力学的療法)に加えて、平成20年よりVEGF(血管内皮細胞増殖因子)阻害剤による治療法も開始しました。
患者様に質の高い最良の医療を提供できる眼科臨床医の育成と、患者様に満足頂ける誠実な診療と最先端の治療をめざして努力していきたいと考えております。