Quality of Life (QOL)の向上を目指して
外来受付け変更のお知らせ
東邦大学医療センター佐倉病院整形外科 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 整形外科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)

診療実績

運動器疾患(骨・関節・脊椎のけがや病気)が悪化すると、日常生活や仕事に支障をきたし、生活の質の低下をきたします。高齢化社会において、運動器疾患に対して適切な治療を行うことは極めて重要なことです。当科では、急性のけがに対する救急治療から、慢性の骨・関節・脊椎の病気に対する専門的治療まで、整形外科の幅広い領域において最先端の医療を行なっています。ここでは特に、膝関節の疾患、リウマチ性疾患、脊椎の疾患の治療に関してご紹介いたします。

膝関節の疾患

膝はスポーツによるけがの最も多い関節です。けがには骨折、半月板損傷、靭帯損傷などがあります。その程度によっては手術が必要となり、当科では関節鏡視下の半月板手術、靭帯形成術などを多く行なっています。また、膝は加齢に伴う変形性関節症が最も多く発生する関節でもあります。変形性膝関節症に対しては、薬による治療、運動療法、装具療法をまず行いますが、症状が強い場合は手術を行います。手術には、関節鏡視下手術、骨切り術、人工関節置換術などがあり、膝の状態を詳しく検査した上で最も良い方法を選択しています。

リウマチ性疾患

リウマチは免疫の異常により関節に炎症が起きる病気です。進行すれば関節の変形や破壊を来たしてしまいます。最近は新しい薬(生物製剤)が登場し、早期に炎症を押さえ込むことが可能となってきました。当科では患者様の病状に応じて適切な薬を選択し、積極的な治療を行っています。また、すでに変形・破壊が進行してしまった関節に対しては、関節機能回復を目的とした手術も考慮します。手術としては、主に人工関節置換術、手足形成術などを行なっています。

脊椎の疾患

脊椎は体をささえる柱としての役割のほかに、脊柱管という骨のトンネル構造をもっていて、その中に大切な神経が通っています。その神経が病気により圧迫されると、手足のしびれや痛み、場合によっては運動・感覚の麻痺(まひ)が出現します。代表的な疾患に、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頸椎症性脊髄症、脊椎側弯症、そして骨粗鬆症に伴う骨折などがあります。症状が強い場合には、神経ブロックという特殊な注射や手術療法を行います。当科では、椎間板ヘルニア摘出術(内視鏡視下手術含む)、脊椎除圧固定術、椎弓形成術、脊椎側弯症手術などの手術を多く行なっています。

運動器低侵襲治療センター

平成24年より「運動器低侵襲治療センター」を立ち上げました。低侵襲治療とは、単に小さい創で手術をすることではなく、できる限り手術をしないで治す(保存療法)よう努め、その上で手術が必要かどうかを十分吟味し(適切な手術適応)、患者様の身体により負担の少ない方法で手術を行う(低侵襲手術)ことです。当科では、十分に適応を考えて最新の低侵襲手術を行なっています。特に膝関節鏡手術、脊椎内視鏡手術の症例が多く、良好な成績が得られています。

当科の手術治療実績

2017年度手術実績(2017年4月~2018年3月)

総数687件
内訳
人工膝関節置換術、再置換術122件
人工股関節置換術、再置換術35件
人工肘関節置換術1件
膝(高位脛骨)骨切り術8件
膝関節鏡視下手術124件
(内、靭帯再建術)(32件)
自家軟骨培養移植術2件
脊椎手術68件
足関節、足、足趾手術(外傷を除く)10件
大腿骨近位部骨折骨接合術、人工骨頭挿入術64件
上肢・下肢骨折、脱臼、腱損傷などの外傷手術120件
その他133件