学術活動
外来担当表 医局員の方へ

東邦大学医療センター
佐倉病院 小児科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)

学術活動

 

小児神経疾患・心身症

けいれん性疾患、発達障害(自閉スペクトラム症、ADHD等)、不随意運動、慢性頭痛、キャーリー・オーバー化した神経疾患、重症筋無力症などの筋疾患、小児心身症などを対象として臨床研究を行っている。新生児一過性重症筋無力症についての論文や胸腺摘出した症例報告、DRPLAについての解説を投稿した。学会報告は、成人期に移行するてんかん再発例について報告した。当小児科は10年余に渡り、神経内科的疾患や小児期からのキャリー・オーバー疾患の診療を行っており、神経内科グループとのカンファランスを行い、変性疾患、けいれん性疾患、中枢神経感染症などに関する論文発表も行った。院内に於ける佐倉精神神経セミナーにも世話人として参加し、発表を毎回行っている。

腎・泌尿器疾患

腎疾患のみならず、中枢神経疾患に伴う腎病変を伴うものなどの報告を行った。多発性腎嚢胞症や結節性硬化症の腎病変・治療などについて論文発表を行った。種々の腎疾患について症例報告を行った。小児腎移植後の成長・発達の研究も継続して行っている。

新生児疾患

特殊な染色体異常症の学会報告をした。

感染症・ワクチン等

感染症の領域では、B型・C型肝炎に関する論文発表が多い。治療および予防に言及する発表・論文が数多くなされた。とくにB型肝炎に関する診断およびワクチン戦略に関する業績は国内・国外を問わず評価され、招待講演も複数回行った。

小児救急システム関連

印旛市郡小児初期急病診療所の運営および安全管理に関する取り組みを行い、印旛市郡エリアの一次・二次救急のコントロールを行ってきたが、学会および論文発表はなかった。

その他

北総てんかん懇話会、城南神経懇話会、その他勉強会・懇話会の運営を行い、地域を巻き込んだ勉強会では、発達障害などの講演も行った。

研究業績