専門医による最新機器を用いた最適な診療を

腹腔鏡・腫瘍外来

腎がんや尿路上皮がんなどに対する腹腔鏡手術や薬物治療を行っています
診療日時 担当医
月曜日 13:00~16:00 矢野 仁 講師
上島修一 助教
遠藤 匠 助教
米田 慧 レジデント
水曜日 13:00~16:00 鈴木啓悦 教授
矢野 仁 講師
若井 健 レジデント
木曜日 13:00~16:00 神谷直人 准教授
米田 慧 レジデント
金曜日 13:00~16:00 鈴木啓悦 教授
神谷直人 准教授
上島修一 助教
遠藤 匠 助教
宋本尚俊 レジデント

主な治療

  • 手術(腹腔鏡・開腹)
  • 薬物療法(抗がん剤・分子標的薬)

特色

日本泌尿器内視鏡学会の泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本内視鏡外科学会の腹腔鏡技術認定医の資格をもつ医師が中心となり、泌尿器系の悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術を積極的に行っています。小さな傷でCO2での気腹した状態で手術を行うため出血も最小限に抑えられるなど、患者さんの身体への負担が少なく、術後の回復も早いことが腹腔鏡手術の大きな利点です。腎機能を温存可能な腎部分切除術や膀胱全摘除術における腸管を利用した代用膀胱増設も症例に応じて行っております。
また、進行がんには抗がん剤・分子標的薬による化学療法を導入するなど、患者さんの病状に応じて集学的治療を行っています。