ホーム > 活動内容 > 2015年度 > プロジェクト > 【プロジェクト】「広げよう! 東邦ナースの輪」 第5回インタビュー

トピックス

後期開講講座、追加募集します!

一部講座について追加募集いたします。定員に達し次第締め切ります。お早目にお申し込みください!
トピックス

お問い合わせ先

東邦大学
看護キャリア支援センター
〒143-0015
東京都大田区大森西4-16-20
TEL:03-3762-9890
FAX:03-3762-9896

【プロジェクト】「広げよう! 東邦ナースの輪」 第5回インタビュー

東邦看護の実践者であり、看護キャリア支援センターの講師でもある方々をご紹介する企画です。

打ち合わせや実際の講義を展開していく過程で講師たちの創意工夫、さまざまな受講者への対応力などその能力の高さに驚きの連続でした。聞くと「あの先輩に励まされた」「後輩に背中を押された」など学ぶきっかけ、キャリアアップのきっかけが「人」であることが多いと感じました。

そこで、東邦看護の仲間の輪をひろげる企画を立ち上げ、当センターの講師陣をスタートに「広げよう!東邦ナースの輪」作戦を開始します!

第5回は、東邦大学医療センター佐倉病院 看護相談室 師長 林 弥生さんをご紹介します。
林弥生さんは、現在、東邦大学医療センター佐倉病院の「看護相談室」の師長として活躍されています。患者さんが住み慣れた地域で自分が望む生活を長く続けていけるよう、地域と病院の橋渡しとして活動され、病院の枠に収まることなくいつもパワフルに動き回っています。患者さんの退院調整においていくつもの難しい事例に向き合っていますが、なぜかゆとりがあります。そのゆとりはどこから来ているのでしょうか。林さんがどのようにご自身の土台を作ってきたのか、どのような経験を学びに変えてきたのか伺いました。