ホーム > 【講座】C3.3病院の結束—主任編ー第1回 開講報告

トピックス

後期開講講座、追加募集します!

一部講座について追加募集いたします。定員に達し次第締め切ります。お早目にお申し込みください!
トピックス

お問い合わせ先

東邦大学
看護キャリア支援センター
〒143-0015
東京都大田区大森西4-16-20
TEL:03-3762-9890
FAX:03-3762-9896

【講座】C3.3病院の結束—主任編ー第1回 開講報告

 

【講座】C3.3病院の結束—主任編ー第1回 を開講しました

【日時】7月20日(木)10:00~16:00 
【会場】佐倉病院7階講堂1・2
【受講者数】14名(大森6名、大橋3名、佐倉5名)

【講師】
 長尾 建樹  東邦大学医療センター佐倉病院 病院長 教授 博士(医学)
 高橋 初枝  東邦大学医療センター佐倉病院 副院長兼看護部長 認定看護管理者

【アドバイザー】
 畑中 晃子  東邦大学医療センター大森病院 副看護部長
 大森 礼織  東邦大学医療センター大橋病院 副看護部長
 栂野 加寿枝 東邦大学医療センター佐倉病院 副看護部長
 中 章江   看護キャリア支援センター 副センター長
 
【講座内容】講義とグループ討議
1.講義 「大学理念と病院理念、目指す医療と経営的視点」(長尾)
 「再現性を重視しデータをもとに論理的に思考することの大切さ」を分かりやすくお話しいただいた。
2.講義 「病院理念と看護理念、目指す看護」(髙橋)
 マネジメントの基本を人材育成を中心にお話しいただき、組織の要である師長補佐に期待されることをお話しいただいた。
3.討議  「スタッフのための環境調整−師長補佐としての取り組み(紹介と質問)」
 事前課題レポートを横井センター長が読み解き、明らかにしたほうが良い点などを受講者一人一人に伝えた。その後4グループに分かれ、2回目までにどのように活動するか、不明な点を明らかにするか、アドバイザーやグループメンバーとともに各々の課題の取り組みへの方向性を確認した。