トップページ > 研究紹介

お問い合わせ・連絡先

東邦大学
看護学部 公衆衛生看護学研究室

〒143-0015
東京都大田区大森西4-16-20
TEL 03-3762-9881

研究紹介

 

大切なのは地域の人を支えて一緒に問題を解決すること

「保健師」は主に市町村役場や保健所に所属し、地域の住民の健康を守る役割を担っています。
急速に高齢化が進むなか、地域住民が自分たちで健康増進や病気の予防に取り組むことが重要になってきています。保健師はそのような健康意識を高め、住民たちの活動をサポートしていくことが基本的な仕事です。また、子育て支援グループをサポートして子ども同士、親同士の交流を深めたり、在宅医療や在宅介護に関わるシステムづくりなど、その仕事の幅は大きく広がっています。そこで、保健師にとって大切なのは、地域の人たちが何を望んでいるか、地域にどんな健康課題があるのかを知ることです。また、さまざまな疾病と生涯にわたる人間の成長発達について、広く、深く理解することも必要です。そのうえで健康課題と生活・環境などとの関連を総合的にとらえ、住民と一緒に解決していくことを活動の中心としています。

地域全体を考えたプランを行政に提言する力も必要

保健師の活動は、自殺予防・メタボリックシンドローム対策など時代のニーズによって柔軟に対応していくことが求められています。同時に、地域全体を考えた政策プランを行政に提言できる能力も身につけることが必要です。このような背景から保健師課程は全国的に選抜制になってきており、本校でも平成23年度入学生から選抜制になりました。平成24 年度からは保健師基礎教育の修業年限は半年から1年間に改正され、履修単位数も増加するなど、より高度かつ専門的な能力が求められていると言えます。
公衆衛生看護学実習では、大田区内の小中学校をはじめとして、航空会社や工場併設の企業、健保組合などでの実習も取り入れています。働く人や児童生徒の健康管理や疾病予防にかかわる専門職としての視点を学ぶ機会も大切にしています。
保健師は地域に住む人たちの 「人生」に寄り添うやりがいのある仕事です。