トップページ > 研究紹介

お問い合わせ・連絡先

東邦大学
看護学部 がん看護学研究室

〒143-0015
東京都大田区大森西4-16-20
TEL 03-3762-9236

研究紹介

 

がん患者とその家族の精神的苦痛に対する支援

がんを発症されることは、患者さんやご家族にとって、身体面への影響とともに、こころにも大きな衝撃となります。そのようなこころのつらさとはどのようなものであり、どのような視点でアセスメントし、どのようなケアができるのか、といった実践ケアを探究しています。

家族性腫瘍の患者とその家族をサポートするケアの探究

家族性腫瘍(遺伝性腫瘍)の特徴として若年(50歳以前)でがんを発症してしまうことが多いのですが、若い年代ではがん検診を受けることが少ないため、発見された時には手遅れの状況にあることもあります。このような家族性腫瘍(遺伝性腫瘍)の家系の方々を若年発症によるがん死亡から救うための知識の普及などを行っています。また、近年の分子遺伝学の発展による遺伝子診断という選択肢がもたらす精神的な影響について明らかにし、実際のサポートに役立てています。