トップページ > 担当講義科目

担当講義科目

 

博士前期課程

がん看護学特論Ⅰ

がんの分子生物学、遺伝学、免疫学、病理学などを含む病態生理学の基礎から臨床までの広範な知見とがん疫学の最新の情報について、その分野を牽引されている講師陣から講義を受けます。

がん看護学特論Ⅱ

がん看護に関する代表的な概念について理解を深め、論文のクリティークを通して概念の実践への応用を検討することができるよう進めていく。

がん看護学特論Ⅲ

人々が身体に現れた症状をどのように認知するのか、症状の体験の理解とそのマネジメントの考え方、評価の方法について、セルフケア理論を基盤としている症状マネジメントモデルをもとに理解する。また、がんそのものやがん治療にともなって生じる症状について発現メカニズムを理解し、がんとともに生きる患者や家族が体験する苦痛の緩和のための看護学的アプローチを探究する。

がん看護学特論Ⅳ

がんの療養過程全般および遺族に対する継続看護について文献をクリティークして考察し、各自のサブスペシャリティ領域での継続看護に関する科学的・系統的な支援方法を探求する

がん看護学演習Ⅰ

死亡原因上位を占める肺がん、乳がん、大腸がん、造血器腫瘍などの代表的な疾患を中心に科学的根拠に基づいた最新の治療方法に関する知識(手術療法、薬物療法、放射線療法、緩和ケアなど)を学び、知識を深める。

がん看護学演習Ⅱ

治療中の患者および家族やがんサバイバーの生活の質を高めるための身体的・心理的・社会的かつ多角的な視点でがんリハビリテーション看護の方略を探究する。

がん看護学演習Ⅲ

通院治療や在宅療養を受ける患者の治療継続に関する医学的判断を学び、ケア(care)とキュア(cure)を融合させた高度な知識と技術について習得し看護実践として提供できる能力を養う。また、高度看護実践のあり方について講義、文献検討、演習、事例検討などを通して探究する。
専門看護師の重要な役割であるコンサルテーションに関する概念・技術を習得する。また、各学生の専門領域におけるコンサルテーションを実施する際の課題について検討し、事例を批判的に吟味しながら実践活動に応用できる能力を習得する。

成人看護学特論Ⅱ

成人期の様々な健康状態にある人および家族を理解するための諸理論や概念について学ぶ。また、論文のクリティークを通して概念の実践への応用を探求する。

成人看護学演習Ⅱ

成人看護の研究に関して、そのテーマ、研究方法、研究結果等を批判的に分析し、成人看護研究のあり方を検討する中で看護介入方法を発展させていく能力を探求する。また、文献レビュー、論文クリティークを通して概念の実践への応用を探求し、自身の研究テーマおよび研究方法を具体化する。

高度看護実践実習

看護学特別研究

複雑な健康問題をもった対象の身体状況の査定と臨床判断に必要な基礎的な知識・技術を習得する。また、現在臨床実践を行っている各分野のエキスパートの指導を受けて、系統的・統合的なフィジカルアセスメントを実践する能力を習得する。

博士後期課程

  • がん看護学特講
  • がん看護学演習
  • 看護学特別研究