トップページ > 研究業績
研究室メンバー専用

お問い合わせ・連絡先

東邦大学薬学部
薬品分析学教室

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
東邦大学薬学部 薬品分析学教室
e-mail: t-fukushima[ここに@]phar.toho-u.ac.jp

または、
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部入試広報課
TEL 047-472-0666

研究業績

 
原著論文 (2009年以降)

英文原著論文

  1. Sakamoto T, Onuma R, Furukawa S, Hayasaka A, Onozato M, Nakazawa H, Iizuka H, Ichiba H, Fukushima T: Liquid chromatography-mass spectrometry with triazole-bonded stationary phase for N-methyl-D-aspartate receptor-related amino acids: Development and application in microdialysis studies. Anal Bioanal Chem. in press.
  2. Onozato M, Nakazawa H, Ishimaru K, Nagashima C, Fukumoto M, Hakariya H, Sakamoto T, Ichiba H, Fukushima T: D-Serine levels in rat plasma and striatum following D-serine administration and their nicergoline-induced alterations: an in vivo microdialysis study. Heliyon. in press.
  3. Matsumoto Y, Niwa M, Mouri A, Noda Y, Fukushima T, Ozaki N, Nabeshima T: Adolescent stress leads to glutamatergic disturbance through dopaminergic abnormalities in the prefrontal cortex of genetically vulnerable mice. Psychopharmacol. in press.
  4. Iizuka H, Harashima T, Takahashi S, Kuwabara R, Naito Y, Sakamoto T, Onozato M, Ichiba H, Fukushima T: Chromatographic profiles of tryptophan and kynurenine enantiomers derivatized with (S)-4-(3-isothiocyanatopyrrolidin-1-yl)-7-(N,N-dimethylaminosulfonyl)-2,1,3-benzoxadiazole using LC-MS/MS on a triazole-bonded column. Chirality. in press.
  5. Onozato M, Ishimaru K, Nagashima C, Fukumoto M, Nakazawa H, Shishikura M, Sakamoto T, Iizuka H, Ichiba H, Fukushima T: S-Methyl-L-cysteine levels in plasma and striatum following its intraperitoneal administration and the effects on striatal D-serine levels in rats: an in vivo microdialysis study. Research & Reviews: Journal of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences. 5: 57-63, 2016.
  6. Onozato M, Nakazawa H, Hakariya H, Shishikura M, Nagashima C, Ishimaru K, Sakamoto T, Iizuka H, Ichiba H, Fukushima T: Effect of risperidone on plasma D-serine concentration in rats post-administered with D-serine. Life Sci. 158: 98-103, 2016.
  7. Onozato M, Nishigaki A, Okoshi K: Polycyclic aromatic hydrocarbons in sediments and bivalves on the pacific coast of Japan: Influence of tsunami and fire.  PLoS One. 11(5): e0156447, 2016. 
  8. Takahashi S, Iizuka H, Kuwabara R, Naito Y, Sakamoto T, Miyagi A, Onozato M, Ichiba H, Fukushima T: Determination of L-tryptophan and L-kynurenine derivatized with (R)-4-(3-isothiocyanatopyrrolidin-1-yl)-7-(N,N-dimethylaminosulfonyl)- 2,1,3-benzoxadiazole by LC-MS/MS on a triazole-bonded column and their quantification in human serum. Biomed Chromatogr.  30: 1481-1486, 2016. 
  9. Sakamoto T, Kuwabara R, Takahashi S, Onozato M, Ichiba H, Iizuka H, Fukushima T: Determination of D-serine in human serum by LC-MS/MS using a triazole-bonded column after pre-column derivatization with (S)-4-(3-isothiocyanatopyrrolidin-1-yl)-7-(N,N-dimethylamino sulfonyl)-2,1,3-benzoxadiazole. Anal Bioanal Chem. 408: 517-526, 2016.
  10. Iwasaki M, Kashiwaguma Y, Nagashima C, Izumi M, Uekusa A, Iwasa S, Onozato M, Ichiba H, Fukushima T: A high-performance liquid chromatography assay with a triazole-bonded column for evaluation of D-amino acid oxidase activity. Biomed Chromatogr. 30: 384-389, 2016.
  11. Toriumi K, Mamiya T, Song Z,  Honjo T,  Watanabe H, Tanaka J,  Kondo M, Mouri A,  Kim HC, Nitta A, Fukushima T, Nabeshima T: Deletion of SHATI/NAT8L decreases the N-acetylaspartate content in the brain and induces behavioral deficits, which can be ameliorated by administering N-acetylaspartate. Eur Neuropsychopharmacol. 25: 2108-2017, 2015. 
  12. Ichiba H, Yonei M, Sakamoto T, Kuwayama H, Hamada Y, Yamada H, Onozato M, Hiruta T, Nakagawa H, Fukushima T: Development of a selective fluorescent ligand for aluminum ion having a 6-chloro-pyridazine moiety. Inorganica Chimica Acta.435: 53-59, 2015.
  13. Onozato M, Nishikiori M, Iizuka H, Ichiba H, Sadamoto K, Fukushima T :Determination of sex-based differences in serum γ-linoleic acid and dihomo-γ-linoleic acid using gas chromatography-mass spectrometry. J Chromatogr B. 997: 116-121, 2015.
  14. FukushimaT, Taniguchi E, Yamada H, Kato K, Shimizu A, Nishiguchi Y, Onozato M, Ichiba H, Azuma Y: Anti-proliferative effect of Fe (III) complexed with 1-(2-hydroxy-3-methoxybenzaldehyde)-4-aminosalicylhydrazone in HepG2 cells. BioMetals. 28 (4): 669-677, 2015.
  15. Fukushima T, Sugiura A, Furuta I, Iwasa S, Iizuka H, Ichiba H, Onozato M, Hikawa H, Yokoyama Y: Enantiomeric separation of monosubstituted tryptophan derivatives and metabolites by HPLC with a Cinchona alkaloid-based zwitterionic chiral stationary phase and its application to the evaluation of the optical purity of synthesized 6-chloro-L-tryptophan.  Int J Tryptophan Res. 8: 1-5, 2015.
  16. Nishikiori M, Iizuka H, Ichiba H, Sadamoto K, Fukushima T: Determination of free fatty acids in human serum by HPLC with fluorescence detection.  J Chromatogr Sci. 53(4): 537-541, 2015.
  17. Fukushima T, Iizuka H, Yokota A, Suzuki T, Ohno C, Kono Y, Nishikiori M, Seki A, Ichiba H, Watanabe Y, Hongo S, Utsunomiya M, Nakatani M, Sadamoto K, Yoshio T: Quantitative analyses of schizophrenia-associated metabolites in serum: Serum D-lactate levels are negatively correlated with gamma-glutamylcysteine in medicated schizophrenia patients.  PLoS One. e101652, 2014.
  18. Shishikura M, Hakariya H,  Iwasa S, Yoshio T, Ichiba H, Yorita K, Fukui K, Fukushima T: Evaluation of human D-amino acid oxidase inhibition by anti-psychotic drugs in vitro. Biosci Trends. 8(3): 149-154, 2014.
  19. Kono Y, Iizuka H, Isokawa M, Tsunoda M, Ichiba H, Sadamoto K, Fukushima T: HPLC-fluorescence determination of thiol compounds in the serum of human male and female subjects using HILIC-mode column. Biomed Chromatogr.  28(5): 589-593, 2014.
  20. Toriumi K, Kondo M, Nagai T, Hashimoto R, Ohi K, Song Z, Tanaka J, Mouri A, Koseki T, Yamamori H, Furukawa-Hibi Y, Mamiya T, Fukushima T, Takeda M, Nitta A, Yamada K, Nabeshima T: Deletion of SHATI/NAT8L increases dopamine D1 receptor on the cell surface in the nucleus accumbens, accelerating methamphetamine dependence.  Int J Neuropsychopharmacol. 17  (3): 443-453, 2014.
  21. Owada Y, Takahashi M, Iwasa S, Ichiba H, Sadamoto K, Fukushima T: Enantiomeric separation of tolperisone and eperisone by reversed-phase HPLC with cellulose tris(3-chloro-4-methylphenylcarbamate)-coated chiral column.  Biomed Chromatogr. 28(1): 102-1052014.
  22. Nishiguchi Y, Kitamura K, Watanabe N, Kozaki A, Otani H, Ohashi H, Kume M, Haruta N, Iwasa S, Fukushima T: An improved quantitative real-time PCR protocol for precisely measuring D-amino acid oxidase mRNA in rat tissues. Int J Anal Bio-Sci. 1(1): 37-44, 2013.
  23. Iizuka H, Watanabe S, Koshikawa M, Matsumoto Y, Aoyama Y, Ichiba H, Nabeshima T, Fukushima T: Decreased L-tryptophan concentration in distinctive brain regions of mice treated repeatedly with phencyclidine. 
    Anal Bioanal Chem. 405: 8137-8141, 2013.
  24. Ohashi H, Iizuka H, Yoshihara S, Otani H, Kume M, Sadamoto K, Ichiba H, Fukushima T: Determination of L-tryptophan and L-kynurenine in human serum by using LC-MS after derivatization with (R)-DBD-PyNCS.
    Int J Tryptophan Res. 6: 9-14, 2013.
  25. Kozaki A, Iwasa S, Hosoda S, Nishiguchi Y, Nakayama M, Ichiba H, Fukushima T: Fluorimetric assay for D-amino acid oxidase activity in rat brain homogenate by using D-kynurenine as a substrate.  Biosci Trends 6(5): 241-247, 2012.
  26. Yoshihara S, Otani H, Tsunoda M, Ishii K, Iizuka H, Ichiba H, Fukushima T: Alterations in extracellular tryptophan and dopamine concentrations in rat striatum following peripheral administration of D- and L-tryptophan: An in vivo microdialysis study.  Neurosci lett 526: 74-78, 2012.
  27. Higashi T, Kawasaki M, Tadokoro H, Ogawa S, Tsutsui H, Fukushima T, Toyo'oka T: Derivatization of chiral carboxylic acids with (S)-anabasine for increasing detectability and enantiomeric separation in LC/ESI-MS/MS
    J Separation Sci. 35: 2840-2846, 2012.
  28. Ichiba H, Hanami K, Yagasaki K, Tanaka M, Ito H, Fukushima T:      A novel flow-injection analysis system for evaluation of antioxidants by using sodium dichloroisocyanurate as a source of hypochlorite anion.  Drug Discoveries Ther. 6(1): 44-48, 2012.
  29. Yamada H, Kojo M, Nakahara T, Murakami K, Kakima T, Ichiba H, Yajima T, Fukushima T: Development of a fluorescent chelating ligand for scandium ion having a Schiff base moiety. Spectrochim Acta Part A 90: 72-77, 2012.
  30. Song Z, Ge D, Ishii K, Yamada H, Toriumi K, Watanabe H, Nabeshima T, Fukushima T: Determination of N-acetylaspartic acid concentration in the mouse brain using HPLC with fluorescence detection.  Biomed Chromatogr 26: 147-151, 2012.
  31. Haruta N, Iizuka H, Ishii K, Yoshihara S, Ichiba H, Fukushima T: Alteration in the plasma concentration of a DAAO inhibitor, 3-methylpyrazole-5-carboxylic acid, in the ketamine-treated rats and the influence on the pharmacokinetics of plasma D-tryptophan. Proc Jpn Acad Ser B 87: 641-648, 2011.
  32. Hsu WY, Kuo CY, Fukushima T, Imai K, Chen CM, Lin PY, Lee JA: Enantioselective determination of 3-hydroxybutyrate in the tissues of normal and streptozotocin-induced diabetic rats of different ages.  J Chromatogr B 879: 3331-3336, 2011.
  33. Iwasa S, Tabara H, Song Z, Nakabayashi M, Yokoyama Y, Fukushima T: Inhibition of D-amino acid oxidase activity by antipsychotic drugs evaluated by a fluorometric assay using D-kynurenine as substrate. Yakugaku Zasshi 131: 1111-1116, 2011.
  34. Iizuka H, Ishii K, Hirasa Y, Kubo K, Fukushima T: Fluorescence determination of D- and L-tryptophan concentrations in rat plasma following administration of tryptophan enantiomers using HPLC with pre-column derivatization.  J Chromatogr B 879: 3208-3213, 2011.
  35. Ishii K, Iizuka H, Ogaya T, Song Z, Fukushima T: Comparative study on kynurenic acid production in the rat striatum by tryptophan enantiomers: an in vivo microdialysis study. Chirality 23: E12–E15, 2011.
  36. Iizuka H, Hirasa Y, Kubo K, Ishii K, Toyo’oka T, Fukushima T:   Enantiomeric separation of D, L-tryptophan and D, L-kynurenine by HPLC using pre-column fluorescence derivatization with R(-)-DBD-PyNCS. Biomed Chromatogr 25: 743-747, 2011.
  37. Nakamoto M, Ishigouoka H, Sato K, Yamauchi T, Tonogi M, Yamane G, Tanaka Y, Ichiba H, Fukushima T, Inouye Y: Feasibility of bioavailability testing by simultaneous determination of serum concentrations of tegafur and 5-fluorour acil after TS-1 oral or tube administration for chemotherapy in oral cancer patients. J Health Sci 56: 684-689, 2010.
  38. Higashi T, Ichikawa T, Inagaki S, Min JZ, Fukushima T, Toyo’oka T: Simple and practical derivatization procedure for enhanced detection of carboxylic acids in liquid chromatography–electrospray ionization-tandem mass spectrometry. J Pharm Biomed Anal 52: 809–818, 2010.
  39. Yamada H, Shirai A, Kato K, Kimura J, Ichiba H, Yajima T, Fukushima T: Development of a quinazoline-based chelating ligand for zinc ion and its application to validation of a zinc-ion-coordinated compound. Chem Pharm Bull 58: 875-878, 2010.
  40. Song Z, Ogaya T, Ishii K, Ichiba H, Iizuka H, Fukushima T: Utilization of kynurenic acid produced from D-kynurenine in an in vitro assay of D-amino acid oxidase activity.  J Health Sci 56: 341-346, 2010.
  41. Ishii K, Ogaya T, Song Z, Iizuka H, Fukushima T: Changes in the plasma concentrations of D-kynurenine and kynurenic acid in rats after intraperitoneal administration of tryptophan enantiomers. Chirality 22: 901-906, 2010.
  42. Ichiba H, Nakamoto M, Yajima T, Takayama M, Fukushima T: Analysis of oxidation process of cholecystokinin octapeptide with reactive oxygen species by high-performance liquid chromatography and subsequent electrospray ionization mass spectrometry. Biomed Chromatogr 24: 140-147, 2010
  43. Iizuka H, Obata K, Yajima T, Ichiba H, Fukushima T: Development of a fluorimetric detection method for cinnabarinic acid using ortho-tolyl hydrazine as the derivatization reagent. Biomed Chromatogr 24: 231-234, 2010
  44. Sasaki T, Fukushima T, Yamashita K, Toyo'oka T: Stereoselective effect of kynurenine enantiomers on the excretion of serotonin and its metabolite in rat urine. Chirality 22: 258-261, 2010
  45. Tomiya M, Fukushima T, Ogaya T, Sone Y, Mitsuhashi S, Toyo'oka T: Determination of kynurenic acid levels in rat brain microdialysis samples and changes in kynurenic acid levels induced by N-acetylaspartic acid. Biomed Chromatogr 24: 569-573, 2010
  46. Ogaya T, Song Z, Ishii K, Fukushima T: Changes in extracellular kynurenic acid concentrations in rat prefrontal cortex after D-kynurenine infusion: An in vivo microdialysis study. Neurochem Res 35: 559-563, 2010
  47. Ichiba H, Ogawa T, Yajima T, Fukushima T: Analysis of hydroxyl radical-induced oxidation process of glucagon by reversed-phase HPLC and ESI-MS/MS. Biomed Chromatogr 23 : 1051-1058, 2009
  48. Ichiba H, Nakamoto M, Yajima T, Fukushima T: In Vitro Binding Assay of 31Methionine-oxidized Cholesystokinin Octapeptide to the CCKB Receptor. J Health Sci 55: 636-640, 2009
  49. Iwasa S, Enomoto A, Onoue S, Nakai M, Yajima T, Fukushima T: Chromatographic Analysis of Conformationally Changed Insulin and Its Cytotoxic Effect on PC12 Cells. J Health Sci 55: 825-831, 2009
  50. Fukushima T, Sone Y, Mitsuhashi S, Tomiya M, Toyo'oka T: Alteration of kynurenic acid concentration in rat plasma following optically pure kynurenine administration: a comparative study between enantiomers. Chirality 21: 468-472, 2009
  51. Yamashita K, Fukushima T, Sasaki T, Arai K, Toyo'oka T: Enantiomeric separation of D- and L-serine using high-performance liquid chromatography with electrochemical detection following pre-column diastereomer derivatization. Biomed Chromatogr 23: 793-797, 2009
  52. Kimura J, Yamada H, Ogura H, Yajima T, Fukushima T: Development of a fluorescent chelating ligand for gallium ion having a quinazoline structure with two Schiff base moieties. Anal Chim Acta 635: 207-213, 2009
  53. Kimura J, Yamada H, Yajima T, Fukushima T: Enhancement effect of some phosphorylated compounds on fluorescence of quinazoline-based chelating ligand complexed with gallium ion. J Lumin 129: 1362-1365, 2009
  54. Santa T, Al-Dirbashi OY, Yoshikado T, Fukushima T, Imai K: Synthesis of benzofurazan derivatization reagents for short chain carboxylic acids in liquid chromatography /electrospray ionization-tandem mass spectrometry (LC/ESI-MS/MS). Biomed Chromatogr 23: 443-446, 2009
  55. Inagaki S, Makino H, Fukushima T, Min JZ, Toyo'oka T: Rapid detection of ketamine and norketamine in rat hair using micropulverized extraction and ultra-performance liquid chromatography -electrospray ionization mass spectrometry Biomed Chromatogr 23: 1245-1250, 2009

和文原著論文

  1. 折目郁乃,浦 裕之,高橋瑞穂,山田 博,福島 健,定本清美: バルプロ酸ナトリウム非発酵性シロップ剤の研究 ~付加価値としての非齲蝕性甘味料の提案~ ジェネリック研究 5: 039-045, 2011
  2. 岩佐澄子,古澤和也,伊藤由紀子,宮崎夏帆,佐野君芳,矢島毅彦,福島 健:ウリナスタチンの安定性について —トリプシン阻害活性とエラスターゼ阻害活性— 医薬品研究(財 日本公定書協会)40: 716-722, 2009
  3. 中本 未央, 佐藤 一道, 山内 智博, 森崎 重規, 外木 守雄, 山根 源之, 田中 陽一, 一場 秀章, 井上 義雄:口腔がん化学療法におけるS-1服用時のtegafur, 5-fluorouracil血中濃度に関する検討(経口法と簡易懸濁法)歯科学報 109: 585-593, 2009 

学会発表 (2009年以降)

  1. ◯ 小野里 磨優,小山田 紘子,一場 秀章,福島 健,辻野 尚久,舩渡川 智之,田形 弘実,根本 隆洋,水野 雅文: 精神病発症危険状態(ARMS)における血清中代謝物濃度の比較解析 第47回 日本神経精神薬理学会 札幌 2017. 9. 29.
  2. ◯ 小野里 磨優, 小畑 香菜, 一場 秀章, 福島 健: HPLCによるヒト血清エクソソーム溶出画分に含まれる低分子物質の分析  第61回 日本薬学会関東支部大会 東京 2017. 09. 16.
  3. ◯ 坂本 達弥小沼 利穂古川 祥子小野里 磨優一場 秀章福島 健: トリアゾール型固定相を用いたLC-MS/MS 法の検討:生体試料中アミノ酸定量への応用  第30回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2017)東京 2017. 8. 28.
  4. ◯ 坂本 達弥, 小沼 利穂, 古川 祥子, 小野里 磨優, 一場 秀章, 福島  健: トリアゾール型HILIC固定相を用いたLC-MS/MSによるNMDA受容体調節分子の一斉定量法の開発 第24回クロマトグラフィーシンポジウム 仙台 2017. 6. 16.
  5. ◯ 坂本 達弥, 早坂 あかね, 多胡 涼平, 小野里 磨優, 一場 秀章, 福島 健: トリアゾール型 HILIC カラムを用いた LC-MS/MS による NMDA 受容体調節分子の一斉定量法の開発とラット脳マイクロダイアリシス法への応用  日本薬学会第137年会 仙台 2017. 03. 25.  
  6. ◯ 小野里 磨優, 中澤 宏実, 石丸 勝之, 永嶋 千紘, 福本 実理, 秤屋 瞳, 一場秀章, 福島 健: D-セリン投与後の脳内及び血漿中 D-セリン濃度の変動解析 : ラット脳マイクロダイアリシスを用いた検討  日本薬学会第137年会 仙台 2017. 03. 25.  
  7. ◯ 川崎 将人, 田中 陽菜, 坂本 達弥, 小野里 磨優, 一場 秀章, 福島 健: LC-MS/MS による EPA 製剤経口投与ラットの血中遊離不飽和脂肪酸濃度の解析  日本薬学会第137年会 仙台 2017. 03. 25.  
  8. ◯ 田代 明日香, 遠藤 茂士, 坂本 達弥, 植草 綾乃, 泉 真央, 小野里 磨優, 飯塚英昭, 一場 秀章, 福島 健: トリアゾール型固定相を用いた LC-MS/MS によるラット血漿中キヌレン酸の分離分析とその応用  日本薬学会第137年会 仙台 2017. 03. 25.
  9. ◯ 小山田 紘子, 内藤 瑛子, 高橋 周平, 鈴木 祥, 福本 実理, 小野里 磨優, 一場秀章, 福島 健, 辻野 尚久, 船渡川 智之, 田形 弘実, 根本 隆洋, 水野 雅文: ARMS 患者,健常人血清中 L-Trp 及びその代謝物の濃度比較解析 日本薬学会第137年会 仙台 2017. 03. 25.
  10. ◯ 辻野 尚久,福島 健,片桐 直之,山口 大樹,飯塚 英昭,小野里磨優,一場 秀章,根本 隆洋,水野雅文:精神病発症危険状態(ARMS)における血清中低分子濃度解析  第13回 東邦大学4学部合同学術集会  千葉   2017. 03. 11. 
  11. ◯ 小野里磨優,中澤 宏実,石丸 勝之,永嶋 千紘,福本 実理,秤屋 瞳,一場 秀章,福島 健:D-Ser 投与後の脳内・血漿中D-Ser 濃度の変動解析とニセルゴリン併用投与による影響  第13回 東邦大学4学部合同学術集会  千葉  2017. 03. 11. 
  12. ◯ 福島 健,小野里 磨優,坂本 達弥,高橋 周平,内藤 瑛子,飯塚 英昭,辻野 尚久,舩渡川 智之,田形 弘実,根本 隆洋,水野 雅文: LC-MS/MSによるD, L-トリプトファンおよび-キヌレニンの定量法開発とその応用 第37回 日本トリプトファン研究会学術集会  東京 2016. 12. 11.
  13. ◯ Tsujino N, Fukushima T, Katagiri N, Yamaguchi T, Iizuka H, Onozato M, Ichiba H, Nemoto T, Mizuno M: Biomarkers during the schizophrenia onset using quantitative analyses of serum metabolites at risk mental state.  The 10th International Conference on Early Intervention in Mental Health (IEPA 10),  Milan, October 19-22, 2016.
  14. ◯ 坂本 達弥, 早坂 あかね, 高橋 周平, 小野里 磨優,飯塚 英昭, 一場 秀章, 福島 健: トリアゾール修飾HILICカラムを用いたLC-MS/MSによるNMDA受容体調節分子の定量法開発とラット脳マイクロダイアリシス法への応用  第60回 日本薬学会関東支部大会 東京  2016. 09. 17. 
  15. ◯ 小野里 磨優中澤 宏実秤屋  瞳宍倉 美穂永嶋 千紘石丸 勝之飯塚 英昭一場 秀章福島 健: 抗精神病薬リスペリドンと D-Ser 併用投与によるラット血漿中 D-Ser 濃度の変動解析 第60回 日本薬学会関東支部大会  東京  2016. 09. 17.
  16. ◯ 内藤 瑛子, 高橋 周平, 原嶋 貴広, 坂本 達弥, 小野里 磨優, 一場 秀章, 飯塚 英昭, 福島 健: HILIC 型カラムを用いる LC-MS/MS による(R)-DBD-PyNCS-Trp および KYN 誘導体の定量:ヒト血清への応用 日本薬学会第136年会 横浜 2016. 03. 27.
  17. ◯ 高橋 周平, 桒原 亮介, 高橋 寿明, 船越 洋, 坂本 達弥, 内藤 瑛子, 小野里 磨優, 一場 秀章, 飯塚 英昭, 福島 健: HILIC 型カラムを用いた LC-MS/MS による(R)-DBD-PyNCS-トリプトファンおよびキヌレニン誘導体の定量:TDO-KO マウス血漿への応用 日本薬学会第136年会 横浜 2016. 03. 27.
  18. 小野里 磨優, ◯ 福本 実理, 中澤 宏実, 石丸 勝之, 永嶋 千紘, 飯塚 英昭, 一場 秀章, 福島 健: D-セリンによるリスペリドン誘発ドパミン放出ならびに代謝への影響:ラット脳線条体マイクロダイアリシスによる検討 日本薬学会第136年会 横浜 2016. 03. 27.
  19. ◯ 小野里 磨優, 石丸 勝之, 永嶋 千紘, 福本 実理, 飯塚 英昭, 一場 秀章, 福島 健: S-Methyl-L-cysteine (SMLC)と D-セリン併用投与によるラット線条体 SMLC 及びD-セリンの変動解析 日本薬学会第136年会 横浜 2016. 03. 27.
  20. ◯ 中澤 宏実, 小野里 磨優, 秤屋 瞳, 永嶋 千紘, 飯塚 英昭, 一場 秀章, 福島 健: 抗精神病薬リスペリドンと D-Ser の併用投与によるラット血漿中 D-Ser 濃度の変動解析 日本薬学会第136年会 横浜 2016. 03. 27. 
  21. ◯ 小野里 磨優, 石丸 勝之永嶋 千紘福本 実理飯塚 英昭一場 秀章福島 健: S-Methyl-L-cysteine (SMLC)投与に よるラット線条体SMLC 及び D-セリンの変動解析 第12回東邦大学4学部合同学術集会 大森 2016. 03. 12.
  22. ◯ 坂本 達弥早坂 あかね桒原 亮介岩崎 恵 高橋 周平 小野里 磨優 飯塚 英昭一場 秀章福島 健: トリアゾール結合型カラムを用いたLC-MS/MSによるヒト血清中D-セリン定量法の開発 第12回東邦大学4学部合同学術集会 大森 2016. 03. 12.  
  23. ◯ 辻野尚久,福島 健,片桐直之,山口大樹, 飯塚英昭,小野里磨優,一場秀章,根本隆洋,水野雅文: 精神病発症危険状態(ARMS)における血清中低分子濃度解析 ~中間報告 ~ 第12回東邦大学4学部合同学術集会 大森 2016. 03. 12.
  24. ◯ 小野里 磨優, 石丸 勝之永嶋 千紘福本 実理飯塚 英昭一場 秀章福島 健: S-Methyl-L-cysteine(SMLC)とD-セリン併用投与によるラット線条体SMLC 及びD-セリンの変動解析  第59回日本薬学会関東支部大会 船橋  2015. 09. 12. 
  25. ◯ 飯塚 英昭桒原 亮介高橋 周平坂本 達弥小野里 磨優一場 秀章福島 健: LC-MS/MS による(R)-DBD-PyNCS-トリプトファンおよびキヌレニン誘導体の定量  第59回日本薬学会関東支部大会 船橋  2015. 09. 12. 
  26. 一場秀章, ◯ 米山将樹, 竹内千智, 坂本達弥, 小野里磨優, 飯塚英昭, 福島 健: Al(Ⅲ)選択的蛍光リガンドCPCHの蛍光特性とその応用  日本薬学会第135年会  神戸  2015. 03. 
  27. 飯塚英昭, ◯ 桒原亮介, 宮城 彩, 来栖 壮, 佐藤知奈美, 伊丹舜一, 小野里磨優, 福島 健: HILIC型カラムを用いたLC-MSによる(R)-DBD-PyNCS-トリプトファンおよびキヌレニン誘導体の定量:固相抽出法の検討  日本薬学会第135年会  神戸  2015. 03. 
  28. ◯ 清水彩子, 谷口江理奈, 加藤聖優, 花岡麻利子, 東祐太郎, 阿部拓也, 山田 博, 小野里磨優, 一場秀章, 福島 健: HMB-ASH-Fe(Ⅲ)錯体の細胞増殖抑制効果について  日本薬学会第135年会  神戸  2015. 03. 
  29. ◯ 永嶋千紘, 宍倉美穂, 石丸勝之, 秤屋 瞳, 小野里磨優, 飯塚英昭, 一場秀章, 福島 健: リスペリドンおよびD-セリン併用投与によるD-セリンおよび神経伝達物質の変動解析  日本薬学会第135年会  神戸  2015. 03. 
  30. ◯ 岩崎 恵, 小野里磨優, 永嶋千紘, 柏熊快之, 飯塚英昭, 一場秀章, 福島 健: HPLC-蛍光アッセイ法による中枢作用薬のD-アミノ酸オキシターゼ阻害作用の評価  日本薬学会第135年会  神戸  2015. 03. 
  31. ◯ 小野里磨優, 錦織南美, 飯塚英昭, 一場秀章, 定本清美, 福島 健: GC-MSを用いたヒト血清中脂肪酸の定量  日本薬学会第135年会  神戸  2015. 03. 
  32. ◯ 飯塚英昭, 関 綾香, 大橋隼人, 渡辺芳徳, 中谷真樹, 宇都宮守, 吉尾  隆, 福島  健: 統合失調症患者血清中L-トリプトファンおよびその代謝物の定量  第24回日本臨床精神神経薬理学会・第44回日本神経精神薬理学会合同年会  名古屋 2014. 11. 21
  33. ◯ 小野里磨優, 錦織南美, 飯塚英昭, 渡部芳徳, 中谷真樹, 宇都宮 守, 一場秀章, 吉尾 隆, 福島 健: HPLCによる統合失調症患者血清中遊離脂肪酸の定量  第24回日本臨床精神神経薬理学会・第44回日本神経精神薬理学会合同年会  名古屋 2014. 11. 20
  34. ◯ 飯塚英昭,桒原亮介,宮城 彩,佐藤知奈美,伊丹舜一,小野里磨優,山倉文幸,福島 健: HILIC カラムを用いる(R)-DBD-PyNCS-トリプトファンおよびキヌレニン誘導体の分離定量法の開発:前処理法の検討  第36回日本トリプトファン研究会学術集会 旭川 2014. 10.17 
  35. ◯ 小野里磨優,錦織南美,飯塚英昭,渡部芳徳,中谷真樹,宇都宮守,一場秀章,吉尾  隆,福島  健: HPLC蛍光検出法による統合失調症患者血清中遊離脂肪酸の定量  第58回 日本薬学会関東支部大会 東京 2014. 10. 04  
  36. ◯ 加藤聖優,花岡麻利子谷口江理奈東祐太郎阿部拓也山田 博小野里磨優一場秀章福島 健: LC-TOF-MSによるHMB-ASH-Fe (Ⅲ)錯体の精密質量解析   第27回 バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2014)  東京  2014. 08. 14 
  37. ◯ 古田一平杉浦杏菜岩佐澄子氷川英正横山祐作小野里磨優一場秀章福島 健: HPLCによるトリプトファン誘導体の光学異性体分離   第27回 バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2014) 東京 2014. 08. 14 
  38. ◯ 坂本達弥,一場秀章米井万紀子桑山彦乃山田  博蛭田多美中川裕章 福島  健: Al3+選択的蛍光リガンドCPCHの開発と酸性医薬品分析への応用  第74回 日本分析化学討論会 郡山 2014. 05. 24
  39. ◯ 河野由美子,飯塚英昭,一場秀章,定本清美,渡部芳徳,中谷真樹,宇都宮守,吉尾 隆,福島 健: HPLC-蛍光検出法による統合失調症患者血清中チオール化合物の定量 日本薬学会第134年会 熊本 2014. 03. 30
  40. ◯ 大野千尋,飯塚英昭,一場秀章,定本清美,渡部芳徳,宇都宮 守,中谷真樹,吉尾 隆,福島 健: HPLC-蛍光検出法による統合失調症患者血清中D-乳酸及び3-ヒドロキシ酪酸の定量 日本薬学会第134年会 熊本 2014. 03. 30
  41. ◯ 宍倉美穂,柏熊快之,秤屋 瞳,岩佐澄子,一場 秀章,吉尾 隆,頼田和子,福井 清,福島 健: 統合失調症治療薬のヒトDAO活性阻害作用の評価:in vitro実験による検討  日本薬学会第134年会 熊本 2014. 03. 30
  42. ◯ 敏蔭望美,桑野  翠,飯塚英昭,一場秀章,松本友里恵,青山雄紀,鍋島俊隆,福島 健:HPLC-蛍光検出法によるフェンシクリジン慢性投与マウス脳ホモジネート中N-アセチルアスパラギン酸の定量  日本薬学会第134年会 熊本 2014. 03. 30
  43. 一場秀章,桑山彦乃,◯ 米井万紀子,濱田洋輔,傳田菜々子,山田 博,蛭田多美,中川裕章,福島 健:Al3+選択的蛍光リガンドCPCHの開発とFIA法への応用  日本薬学会第134年会 熊本 2014. 03. 29
  44. ◯ 錦織南美, 飯塚英昭, 一場秀章, 定本清美, 福島 健: HPLC-蛍光検出法によるヒト血清中遊離脂肪酸の定量 第24回 クロマトグラフィー科学会議 東京 2013. 11. 12
  45. ◯ 福島 健: 高速液体クロマトグラフィーを用いるヒト血清中内因性物質の分離定量 (精神科専門薬剤師精神医学セミナー) -第23回 日本臨床精神神経薬理学会・第43回 日本神経精神薬理学会合同年会 沖縄 2013. 10. 26
  46. ◯ 福島 健, 宍倉美穂, 岩佐澄子, 吉尾 隆, 一場秀章, 頼田和子, 福井 清: ヒトDAAO活性阻害評価のin vitro アッセイ法-統合失調症治療薬の阻害作用-第23回 日本臨床精神神経薬理学会・第43回 日本神経精神薬理学会合同年会 沖縄 2013. 10. 25
  47. ◯ 飯塚英昭, 横田彩香, 鈴木健宏, 渡部芳徳, 中谷真樹, 宇都宮守, 吉尾 隆, 福島 健: HPLCによる統合失調症患者の血清中アミノ酸定量 第23回 日本臨床精神神経薬理学会・第43回 日本神経精神薬理学会合同年会 沖縄 2013. 10. 25
  48. ◯ 福島 健: トリプトファン関連代謝物の分析技術とその進歩(シンポジウム 「トリプトファン代謝を中心とした健康科学」 第1部)  日本トリプトファン研究会 第35回学術集会 京都 2013. 09. 28 
  49. ◯ 飯塚英昭, 大橋隼人, 吉原峻介, 大谷隼斗, 粂 美里, 定本清美, 一場秀章, 福島 健: (R)-DBD-PyNCS による誘導体化およびLC-MS を用いるヒト血清中L-トリプトファンおよび L-キヌレニンの定量  日本トリプトファン研究会 第35回学術集会 京都 2013. 09. 29
  50. ◯ 宍倉美穂, 秤屋 瞳, 岩佐澄子, 吉尾 隆, 一場秀章, 頼田和子, 福井 清, 福島 健: 統合失調症治療薬のヒトDAAO 活性阻害作用の評価: in vitro 実験による検討  第26回 バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS 2013)  東京 2013. 08. 02
  51. ◯ 河野由美子, 飯塚英昭, 磯川宗生, 角田 誠, 一場秀章, 福島 健: HPLC-蛍光検出法によるヒト血清中グルタチオンおよびシステインの定量  第26回 バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS 2013)  東京 2013. 08. 02
  52. ◯ 葛 丹, 岩佐澄子, 飯塚英昭, 福島 健: HPLC-蛍光検出法による生体試料中N-アセチルアスパラギン酸の定量   日本薬学会第133年会 横浜, 2013. 03. 28
  53. 粂 美里, 大橋隼人, 飯塚英昭, 大谷隼斗, 西口慶一, 一場秀章, ◯ 福島 健: ケタミン連続投与ラット血漿中トリプトファン及びその代謝物濃度の変動解析   日本薬学会第133年会 横浜, 2013. 03. 28
  54. ◯ 福島 健: 6年制薬学教育の中でのHPLC分析研究活動(依頼講演) 第9回  千葉県分析化学交流会 船橋(東邦大学理学部) 2013. 03. 26
  55. ◯ 西口慶一,北村浩一,渡辺直子,神前杏奈,大谷隼斗,大橋隼人,粂美里,春田尚美,岩佐澄子,五郎丸美智子,岡田光正,福島 健: リアルタイムPCR法の改良:ラット脳内中のD-アミノ酸酸化酵素mRNAの発現解析 日本動物学会 第65回 関東支部大会 東京 2013. 03. 16.
  56. ◯ 山田 博, 柿間隼志, 小城真仁, 中原知美, 村上公美, 一場秀章, 矢島毅彦, 福島 健: スカンジウムイオン検出用蛍光キレート試薬の開発 第9回 東邦大学4 学部合同学術集会 船橋 2013. 03. 09
  57. ◯ Takeshi Fukushima, Hayato Otani, Kana Ishii, Shunsuke Yoshihara, Makoto Tsunoda, Hideaki Iizuka: Determination of tryptophan and kynurenic acid concentrations in rats after intraperitoneal administration of tryptophan enantiomers. 13th International Society for Tryptophan Research (ISTRY 2012) Sydney 2012. 11. 09
  58. Misato Kume, Hayato Ohashi, Hideaki Iizuka, Hayato Otani, Yoshikazu Nishiguchi, Hideaki Ichiba, ◯ Takeshi Fukushima: Increased kynurenic acid concentration in rat plasma by repeated ketamine administration. 13th International Society for Tryptophan Research (ISTRY 2012) Sydney 2012. 11. 09
  59. Hideaki Iizuka, Mayuko Koshikawa, Misato Kume, Shoko Watanabe, Hayato Ohashi, Takeshi Fukushima: Fluorimetric determination of L-tryptophan in serum or brain homogenate of Sprague-Dawley rats by HPLC using precolumn fluorescence derivatization with R(-)-DBD-PyNCS. 13th International Society for Tryptophan Research (ISTRY 2012) Sydney 2012. 11. 08
  60. Dan Ge, Sumiko Iwasa, Hideaki Iizuka, Takeshi Fukushima: Determination of N-acetylaspartic acid in serum sample by HPLC with fluorescence detection.  新アミノ酸分析研究会 第2回学術講演会 東京 2012. 10. 26
  61. ○神前杏奈,岩佐澄子,福島 健: ラット脳ホモジネート中D-アミノ酸酸化酵素活性の蛍光アッセイ法の開発  第56回 日本薬学会関東支部大会 東京 2012. 10. 13
  62. 吉原峻介,○大谷隼斗,角田 誠,石井香那,飯塚英昭,一場秀章,福島 健: ラット線条体マイクロダイアリシスによるD-およびL-Trp 投与時における脳内Trp およびドパミン濃度の変動解析   第56回 日本薬学会関東支部大会 東京 2012. 10. 13
  63. ◯ 田原翔志,吉尾 隆,岩佐澄子,細田祥子,中林 萌,一場秀章,横山祐作,福島 健: 市販中枢作用薬のD-アミノ酸酸化酵素活性阻害効果の検討 第25回 バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS 2012)  東京 2012. 08. 09
  64. ◯ 花海克哉,田中美沙,一場秀章,矢ヶ崎渓子,福島 健: フローインジェクション分析法による抗酸化能簡易測定系の開発 ~次亜塩素酸イオン消去能の評価~ 第25回 バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS 2012)  東京 2012. 08. 09
  65. ◯ 川崎 恵,福島 健,豊岡 利正,東 達也: 光学活性カルボン酸の高感度検出・キラル分離を指向したLC/ESI-MS/MS用誘導体化法の開発 第25回 バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS 2012) 東京 2012. 08. 09
  66. ◯ 柿間隼志,小城真仁,山田 博,中原知美,村上公美,一場秀章,矢島毅彦,福島 健: スカンジウムイオン検出用蛍光キレート試薬の開発 第25回 バイオメディカル分析科学シンポジウム (BMAS 2012) 東京 2012. 08. 09
  67. ◯ 一場秀章,花海克哉,田中美沙,矢ヶ崎渓子,福島 健: フローインジェクション分析法による抗酸化能簡易測定系の開発 ~トリプトファン代謝物の次亜塩素酸イオン消去能評価~  日本薬学会第132年会 札幌, 2012, 03, 29
  68. 春田尚美,飯塚英昭,石井香那,吉原峻介,一場秀章,◯ 福島 健: ケタミン処置ラットにおけるDAAO阻害剤3-メチルピラゾール-5-カルボン酸の血漿中濃度変動およびその血漿中D-トリプトファン動態への影響  日本薬学会第132年会 札幌, 2012, 03, 29
  69. ◯ 李 昕,清水愛菜,深谷昇平,岩佐澄子,福島 健,横山祐作: Indoleamine 2,3-Dioxygenase (IDO) 阻害剤の活性測定  日本薬学会第132年会 札幌, 2012, 03, 30
  70. ◯ Takeshi Fukushima, Ziyu Song, Dan Ge, Kazuya Toriumi, Hiroyuki Watanabe, Toshitaka Nabeshima: Determination of N-acetylaspartic acid in the brain homogenate of Shati knockout mice by using an HPLC with fluorescence detection. 第8回 東邦大学4学部合同学術集会 東京(大森病院5号館 臨床講堂), 2012, 03, 24
  71. ◯ Yurie Matsumoto, Minae Niwa, Akihiro Mouri, Ziyu Song, Norio Ozaki, Akira Sawa, Takeshi Fukushima, Toshitaka Nabeshima: Pubertal interaction of mutant DISC1 and psychological stress disrupts the serine system and contributes to the aetiopathology of psychiatric disorders. 第85回 日本薬理学会年会, 京都, 2012年3月15日.
  72. ◯ Yurie Matsumoto, Minae Niwa, Akihiro Mouri, Ziyu Song, Akira Sawa, Takeshi Fukushima, Norio Ozaki, Toshitaka Nabeshima: 思春期における変異DISC1遺伝子と精神的ストレスの相互作用はセリン系システムを崩壊させる 第7回 統合失調症学会, 名古屋, 2012年3月17日.
  73. 一場秀章, ◯ 花海克哉, 田中美沙, 矢ヶ崎渓子, 福島 健:フローインジェクション分析法による抗酸化能簡易評価系の開発 ~トリプトファン代謝物の次亜塩素酸イオン消去能評価~ 第33回 日本トリプトファン研究会学術集会, 船橋, 2011, 12, 04
  74. 飯塚英昭, ◯ 渡邉祥子, 越川真祐子, 大橋隼人, 松本 友里恵, 青山雄紀, 鍋島俊隆, 福島 健: (R)-(-)-DBD-PyNCSを用いるプレカラム蛍光誘導体化法によるマウス脳内トリプトファンのHPLC-蛍光定量  第33回 日本トリプトファン研究会学術集会, 船橋, 2011, 12, 04
  75. Fukushima T: Determination of neuroactive compounds by HPLC with fluorescence detection in pre-clinical and clinical researches (Keynote Lecture ). The 7th Joint Seminar on Biomedical Sciences, Hat Yai, 2011. 10. 13, 14
  76. Haruta N, Iizuka H, Ishii K, Yoshihara S, Fukushima T: Effect of repeated ketamine treatment on the plasma concentration of a DAAO-inhibitory compound, 3-methylpyrazole-5-carboxylic acid, following its administration to rats. The 7th Joint Seminar on Biomedical Sciences, Hat Yai, 2011. 10. 13, 14
  77. 本荘龍輝,  鳥海和也,  渡辺裕之,  宋 梓瑜,  近藤水生,  武藤瑛里子,  間宮隆吉,  新田淳美, 福島 健, 鍋島俊隆: shati遺伝子欠損マウスにおける行動異常と脳内の神経化学的な変化  平成23年度 アルコール・薬物依存関連学会合同学術集会, 名古屋, 2011, 10 
  78. 鳥海和也,  近藤水生,  本荘龍輝,  武藤瑛里子,  古関竹直,  永井 拓,  宋 梓瑜,  宮本嘉明,  新田淳美,  山田清文,  福島 健,  鍋島俊隆: 新規薬物依存抑制因子shatiは微小管の安定化に関与する  平成23年度 アルコール・薬物依存関連学会合同学術集会, 名古屋, 2011, 10
  79. 岩佐澄子, 田原翔志, 中林 萌, 宋 梓瑜, 横山祐作, 福島 健: Fluorescent assay for D-amino acid oxidase Inhibitor utilizing the production of kynurenic acid  第55回 日本薬学会関東支部大会, 千葉, 2011, 10, 08
  80. 飯塚英昭, 平佐 康, 久保賀寿美, 石井香那, 福島 健:R(-)-DBD-PyNCSを用いるプレカラム蛍光誘導体化によるトリプトファン光学異性体腹腔内投与におけるラット血漿中のD-およびL-トリプトファンのHPLCによる蛍光定量 第55回 日本薬学会関東支部大会, 千葉, 2011, 10, 08
  81. Kazuya Toriumi, Minae Niwa, Takenao Koseki, Taku Nagai, Ziyu Song, Yoshiaki Miyamoto, Atsumi Nitta, Kiyohumi Yamada, Takeshi Fukushima, Toshitaka Nabeshima: 新規薬物依存抑制因子shatiの機能解析 Functional analysis of a novel drug dependence-inhibitory factor “shati”  第54回 日本神経化学会大会, 加賀, 2011, 9
  82. 岩佐澄子,田原翔志,宋 梓瑜,中林 萌,横山祐作,◯ 福島 健: キヌレン酸生成を活用するD-アミノ酸酸化酵素阻害物質の新規蛍光アッセイ法   第7回 D-アミノ酸研究会 東京, 2011, 09, 09
  83. ◯ 福島 健, 宋 梓瑜, 葛 丹, 鳥海和也, 渡辺裕之, 鍋島俊隆: HPLC-蛍光定量法によるShati遺伝子欠損マウス脳組織中N-アセチルアスパラギン酸の変動解析  BMAS 2011, 鳥取, 2011, 09, 01
  84. 〇 八巻琢哉,加賀公,岩佐澄子,吉橋泰生,米持悦生,真坂亙,寺田勝英,森山広思:ウリナスタチン膣坐剤の調製方法及び安定性の確立 日本薬剤学会第26年会 東京,2011, 05, 29 
  85. ◯ 福島 健,宋 梓瑜,葛 丹,石井香那,鳥海和也,渡辺裕之,鍋島俊隆: HPLC-蛍光検出法によるマウス脳組織中N-アセチルアスパラギン酸の定量 日本薬学会第131年会 静岡, 2011, 03, 30
  86. ◯ 飯塚英昭,平佐 康,久保賀寿美,石井香那,福島 健: R(-)-DBD-PyNCSを用いるプレカラム蛍光誘導体化によるトリプトファン光学異性体腹腔内投与におけるラット血漿中のD-およびL-トリプトファンのHPLCによる蛍光定量 日本薬学会第131年会 静岡, 2011, 03, 30
  87. ◯ 田原翔志,岩佐澄子,中林 萌,宋 梓瑜,横山祐作,福島 健: キヌレン酸生成を活用するD-アミノ酸酸化酵素阻害物質の新規蛍光アッセイ法 日本薬学会第131年会 静岡, 2011, 03, 30
  88. ◯ 石井香那,飯塚英昭,宋 梓瑜,角田 誠,西口慶一,福島 健: ラット脳マイクロダイアリシスによる Trp 光学異性体腹腔内投与時のキヌレン酸変動解析  日本薬学会第131年会 静岡, 2011, 03, 30
  89.  ○渡辺裕之、鳥海和也、宋 梓瑜、葛 丹、本荘 輝、毛利彰宏、古関竹直、間宮隆吉、宮本嘉明、新田淳美、福島 健、鍋島俊隆: 薬物依存関連分子shati遺伝子欠損マウスにおける行動異常と脳内の生化学的な変化  第84回 日本薬理学会年会 横浜, 2011, 03, 23
  90. ◯ 福島 健: HPLCを用いる脳および血漿中トリプトファン代謝物の蛍光定量 第11回 関東支部談話会 東京,2011, 03, 18
  91. ◯ 福島 健: 第10回 東邦大学薬学部オープンリサーチセンター公開セミナー 船橋, 2011, 0303
  92. 福島 健,宋 梓瑜,尾栢忠博,飯塚英昭,石井香那: D-アミノ酸酸化酵素によるD-キヌレニンからキヌレン酸への代謝生成とその応用 第32回 日本トリプトファン研究会  彦根, 2010, 12, 05
  93. 飯塚英昭, 平佐 康, 久保賀寿美, 石井香那, 豊岡利正, 福島 健: (R)-DBD-PyNCSを用いるトリプトファン光学異性体のHPLC–蛍光定量 第32回 日本トリプトファン研究会  彦根, 2010, 12, 05
  94. 石井香那,飯塚英昭,尾栢忠博,宋 梓瑜,福島 健: Trp光学異性体投与によるラット血漿及び脳内キヌレン酸の変動解析 第32回 日本トリプトファン研究会  彦根, 2010, 12, 05
  95. 福島 健: HPLC-蛍光検出による生体分子の定量とその応用研究 ~D-serineやNAAの定量法の話を中心に  名城大学学術フロンティア推進事業特別講演会 名古屋, 2010, 12, 03
  96. 福島 健: HPLCを用いる生体内D-セリンの分析研究 第9東邦大学薬学部オープンリサーチセンター公開セミナー 船橋, 2010, 10, 20
  97. 飯塚英昭, 平佐 康, 久保賀寿美, 石井香那, 豊岡利正, 福島 健:Enantiomeric separation of D, L-tryptophan and D, L-kynurenine by HPLC using pre-column fluorescence derivatization with R(–)-DBD-PyNCS  9東邦大学薬学部オープンリサーチセンター公開セミナー 船橋, 2010, 10, 20
  98. 石井香那,  飯塚英昭,  宋 梓瑜,  福島 健:Changes in the plasma kynurenic acid concentrations after intraperitoneal administration of tryptophan enantiomers to rats treated with ketamine  9東邦大学薬学部オープンリサーチセンター公開セミナー 船橋, 2010, 10, 20
  99. 宋 梓瑜,  葛 丹,  石井香那,  鳥海和也,  渡辺裕之,  鍋島俊隆,  福島 健:Determination of N-acetylaspartic acid in the mouse brain homogenate by using an HPLC with fluorescence detection  9東邦大学薬学部オープンリサーチセンター公開セミナー 船橋, 2010, 10, 20
  100. 矢ヶ崎 渓子,  伊藤 寛子,  一場 秀章,  福島 健:Development of a screening method for antioxidants by flow-injection analysis using aminophenyl fluorescein  9東邦大学薬学部オープンリサーチセンター公開セミナー 船橋, 2010, 10, 20
  101. Kana Ishii, Ziyu Song, Takeshi Fukushima: Striatal Kynurenic Acid Production in the Sprague-Dawley Rat by Tryptophan Enantiomers: An In vivo Microdialysis Study  7回 東邦大学学部合同学術集会, 船橋, 2010, 10, 09
  102. Ziyu Song, Kana Ishii, Sumiko Iwasa, Hideaki Ichiba, Hideaki Iizuka, Takeshi Fukushima: Utilization of kynurenic acid produced from D-kynurenine in an in vitro assay of D-amino acid oxidase activity   7回 東邦大学学部合同学術集会, 船橋, 2010, 10, 09
  103. 宋 梓瑜,石井 香那,福島 健: D-アミノ酸酸化酵素によるD-キヌレニンからキヌレン酸の代謝生成   第54回 日本薬学会関東支部大会   東京,2010, 10, 02
  104. Takeshi Fukushima, Kana Ishii, Tadahiro Ogaya, Ziyu Song : Comparative study on the kynurenic acid production in rat between tryptophan enantiomers. 22nd International Symposium on Chirality (ISCD 2010), Sapporo, 2010, 7, 14
  105. 福島 健: HPLCによる生体分子の蛍光定量法とその応用(教育講演) 第14回 神経科学領域における分子モニタリングシンポジウム 静岡, 2010, 6, 4
  106. 石井 香那,宋 梓瑜,飯塚 英昭,福島 健: ラット脳マイクロダイアリシスによるTrp光学異性体投与時のTrp及びその代謝物の変動解析 第14回 神経科学領域における分子モニタリングシンポジウム 静岡, 2010, 6, 4
  107. 飯塚 英昭,石井 香那,福島 健,豊岡 利正: HPLCによるトリプトファンとキヌレニン光学異性体の同時蛍光定量法  日本薬学会第130年会,岡山,2010, 3, 30
  108. 石井 香那,尾栢 忠博,飯塚 英昭,宋 梓瑜,福島 健: トリプトファン光学異性体投与時のラット血漿中D-キヌレニン及びキヌレン酸濃度の変動解析 日本薬学会第130年会,岡山,2010, 3, 30
  109. 中本 未央,石郷岡 均,佐藤 一道,山内 智博,山根 源之,一場 秀章,  福島 健,井上 義雄: 口腔がん患者における血清中tegafur、5-fluorouracil 同時測定 日本薬学会第130年会,岡山,2010, 3, 28
  110. Ziyu Song, Tadahiro Ogaya, Kana Ishii, Hideaki Ichiba, Hideaki Iizuka, Takeshi Fukushima: Utilization of D-kynurenine as a substrate for the in vitro assay of D-amino acid oxidase.  8 東邦大学薬学部オープンリサーチセンター公開セミナー, 船橋, 2010. 3. 11
  111. 佐々木 司,福島 健,山下 和秀,豊岡 利正: プレカラム誘導体化-HPLCを用いたラット尿中モノアミンの変動解析及び光学活性キヌレニンの作用評価 第20回クロマトグラフィー科学会議,東京,2009, 11
  112. Takeshi Fukushima, Tadahiro Ogaya, Shogo Mitsuhashi, Yukiko Sone, Masayuki Tomiya, Toshimasa Toyo’oka: In vivo metabolism of D-kynurenine to kynurenic acid in rats. The 6th Joint Seminar on Biomedical Sciences, Tokyo, 2009. 10
  113. Hideaki Ichiba, Mio Nakamoto, Tomoko Ogawa, Takehiko Yajima, Takeshi Fukushima: Analysis of ROS-induced oxidations of bioactive peptides by HPLC and/or mass-spectrometry. The 6th Joint Seminar on Biomedical Sciences, Tokyo, 2009. 10
  114. 福島 健:脳内N-アセチルアスパラギン酸のHPLC-蛍光定量と応用研究. 第7回 東邦大学薬学部オープンリサーチセンター公開セミナー, 船橋,2009. 10. 7
  115. 宋 梓瑜,尾栢忠博, 石井香那,福島 健:Enzymatic formation of kynurenic acid from D-kynurenine by D-amino acid oxidase: An in vitro study.  7回 東邦大学薬学部オープンリサーチセンター公開セミナー, 船橋, 2009. 10. 7
  116. 井香那,尾栢忠博, 宋 梓瑜, 福島 健: Change in the plasma D-kynurenine concentration in rats after intraperitoneal administration of D-tryptophan. 7回 東邦大学薬学部オープンリサーチセンター公開セミナー, 船橋, 2009. 10. 7
  117. 尾栢忠博, 石井香那, 宋 梓瑜, 福島 健: Metabolism of D-kynurenine to kynurenic acid in rat prefrontal cortex: An in vivo microdialysis study.  7回 東邦大学薬学部オープンリサーチセンター公開セミナー, 船橋, 2009. 10. 7
  118. ◯  尾栢 忠博,宋 梓瑜,石井香那,福島 健: ラット前頭葉皮質における細胞外液中キヌレン酸の変動解析. 第53回日本薬学会関東支部大会, 坂戸, 2009.10
  119. ◯ Takeshi Fukushima, Shogo Mitsuhashi, Masayuki Tomiya, Toshimasa Toyo’oka: Determination of plasma kynurenate and kynurenine in the ketamine-treated rats. 12th Meeting of the International Society for Tryptophan Research, Firenze, 2009. 7
  120. Hideaki Iizuka, Kensaku Obata, Takehiko Yajima, Takeshi Fukushima: Sensitive determination of cinnabarinic acid by HPLC-fluorometric detection using ortho-tolyl hydrazine as the derivatization reagent. 12th Meeting of the International Society for Tryptophan Research. Firenze. 2009. 7
  121. ◯ Tadahiro Ogaya, Takeshi Fukushima, Shogo Mitsuhashi, Yukiko Sone, Masayuki Tomiya, Toshimasa Toyo’oka: In vivo metabolism of D-kynurenine to kynurenic acid in rats. The 1st International Conference of D-Amino Acid Research, Awaji, 2009. 7

著書

  1. 福島 健、一場秀章、岩佐澄子、山田 博、飯塚英昭: コアカリ対応 分析化学 第3版(分担執筆)(丸善) 2011年08月
  2. 福島 健: HPLC-蛍光検出による生体分子の高感度定量法の開発と応用研究 Chromatogr. 30(クロマトグラフィー科学会創立20周年記念特集号):95-96, 2009